フィリピン留学を1ヶ月間した結果どのくらい英語力が伸びたのか

10月中旬から1ヶ月ほどフィリピン留学に行ってきました。
今回はその一ヶ月間でどの程度英語が伸びたのか効果報告しようかと思います。

そのときのレポートは下記リンクから
セブのQQ Englishで一ヶ月間フィリピン留学を体験してきた

フィリピン留学中は、語学学校の先生とマンツーマンで1日6時間以上ひたすら英語を話し続けます。そんな生活を毎日1ヶ月間続けていればある程度は話せるようになる効果があるわけです。そんな中、実際僕はどの程度英語ができるようになったのかを簡単に振り返ってみます。

英語力といっても難しいので、話す、聞く、書く、読むの4点に分けて考えてみます。

【スポンサーリンク】

留学前の英語力について

僕の留学前の英語力ですが、ざっくり“大学受験レベル”ですね。

Speaking — 外国人と会話とか無理。How are you? で会話終了しちゃう。
Listening — 単語を拾って無理やり意味を理解する程度。ちゃんと聞き取れない。
Writing — 短文ならなんとか書けるけど、かなり時間かかる。
Reading — スピードは遅いけど、ある程度読める。

大学受験の時にけっこう真面目に勉強したので、文法系はだいたい理解していました。なので、文章を読むことに関してはなんとかできます。プログラミング言語の公式ドキュメントとか英語なので。
ただ、細かい知識や話すときの感覚は全然わかりません。

留学前にやっていた英語の勉強

留学中はアウトプットの専念したいと思い、事前に基本的な会話表現をインプットしておくために、英会話の例文集をひと通り読みました。また、文法系も忘れているものがあるので、留学直前に文法系の参考書を一冊ざっと読んで復習していきました。

そのときに読んだ2冊が下記です。

こちらの本は音声を聞きながら口に出すという方法で進めていました。
文章を覚えるというよりは、こういう言い方をするんだなーというくらいでざっくり覚えていきました。簡単な例ですが、頻度を聞くときは「How often 〜」を使うとか。
本の序章に進め方の項目で「例文を丸暗記すべし」と書いてあり、本来ならそうしたほうが効果的だと思いますが、ちょっと時間がなかったので。
留学中の授業で「あ、これ進研ゼミでやったことある!」的な感覚で思い出せればいいと割り切ってました。

こちらは文法書ですが、参考書というよりは読み物です。ただ文法を勉強してもつまらないし、会話の時に上手く使えそうになかったので、英文法の復習をしつつ、会話する時の感覚を知るために読みました。
「現在完了は継続、経験、完了の3種類」なんて覚えてても意味ないかなーと思っていたので。

実際に留学中にやっていた授業と勉強

フィリピン留学の授業の様子
僕の授業中の様子

留学時に受けていた授業の例としては、下記のようなものです。

・写真やシチュエーションを見て、英語で説明したり、イディオムを学ぶ
・1つの文章を読んで先生と議論する高校の授業のようなスタイル
・短い映像を見て、それについてのサマリーを書く

僕の留学していたQQ Englishは話す、書く、読むで授業が設定されています。
“聞く”についての授業はありませんが、授業が全て英語なので必然的にリスニングをすることになります。

授業数は1日8コマ(1コマ=50分)。マンツーマン6コマ、グループ2コマです。ただ、僕は8コマも集中を維持できなかったので、最終的に6コマに絞ってましたけど。また、授業外の時間も1日あたり2時間ほど勉強してました。

授業の復習

授業外の勉強として、1つが授業の復習です。
授業中で使ったフレーズとか単語を復習しておくのですが、正直あまり身になった気がしません。イディオムを覚えても、そのイディオムを使う機会がなくてすぐ忘れてしまうんですよね。
自分なりの復習の”コツ”を掴めた頃には卒業…。

日本の参考書を継続

授業の復習の他に、留学前にやっていた瞬間英作文を継続してやってました。瞬間英作文で覚えたフレーズを授業で使ってみるなどして、言い方を身につけてました。体感ですが、これはけっこう身になった気がしてます。

実際に留学してみた後の体感

さて、ようやく本題。
留学前の勉強と留学中の勉強、それぞれを踏まえて、どの程度英語力が伸びたのか。

簡単にいえば“基本的な日常会話はできる”というレベルです。
はい、よくいう”日常会話レベル”っていうやつですね。

「そもそも”日常会話”って何よ!?」
と言われてしまいそうですが、うまく説明できない上に、他に適切な言葉が思いつきませんでした。

簡単な例を挙げると以下のようなものですね。

スピーキングレベルの事例

調子を聞かれた時

Q. How are you?
A. I’m so sleepy.
Q. Oh.. What did you do yesterday?
A. I went to the nearby club with my friends so I went to bed late.

Q. 調子はどう?
A. めっちゃ眠い。
Q. ちょw 昨日何してたの?
A. 近くのクラブに友達と行ったから、寝るのが遅かったんだよね。

授業の冒頭で、だいたい先生に「How are you?」とか聞かれます。今までは「I’m fine」など一言でしか返せなかったのですが、付け加えて返せるようになりました。

予定とか聞く時

A. What will you do this weekend?
B. I have no plan. How about you?
A. I’m going to go to Bohol.
B. Oh! It’s good! with whom? I want to go with you.

A. 今週末何するの?
B. 特に何も。きみは?
A. ボホール(フィリピンの観光地)に行こうと思ってるよ
B. お!いいね!誰と?俺も一緒に行きたい!

似たような例ですけど、こんな感じの予定を決めたりする会話もある程度できるようになりました。

2つほど簡単な事例を挙げてみました。このくらいならなんとか返せるようになりました。

留学前
質問されても”一言”でしか返せなかったし、文章を上手く組み立てられなかった
留学後
それっぽいセンテンスを組み立てられる
会話のキャッチボールができる

という感じでしょうか。

リスニングについて

リスニングについては、早いスピードでなければ60%くらいは聞き取れます。
フィリピン人などの非ネイティブに限ります。ネイティブの人とはあまり話す機会がなかったので、まだわかりません。

ただ、ある程度難しいテーマ、経済、ビジネスなどの話になったりするとそもそもボキャブラリーがないので、正直理解できません。あと酔った時などに会話に出るイディオムとかスラングはわかりません。雰囲気で読む感じですね。

ちなみに、飛行機の機内アナウンスの英語は30%くらいしか聞き取れませんでした…笑

こうしておけばよかった

1ヶ月間のフィリピン留学で、留学中にやっておけばよかったことを振り返ってみます。

単語帳持っていけばよかった

英単語帳は持って行くべきだったと思います。
単語を見て意味を理解できても、いざ話すとなると出てこないんですよね。漢字を読めるけど書けないのと同じです。
留学中に「”持ってくる”って意味何だっけ?」となったことがあります。”bring”という簡単な単語が出てこなくて単語力不足を痛感させられました。

授業中に出てきた単語をピックアップしてちゃんと覚えておけばいいのですが、偏りがでるかもなので、一冊常備しておきたいところです。基本的な日常会話の英単語をひと通り復習しておくとよかったですね。

単語帳では圧倒的にDUOがオススメですね

街中でもっと会話すればよかった

フィリピンの海

語学学校の先生は英語ができない生徒を教え慣れているので、ちゃんと話せなくても、けっこう言いたいことを理解してくれます。
ですが、普段の英語を話す場では、下手くそな英語を理解してくれる人ばかりではないんですよね。

留学2週目くらいに、電話で店を予約する機会があったのですが、簡単な言葉なのに伝わらなくて苦戦したので。
お店の店員やタクシーのドライバーとちょっと雑談がてら積極的に話してみるなど、もっといろいろトライしてもよかったかなとー思います。

英語の勉強は継続中

簡単ですが、”一ヶ月間のフィリピン留学でどのくらい英語が伸びたのか”についてまとめてみました。英語のレベル、特に英会話に関してのレベル感の説明って難しいのですね。

2ヶ月、3ヶ月滞在すればもっと伸びるかと思います。可能であれば最低2ヶ月は滞在したかったです。
1週間の滞在の人もいましたが、1週間だと短すぎて、もともとある程度の英語力がないと、あまり効果がない気がしました。

日本に帰国してからは、オンライン英会話(Skype英会話)で英語の継続学習をしています。オンライン英会話はたくさんの業者がありますが、価格が安いDMM英会話を利用しています。

【2018年1月追記】
DMM英会話の他にも、オンライン英会話のサービスを実際に利用したので、まとめて比較してみました。
留学経験者の僕が実際に使ったオンライン英会話の3つを比較!授業、料金、使い方の違いは?

仕事をしながらなので、留学中のようにたくさんの時間をとれないんですけどね。
また、日本にいると、英語を話す機会がなかなかできないのが辛いところです。

フィリピン留学を検討している方、実際話せるようになるの?というポイントはすごく気になるところだと思います。
あくまで個人的な体感ですが、参考になれば幸いです。

僕がフィリピン留学していた学校はこちら↓↓
QQ English(QQイングリッシュ)

その時の詳しい体験談、レポートを記事にしました
セブのQQ Englishで一ヶ月間フィリピン留学を体験してきた

フィリピン留学にかかる費用について
フィリピン留学は実際いくらかかる?費用をまとめてみた

フィリピン留学の持ち物について
フィリピン留学で必要&役立つ持ち物まとめ15選 必需品チェックリスト付

実際に使ったオンライン英会話を比較してみました。
留学経験者の僕が実際に使ったオンライン英会話の3つを比較!授業、料金、使い方の違いは?

帰国して使っている単語帳

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!