【モアルボアル ツアー旅行記】セブの有名なカワサンフォールとホワイトビーチに行ってきた!

カワサンフォール(カワサン滝)

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。

4月頭から6月中旬までフィリピンはセブ島で英語留学をしております。いわゆる最近話題のフィリピン留学(セブ島留学)というやつですね。

フィリピンの4月2週目はホーリーウィークというキリスト教に関する祝日が続く大型連休でして、この連休を利用して、モアルボアルという地域に旅行してきました!

【スポンサーリンク】

モアルボアルとは?

セブから車で約2〜2.5時間ほど南下した所にある地域ですね。

モアルボアルとセブの地図

地図で観ると、上記のような位置です。
セブ島から比較的近く、非常に綺麗な海やたくさんの自然がある街で、観光客はもちろん、フィリピン人にも人気の観光地ですね。日帰りでも十分楽しむことができます。
オスロブやボホール島に次いで、セブ留学生にも人気の観光地です。

特に、カワサンフォール(カワサン滝)はパワースポットとしても人気で、自然豊か&水が綺麗で、泳いだりすることもできちゃいます。
また、ビーチリゾート、ダイビングスポットとしても有名です。中でも、ホワイトビーチは抜群の綺麗さを誇り、マクタン島では拝むことはできないレベルです。

モアルボアルへの行き方

モアルボアルへの行き方はいくつかありますが、主に2つですね。
ローカルバスを使う or ツアーを申し込む、のいずれかだと思います。

1) ローカルバスで移動

モアルボアル行きのバスはセブシティのバスターミナルから発着しています。
片道111ペソ(約250円)という値段で、往復でも500円程度という破格の安さで済ますことができます。

バスターミナルでスタッフに「モアルボアル」と言えば、該当のバスまで案内してくれるので、乗車はそこまで難しくないかと思います。

ただし、土日祝日の場合はバスターミナルがかなり混雑するらしいです。語学学校の先生も「オススメしないよ」とアドバイスをくれました。また、人数が多い場合だと、全員同じバスに乗れない可能性があります。

2) ツアーで申し込む

続いて、ツアー会社を使うパターンです。
貸し切りのバンで移動して、モアルボアルのビーチ、カワサンフォールへの案内、昼飯、朝飯付きというパッケージですね。

だいたいのツアー会社がモアルボアルツアーを開催しているはずです。
バスを使って自力で行く場合より高く付いてしまいますが、入場料、食事などの手配の手間を省くことができるのはありがたい。

日本のツアー会社でも構いませんが、現地(フィリピン)の会社を使ったほうが安く済むかと思います。
現地の会社を探すのはなかなか難しいですが、留学生であれば、語学学校の先生やスタッフに聞けば、一つくらい紹介してもらえるかと。

ちなみに、僕らはCHLOUE TRAVELという現地のツアー会社を利用しました。
同じ語学学校で留学している台湾人に教えてもらいました。
最初はローカルバスで行こうとしたのですが、人数が10人と多かった&ホーリーウィークの連休でバスターミナルの混雑がヤバそうだったので、ツアーにしました。

というわけで、モアルボアル日帰りツアーのレポートをお届けします!

モアルボアルへ日帰りツアーで行ってきた!

朝5時に出発

今回のモアルボアルツアーの参加人数は10人。
学校のバッチメイト達です。
写真のバンに乗ってモアルボアルに向かいます。

出発は朝の5時
ホーリーウィークの連休中なので、出発が遅いと渋滞に巻き込まれる可能性があるとのアドバイスから、この時間の出発になりました。にしても早すぎる笑

現地(フィリピン)の会社なので、時間どおりに来ないかも…という不安もありましたが、なんと集合30分前には学校の前で待っててくれたとのこと。

ちなみに、今回申し込んだツアーのパッケージ内容は以下の通り

・カワサンフォールの観光
・モアルボアルのホワイトビーチ
・アイランドホッピング
・昼飯、朝飯付き

値段は、1500ペソ(約3,450円)でした。
日本のツアー会社に比べると、かなり安い方と思う。

なお、正規の値段は1600ペソでしたが、「ブログであなたの会社を紹介するよ!」と伝えたら、100ペソ割引してくれました。

朝ごはんのパンとジュース

バンに乗ると、朝ごはんが配布されます。
パンとジュース。
まあ、うん特に美味しくはないけど、食べられないことはない。

朝早かったし、車の中では基本的にみんな寝てたんですが、けっこうスピードを出した運転なので、怖くてなかなか寝付けなかった…。

駐車場と教会

2時間半ほどでカワサンフォールの入り口に到着。

カワサンフォール

カワサンフォールの入り口

駐車場からカワサンフォールまでは歩いて移動します。

歩いて移動

川沿いをふらふらと歩きます。
自然がいっぱいで歩いててすごく気持ちいい。
朝ということもあって、比較的涼しいし。

カワサンフォールの受付

数分歩くと、受付に到着。
ここで入場料などを支払うみたいです。

ツアーで申し込んだ場合は、入場料等は含まれているので、支払う必要はないです。同行しているガイドのおっちゃんが全部やってくれました。

入場料について

ちなみに、入場料は外国人の場合は40ペソ(約92円)です。
安い。フィリピン人だと20ペソ(約46円)でした。

メニューを見てみると、「Action Camera PHP500」と書いてある。
詳細は聞いてないけど、おそらくGoProが借りれるみたい。

自然の中を歩く

受付から滝までさらに歩きます。
けっこう歩くんですが、自然がたくさんで歩いてて飽きない。
日本の山の自然とは違った空気で楽しい。

川の水がすごく綺麗

川の水がすごく綺麗。
ユーシン渓谷
奥に洗濯物が干してある感じが東南アジアっぽい。

見えてきた

更に歩くと、遠目で滝が見えてきた。

カワサンフォール

というわけで、カワサンフォールに到着!
英語で書くと、Kawasan Fallsです。”Falls”は”滝”という意味ですね。

車を降りた場所からトータルで10分ほど歩きました。

滝をアップで撮影

滝をアップで撮影。
写真で観るとしょぼくなってしまうけど、けっこう水量のある滝です。
なお、カワサンフォールは3つの滝で構成されています。

主に3箇所の滝つぼがあり、こちらは一番下の滝つぼです。
高さは40mほどあるとのこと。

混雑気味

連休ということで、けっこう混雑気味。
フィリピン人はもちろん、外国人の観光客がたくさん。ぱっと見た感じ、日本人は他にいなかったと思います。

ちなみに、パラソル付きの椅子やテーブルの利用にはもちろんお金がかかります。
たしか1テーブルにつき300ペソ(約690円)だったかな。

このテーブル台もツアーに含まれていたので、僕らは特に支払いすることなく利用できました。

いかだ

滝壺近辺に行くには、このいかだみたいなヤツに乗る必要があります。
こちらは別料金でした。1人200ペソ(約460円)

滝の奥までいかだで移動

筏に乗ると、滝の奥まで連れてってくれてます。
滝を浴びながら真下を通ったりできます。特にやらなかったけど。

これ日本だったら1000円くらいとられると思うので、200ペソなら十分安いんだけど、ペソで別途支払いってなるとなぜか高く感じて払いたくなくなるというね。

3つ目のカワサンフォール

続いて、こちらが2つ目の滝つぼ。
最初の滝つぼから、さらに5分ほど歩いたところにあります。
3つ目の滝つぼは、さらに歩いて15分ほどかかるらしいので、諦めました。

さきほどとくらべて水量は控えめで、高さも少し低いですね。
ガイドが言うには高さ約10mとのこと。

ここのエリアは奥まで自由に遊泳できます。ちなみに、水はけっこう冷たい。
なんと滝の上から飛び込みもできる。100ペソかかるけど笑

せっかくの機会なので、100ペソ払って飛び込みました。
支払うと、飛び込み場所までフィリピン人が案内してくれます。

カワサンフォールの飛び込み

飛び込んでいるときの僕。
高さ10mもあるので、飛び込み場所から見下ろすとけっこう怖いんですよコレ。
あと、下で遊泳している人からかなり注目されます。

飛び込んだ後に「Again?」と聞かれます。
1回支払えば何回でも飛び込んでいいらしい。やらなかったけど。

集合写真1

みんなで集合写真。
セブ留学の休日って感じの写真だ。

ツアーのお昼ごはん

一通り泳いだ後は、お昼ごはん。
焼きそば、焼売、えび、かに、からあげというラインナップ。
水もセットで用意されました。常温だったけど。

とくに美味しいわけではないけど、まあフィリピンだしこんなものかな。

集合写真2

集合写真その2。
土日でみんなで海に行くのは、セブ留学の醍醐味よね。

ホワイトビーチ

モアルボアルのビーチへ移動

食事を終えた後、12時頃にモアルボアルのビーチへ出発。
モアルボアルにはホワイトビーチとパナグサマビーチの2つありますが、今回向かったのはホワイトビーチです。

パナグサマビーチは…

一方、ホワイトビーチは典型的なビーチリゾートですね。白い砂浜に青い海が組み合わさった綺麗なビーチで、海沿いにはレストランなどが並びます。

モアルボアルのホワイトビーチ

ホワイトビーチはこんな感じ。
砂浜沿いの海には、あまり魚はいませんが、海はすごく綺麗。

ビーチも混雑しています

連休なので、例によって混雑気味。
モアルボアルはやはり現地の人にも人気の観光地みたい。

船でアイランドホッピング

今回はアイランドホッピング付きのツアーだったので、
こちらの船に乗って、2箇所ほどシュノーケリングポイントを周ります。

船からの眺め

船からの眺め。
天気もいいし、海も綺麗だし、すごく気持ちいい。

シュノーケリングポイント

1箇所目のシュノーケリングポイント。
魚はけっこういたけど、海中はそこまで綺麗じゃなかった…笑

いわしの群れ

2箇所目は、なんとイワシの群れ
モアルボアルでは一つの名物でもあるらしい。かなりの大群のイワシが泳いでいるので、見応えがあります。

なんだかんだアイランドホッピングをするとセブに来たって感じがしますね。
船での移動を含めて約2時間ほどアイランドホッピングを楽しみました。

ビーチに戻って、ビールで乾杯。

その後は3時間ほどかけて、セブシティに帰還しました。
学校に付いたのは夜7時。早すぎず遅すぎず、十分ツアーを満喫できました。

モアルボアルは日帰りでも十分楽しめる!

カワサンフォールでのセブの自然を満喫できる一方で、綺麗な海でシュノーケリングもでき、日帰りでも十分楽しめる内容でした。
留学生はもちろん、現地のフィリピン人にも人気な理由に納得できます。ちなみに、僕の語学学校の先生もオススメしてました。

また、モアルボアルはダイビングのスポットとしても有名なので、ライセンスお持ちの方は日帰りではなく、泊まって行く価値もあるかと思います。
一応、僕もライセンス持ってたりします。数年潜ってないけど…笑

今回使った旅行会社について

上述しましたが、今回利用した旅行会社は「CHLOUE TRAVEL」です。
現地のフィリピン人が運営している会社です。
LINEやカカオトークで申込みすることができます。

やりとりは全て英語になってしまいますが、留学生のツアー開催にも慣れているので、英語がそんなにできなくても大丈夫だと思います。

実際のやりとりは↑↑のような感じでした。

モアルボアルの他にも、セブで有名な観光地へのツアーはだいたい開催しているかと思うので、とりあえず値段だけ聞いてみるといいかもしれません。
フィリピン人クオリティな部分もありますが、けっこう親身に対応してくれます。

CHLOUE TRAVEL の連絡先

  • ・LINE : Chlouetravel8
  • ・KAKAO : Cebutravel8
  • ・TEL : 0932-459-2542
  • ・Facebookページ : Cebu-travel

モアルボアルの日帰りツアーのレポートをお送りしました!
ぜひ、セブに留学 or 旅行した際は行ってみてくださいー!

セブ島で有名な観光地についてまとめました!
セブを満喫できる!セブのオススメ観光地10選を紹介する

モアルボアルからさらに南下したところにあるオスロブ。
ジンベイザメと一緒に泳ぐことができる超有名なスポットにも行ってきました!
セブのオスロブでジンベイザメと一緒に泳いできた!セブに旅行したら行くべき

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!