セブの語学学校『ターゲット(Target)』で2ヶ月半のフィリピン留学をしています!気になる学校の施設、授業は?

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
4月頭よりフィリピンはセブ島に渡航して、留学生活をスタートさせました。

ここ数年注目されはじめたフィリピン留学というやつですね。最近では、雑誌やテレビなどでも取り上げられる機会が増えてきたので、ご存知の方も多いかと思います。
セブという地域に学校が多いので、セブ留学とも呼ばれることもあります。

会社を2月中旬に退職して2ヶ国留学するという報告をブログで書きましたが、その宣言通り、セブ島で留学をスタートさせました。

僕が通っている語学学校は『TARGET Global English Academy』です。
日本人経営の学校で、通称『ターゲット』と呼ばれています。
2ヶ月半(10週間)という期間をブロガーPR枠として招待いただきました。

留学スタートして3週間が経ち、学生生活にもようやく慣れてきたので、
学校の施設、雰囲気、授業など、簡単に紹介したいと思います!

【スポンサーリンク】

ターゲットの施設について

学校の外観

こちらが学校の外観。
もともとホテルだった建物を改装して学校にしています。

この建物だけだと小さく見えますが、建物の奥にも別のビルと広めのスペースがあり、それら全てが学校の敷地となっています。

ロゴマークとエントランス

建物の中に入ると、ロゴマークと共にエントランス。
エントランスっぽくなってますが、こちらは特に学校の窓口というわけはなく、ランドリーという洗濯サービスの受付になっています。

学校の敷地内

建物を抜けて、敷地内へ。
右手の建物や奥のスペースも学校の敷地です。

教室、寮が同じ敷地内にあります。夜間に外を移動するのは、治安的に問題がある部分もあり、基本的にフィリピンの語学学校はだいたいこの形式ですね。

休憩スペース

右手には休憩スペースが。
授業の休み時間はここで休憩したり、放課後涼しくなった後、ここで勉強したり、先生とお話したりする学生もいます。

外のスペース

奥に行くとさらに広いスペースがあります。
右手のスペースでは月曜日には入学式、金曜日には卒業式、その他レクリエーションなどが行われたりします。

ダイニングルーム

こちらはダイニングルーム。
いわゆる食堂ですね。食事は基本的にココのスペースで食べることになります。

ターゲットは平日は1日3食(朝、昼、夜)、休日は1日2食(昼、夜)ついてます。
ただ、金曜夜〜週末は外で外食する人が多いですね。かくいう僕も休日はほぼ外で食べています。

半年前に学校の最大キャパシティが140名に増えたこともあり、平日のランチ時間帯はものすごく混雑してますね。

マンツーマンの教室

こちらがマンツーマンの教室が並ぶ廊下。
フィリピン留学(セブ留学)といえば、マンツーマン授業が最大の魅力ですね。

グループクラスの教室

一方、グループクラスの教室はこんな感じ。
授業によって、教室の形が多少変わるので、あくまで一例です。

この教室はカンバセーションクラス(Conversation Class)で使っていて、授業形式は先生1人と生徒5〜7人で決まったテーマについて英語で話をするというものです。

オフィス

こちらはオフィス。
学校スタッフがこちらで通常業務を行っており、授業の変更、教科書の購入、その他相談などする場合は、オフィスに行って対応してもらう形になります。

ターゲットのスタッフの方々は生徒に非常に親身に相談に乗ってくれます。
授業の受け方や勉強の仕方はもちろん、留学生活、人生相談など、迷ったら積極的に相談するのがオススメ。

ターゲットの寮、宿泊施設について

ターゲットのアネックス寮

さて、続いて、宿泊施設となる寮についてです。
先述しましたが、ターゲットでは基本的に学校と寮が併設、隣接されています。

ホテル滞在タイプ、外部寮タイプなど、一部宿泊タイプのみ学校から徒歩5分ほど歩くことになりますが、ほとんどの方が学校併設の寮に滞在することになります。

僕はさきほどの学校のビルの真向かいにある寮に滞在しています。
こちらはアネックス寮とよばれています。
ちなみに、アネックス(annex)は「別館」という意味ですね。

アネックス寮の廊下

こちらのアネックス寮は昨年オープンしたばかりで非常に綺麗です。
また、各部屋ごとにWIFIが設置されており、ネット環境も快適です。

1人部屋

さて、僕が生活している部屋を紹介。
僕は1人部屋に滞在させていただいています。一人部屋ですが、まさかの2部屋ありました。水回りの部屋と寝室ですね。キッチンはないので、間取りでいうと1Dかな。

こちらは水道と冷蔵庫のみのシンプルなスペース。

冷蔵庫

冷蔵庫も完備。ちゃんと冷えます。
飲み物冷やすくらいしか使っていないけど。

ベッド、机、ソファ

奥の部屋はベッド、机、ソファが設置されています。
一人部屋としては十分広い。6畳くらいかな。

ダブルベッド

ベッドはまさかの(一人部屋だけど)ダブルベッドでした。

ウェルカムセット

こちらは到着日にもらえるウェルカムセット。
フィリピンの生活で必要な便利グッズが入っています。トイレットペーパーがありますが、フィリピンでは外のお店でトイレットペーパーが設置されていない店などがあるので、基本的に持ち歩くほうが無難です。

シャワーとトイレ

さらに奥にはシャワーとトイレがあります。
シャワーはもちろんちゃんとお湯がでます。そして、なんとバスタブ付き。一回も溜めたことないんですけどね。

シャワーの水圧はまあ許容範囲といったところ。
フィリピンはもちろん、東南アジアではシャワーの水圧が弱いことが多く、弱いとストレスになるので、水圧はけっこう重要なポイントです。

机と椅子

勉強などで使う机と椅子。
あまり部屋で勉強することは少ないのですが、1人で使うには十分。

学校の近くの通り

なお、学校の近くの通りはこんな感じ。
フィリピン、セブのローカルな感じもあります。もちろん日本ほど安全というわけではありませんが、普通に生活する分には特に何も問題はありません。

なお、週に2回、清掃スタッフがルームクリーニングをしてくれます。
なので、毎週快適に過ごせます。

ターゲットの授業について

さて、気になる授業についてです。
ターゲットでは主に2つのコースがあります。

  • ・TARGET5(マンツーマン5コマ、グループ2コマ)
  • ・TARGET6(マンツーマン6コマ、グループ2コマ)

違いは見ての通り、マンツーマンの授業数ですね。
なお、僕はTARGET5のコースを履修しています。

マンツーマンの授業の様子
先生と一緒に撮影

授業の詳しいカリキュラムや内容は明確に決まっておらず、自分が伸ばしたいスキルを初回の授業で先生と相談して、決めていく形になっています。
もちろん、どうしたらいいかわからない人には日本人スタッフがアドバイスをしてくれるのでご安心を。

レベルチェックテストの結果

なお、留学初日のオリエンテーションでレベルチェックテストを受けます。
そこで、自分の英語レベルがわかります。僕は「Low Intermediate」でした。

初回のテストにしてはまあまあできが良かったらしいです。
留学前に日本でもある程度英語を勉強してきたおかげですね。

大半の学生はLow Beginner、High Beginnerという初心者レベルだったので、英語が全くできなくてもご心配なく。

学校の雰囲気、国籍比率、ルールについて

国籍比率

国籍比率は日本人6〜7割、台湾人3〜4割といったところですね。
その他まれにベトナム、タイなどの留学生もいます。

日本人資本の学校なので、日本人が多いです。
また、台湾にも進出しているので、基本的には日本人と台湾人がメインになります。

日本人が多いとついつい日本語を話してしまいがちですが、台湾人と行動したり、先生と一緒にご飯を食べたりするなどして、英語環境をつくることも可能です。

個人的には日本人がいることのメリットもあると思ってます。日本人がゼロだと、ストレスが溜まった場合の息抜きなどが難しくなりますからね。もちろんずっと日本人と一緒に遊び回ってては英語は伸びないけど。

なお、年齢層は10代〜60代とかなり幅広いですが、20代前半が多いですね。

食事

食事の一例
食事の一例。どんぶりのご飯がでることもあります

気になる食事ですが、十分美味しくいただけます。
ほぼ毎回おかわりしています。

スタッフ曰く、日本人が多いということもあり、日本人の口に合うように、食事にはけっこうな予算を割いていろいろと試行錯誤しているとのこと。

もちろん普段日本で食べている食事レベルを維持できるかという難しい(個人的に日本は世界で一番飯が美味い国だと思う)ですが、フィリピンの語学学校の中ではかなり美味しい方じゃないかな。

門限

平日は門限があり、夜11時となっています。
フィリピンは発展途上国なので、日本と比べて治安も絶対に安全とは言い切れません。なので、門限が設定されています。もちろん、常識的な範囲で油断しなければ特に問題が起こることはありません。

まあそんなにやることもないので、夜11時の門限で困ることはないですね。
なお、金曜日と週末は門限がありません。

3週間を終えた今の感想とか

以上、学校の施設、雰囲気、授業についてまとめてみました。

バッチメイト達とみんなで外食
バッチメイト達とみんなで外食

まだ留学生活3週間を終えたところですが、学校自体には非常に満足しています。
施設的には決して豪華な学校ではありませんが、手入れが行き届いていますし、何か問題があった時にスタッフに相談すればちゃんと対応してくれます。

日本人が多い学校なので、きちんと自分で勉強する意識を持ち、その時間を確保することが大事ですね。
ずっと日本人と一緒に行動しているといつになっても英語は伸びないので。もちろん、英語学習だけが留学の全てではないですけどね。

正直3週間経って、思ったより英語ができるようになっておらず焦ってますが、ようやく授業や生活になれてきたので、なんとかここから効率よく英語を身に着けていきたいところです。

無事に2ヶ月半(10週間)の留学を終えたので、留学生活を振り返ってみました!
約2ヶ月間のフィリピン留学を効果や費用は?どのくらい英語が成長したのか

ターゲットへの留学はもちろん、フィリピン留学(セブ留学)を考えている方の参考になれば幸いです。

僕が留学している学校はこちら↓↓
TARGET Global English Academy

今後も留学生活をブログやTwitter、instagramで配信していくので、もしよろしければフォローください!
Twitter
Instagram

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

セブの語学学校『ターゲット(Target)』で2ヶ月半のフィリピン留学をしています!気になる学校の施設、授業は?
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!