PS4の型番(モデル)の違いは?1000番台、2000番台、7000番台、何を買えばいいかオススメを比較する

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。

2015年に書いたこの記事ですが、「PS4 型番」「PS4 オススメ」などのワードでこの記事にたどり着き、読んでいただいております。

最近さらに新しい型番のPS4も発売されたので、そろそろ新しい情報に更新せねば…ということで、記事をまるっとリニューアルしました!

PlayStation4(プレイステーション4)の最新比較です!
これまでPS4は主に3つの型番が発売されています。

  • ・旧モデルのCUH-1000番台
  • ・現行モデルのCUH-2000番台
  • ・4K対応のCUH-7000番台

の3型番ですね。

ちなみに、PS4には
1.モデルチェンジ … デザイン、価格、機能を大幅に変更
2.マイナーチェンジ … 内部構造、一部分の簡単な変更
の2つあります。

もちろん、最新型を新品で買うのが一番いいのですが、価格も高いです。
一方、一つ前のモデルや型番を中古で買うと安く済みます。

値段にすると1万円近く差がつくことも。1万円あれば最新作のゲームソフトを買ったり、コントローラーやその他の備品を追加で買ったりできますからね。

自分が購入するにあたって、
「中古でも問題ないか」
「各モデルごとにどんな違いがあるのか」
を調べて、型番ごとの特徴と値段を比較してみました。

購入する際の参考にしてみてください!

【スポンサーリンク】

CUH-1000番台

PlayStation4

まずは、型番CUH-1000番台。
2013年11月15日のPS4発売当初から2015年までの型番です。

  • ・CUH-1000
  • ・CUH-1100
  • ・CUH-1200

の3つあります。

1000, 1100, 1200の違い

1000が初期型(第1世代)です。
スペック的には以下のような感じ。

サイズ : 約275mm × 53mm × 305mm
重量 : 約2.8kg

その後、2014年9月に発売されたのが後継機のCUH-1100です。

特に1000と1100はほとんど変わりません。
1100は、初期型の1000で発生していたバグやエラーを改修してリリースされたものになります。

さらに約1年後の2015年にCUH-1200が発売。

1200は、希望小売価格を5,000円値下げして34,800円で販売されました。

1100から
消費電力8%減、本体重量10%減
という進化を遂げたものになります。

具体的には、
消費電力 : 最大250W→ 最大230W
本体重量 : 約2.8kg → 約2.5kg
となっています。

本体重量に関しては、ポータブル機器ではないため持ち運びすることはないと思うので、そこまで重要なものではないかもしれません。

消費電力はたった20Wの違いですが、長時間起動時の発熱が1200の方が少ないというレポートもあります。

その他、電源ボタンがタッチセンサーから物理ボタンになりました。
タッチセンサー、不具合が多かったんでしょうか…。

また、CUH-1200は容量1TBのバージョンも発売されました。
もともと500GBのみの取り扱いでしたが、NASNE(ナスネ)を使った地デジの録画、写真や動画の保存などの用途が増えたことで、1TB版がスタートしました。

ただ、ゲーム用途であれば、500GBで十分と思います。

CUH-2000番台

続いて、2016年9月に発売されたCUH-2000シリーズ。
1000番台から外観、スペックを含めて、大きくリニューアルされました。

まずは外観。
上記の写真の通り、今までの製品は角張ったデザインですが、CUH-2000番台は全体的に丸みを帯びたデザインになり、一回り小さい薄型となっています。

PS4 Slimとも呼ばれています。

重量は約2.1kgとさらに400gほど軽くなっています。
2.1kgって、もはや大きめのノートパソコンと同じくらいの重さですからね。頑張れば持ち運びもできます。そんなことしないと思うけど。

消費電力も最大165Wなので、前製品と比較して約60Wも違います。

また、光デジタル出力端子がなくなりました。
光デジタル出力端子とは、主にサラウンドシステムなどのオーディオデバイスとの接続に使う端子です。
PS4をホームシアターの再生デバイスとして利用する方などには惜しいですが、テレビと繋いでゲームをプレイすることをメインにする方には不要だと思います。

一番大きなポイントは値段です。
希望小売価格が29,980円(税抜)と、約5000円ほど価格が下がりました。
なお、容量1TBの場合は、34,980円(税抜)になります。

ちなみに、カラーはジェットブラックとグレイシャーホワイトがあります。

総括すると、
価格が下がった&全体的に性能が多少向上した
といったところでしょうか。

そんなCUH-2000番台ですが、
2018年11月現在では、

  • ・CUH-2000
  • ・CUH-2100
  • ・CUH-2200(最新モデル)

の3バージョン発売されています。

2000,2100,2200の違い

2000と2100は本体重量が0.1kgほど軽くなったのみです。
そのほか、内部基盤などの細かい改良はあったかと思いますが、技術的な細かい話ですし、特に公式に発表はされていません。

2100と2200はスペック的には同じです。
SCEの公式ホームページを見ても、差異があるようには見えませんでした。おそらく内部基盤等のユーザーには関係ない部分での改良がされているみたいです。

CUH-7000番台

最後に、CUH-7000番台。
こちらは「PlayStation 4 Pro」という製品名になります。
今までのPS4よりも性能をさらに進化させたハイエンドモデルです。

一番の大きなポイントは、4K対応です。
2000型の比較して、GPUの性能が約2倍近く上回る性能を持っています。

PS4 Pro対応アプリケーション、ソフトウェアについては、4K解像度にアップスケールして出力するという仕組みになっています。

ただし、4KのBlu-rayには非対応です。
AmazonプライムビデオやHuluなどの4Kのストリーミングビデオは対応しています。

よりキレイなグラフィックでゲームをプレイしたい気持ちは誰もが望んでいることですが、その代償として、消費電力、重量、価格、サイズ等が上がっています。

比較すると以下のような数値です。

  PS4 slim(2000型) PS4 slim(7000型)
サイズ W : 265mm
H : 39mm
D : 288mm
W : 295mm
H : 55mm
D : 327mm
重量 2.1kg 3.3kg
消費電力 最大165W 最大310W
価格 29,980円(税抜) 39,980円(税抜)
カラー 黒、白 黒のみ

一番の懸念は価格ですね。
7000型(PS4 Pro)は容量1TBのみなので、2000型の同じ容量1TBと比較して、10000円ほど値段が高くなります。

この価格差をどう捉えるかですが、「高画質でゲームがしたい!」という方で4K対応のテレビがある方は、こちらの7000型を購入するものありですね。

なお、2018年11月現在で以下3バージョンあります。

  • ・CUH-7000
  • ・CUH-7100
  • ・CUH-7200(最新モデル)

3バージョンでていますが、大きなスペックの差はありません。

どれがオススメ?型番は何を買うのがベスト?

ざっと整理、比較してみましたが、何を買うのがベストでしょうか。
もちろん、人によってオススメは異なります。

ただ、大別すると以下のパターンに分けられるかと思います。

・4K対応テレビ所持!価格より映像のキレイさ!
CUH-7000型(PS4 Pro)

・4Kはいらないけど、最新の小型がいい!
CUH-2200(PS4 Slim)

・中古でOK!とにかく安さ重視で購入したい!
CUH-2000CUH-1200

どうしてもキレイな映像でプレイした方で、価格を許容できるならPS4 Pro(CUH-7000)の一択ですね。
なお、さきほど4K対応と記載しましたが、出力先となるテレビも4K対応していないと意味がないので注意です。

僕みたいにとりあえずプレイできればいい方にはCUH-2000やCUH-1200などの中古を購入すればいいかと思います。
今までのPS4でも十分映像はキレイですし、4K対応デレビを持っていないので。

かくいう僕は、CUH-2000を中古で買って使っています。

さすがに1000番台は古くて不安…という方の気持ちもわかります。
ただ、僕の友人はPS4発売日に購入した初期型で未だにプレイしていますが、特に問題はないらしい。値段重視なら旧モデルでも問題ないかと。まあさすがに初期型は古いのでオススメはしませんが…笑

型番ごとの価格比較

最後に、型番ごとの価格を比較してみました。
なお、最新のCUH-2200型シリーズとCUH-7200以外は生産終了しているので、中古の値段のみまとめています。★が最新モデルです。

容量は通常のPS4は500GB、PS4Proは1TBで比較しています。
価格はAmazonの金額を参照。

型番 発売時期 新品の値段相場 中古の値段相場
CUH-1000 2013年11月 16,500円
CUH-1100 2014年9月 17,500円
CUH-1200 2015年6月 19,500円
CUH-2000(PS4 Slim) 2016年9月 21,000円
CUH-2100(PS4 Slim) 2017年7月 24,000円
★CUH-2200(PS4 Slim) 2018年6月 30,900円 28,000円
CUH-7000(PS4 Pro) 2016年11月 32,000円
CUH-7100(PS4 Pro) 2017年10月 33,000円
★CUH-7200(PS4 Pro) 2018年10月 41,200円 39,000円

モデルが古くなれば価格は下がるのは電化製品の常。

型番、モデルごとのスペックや金額を参考に、
自分に合うPlayStation4を買いましょう!

PS4を購入する際の参考になれば幸いです。

PS4をAmazonで探す
PS4を楽天で探す
PS4をYahoo!ショッピングで探す

一つ前のモデルを中古で買うのが一番コスパがいいと思います↓

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

PS4の型番(モデル)の違いは?1000番台、2000番台、7000番台、何を買えばいいかオススメを比較する
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!