フィリピン留学は実際いくらかかる?費用をまとめてみた(授業料、航空券、生活費等)

フィリピン留学はアメリカ、カナダなどの欧米留学に比べて格安と言われています。
まあ実際に欧米留学よりは圧倒的に安いですし、コストパフォーマンスは優れています。

フィリピン留学にかかる費用については、
「一ヶ月10万円〜」などと言われたりしています。

しかし、
実際にはもっとお金がかかります

この10万円という金額は、主に授業料しか含まれていません。
海外に行く時に一番の出費になるであろう航空券代は含まれていないんです。
また、その他にもいろいろと細かい手続き上の費用が発生します。

ねぇ、実際何にいくらかかるのよ!
今回はそれをまとめてみたいと思います。
といっても、学校によって費用は異なるので、費用項目を挙げた後に、実際に僕がいくらかかったのかを紹介して、参考にしていただければと。

主に下記の3種類に分かれます。

  • ・留学を申し込んだ時にかかる費用
  • ・現地に到着してから学校で支払う費用
  • ・日本〜フィリピンの航空券代

1つずつ見ていきます。

【スポンサーリンク】

留学申し込み時にかかる費用

申し込み時の費用

まずは、留学を申し込んだ時に支払う費用です。
エージェントや学校に、必要情報をお伝えして申し込みをすると、請求書が発行されるのですが、そこに記載されている費用です。留学前に銀行振込などで支払うものですね。

項目としては
授業料(食費、寮の宿泊費)、入学金
になります。

一番高額なのは授業料ですね。
この中には食費と寮の宿泊費が含まれていることが多いです。学校によっては食事代を別にしていることもあります。「1ヶ月◯◯万円〜」はこの授業料を指しています。

その他に発生する費用としては、以下のようなものがあります。

空港ピックアップ費
フィリピンに着いたあと空港から学校までを送迎する仕組みのことです。

海外送金手数料
申し込み者から受け取ったお金を現地の語学学校の口座に入金する際に発生する手数料です。日本に銀行口座を持っていない語学学校は徴収することが多いです。

こちらは語学学校によって無料 or 有料が異なるので、申し込みしようとしている学校の費用項目をちゃんと調べましょう。

現地で支払う費用

現地支払い費用

続いて、現地で支払う費用です。
フィリピンに到着した後、現地の語学学校の受付で直接支払う費用のことです。
基本的にフィリピンの現地通貨(ペソ)で支払いします。学校のスタッフの方と一緒に現地の両替所で両替をした後に支払うのが一般的です。

現地で支払う費用の中で、絶対に支払いが発生する項目は主に下記の3つ。
SSP、ACRIカード、ビザ延長費
聞いたことのないような単語も含まれていますが、1つずつ説明します。

SSP … 約6500ペソ(15000円)
SSP(Special Study Permit)は、観光ビザでフィリピンで勉強するための特別許可証です。ビザとは別にフィリピンで留学する人は申請が必須になっています。申請は基本的に語学学校が代行してくれます。

ACR-Iカード … 約3000ペソ(7000円)
ACR-Iカードとは、フィリピンに60日以上長期滞在する外国人の登録証です。こちらも語学学校が登録を代行してくれます。60日以内の方は必要ないのですが、地域によっては必須になることもあるみたいです。セブは必要ありませんでした。

ビザ延長費 … 2500〜4500ペソ
フィリピンは29日以内であれば、ビザの申請なしで入国できます。30日を超える滞在の場合はビザ延長費用が発生します。金額は延長期間によって異なるのですが、30日延長につき2500〜4500ペソですね。

その他費用

その他にかかる費用については、学校によってかなりバラバラですが、主に下記のようなものが挙げられます。

教材費
授業で利用する教科書代やレベルチェックテストの費用です。

共益費(電気/水道)
寮の自分の部屋で利用した電気や水道の費用です。
電気代は学校によって”一律 or 利用量に応じた金額”が異なります。フィリピンと常夏の国ですが電気代は日本並に高いので、冷房の使いすぎには気をつけましょう。

寮デポジット費
いわゆる敷金です。特に破損等なければ、卒業時に返却されます。

留学申し込み時の費用と同様ですが、細かい支払い項目は学校によって異なることが多いので、きちんと調べましょう。

フィリピンまでの航空券代

フィリピン航空

さて、授業料の次に高額になるであろう航空券代です。
時期、航空会社、行き先にもよります。

主に以下のような費用になります。

日本〜マニラ(マニラ、クラーク、ターラックなど)
40,000円程度〜60000円程度

日本〜セブ
40,000円〜80000円程度

航空会社としては
フィリピン航空、大韓航空、JETSTAR、セブパシフィック
などが挙げられます。

JETSTARやセブ・パシフィックはLCCなので、こちらを使うと費用を抑えることができます。なお、JALやANAを利用してフィリピンに来た留学生はかなり少ない印象でした。

航空券はスカイスキャナーを使って調べると値段で航空会社を比較できます。

僕が実際にかかった費用

実際に僕がかかった費用について見ていきます。

僕が留学した語学学校(コース、部屋)は以下の通りです。留学期間は1ヶ月です。
学校 : QQ English(セブ)
コース : スタンダートプラン
部屋 : 一人部屋

留学申し込み費用

留学申し込み時の費用
授業料 149,800円
入学金 15,000円
空港ピックアップ 3,000円
食事代(土日含3食付) 16,000円(4,000円/週)
合計 183,800円

一人部屋の申し込みなので、少し高めの金額です。
QQ Englishは四人部屋ならもう少し安い授業料になります。

現地支払い費用

続いて現地で支払った費用についてです。
1ペソ = 2.5円で換算しています。

現地で支払った費用
SSP申請費 6,500ペソ
IDカード 200ペソ
電気水道代 1200ペソ(300ペソ/1週)
寮デポジット 3,000ペソ(退寮時に返却)
合計 10900ペソ = 27,250円

1ヶ月(4週間)の滞在なので、VISA延長やACR-Iカードの費用が発生していません。

航空券代

セブ・パシフィック(セールで購入)
約33,000円

セブパシフィックのセールで取得したのでかなり安く済みました。

合計費用

留学申し込み時費用 : 183800円
現地で支払った費用 : 27250円
航空券代 : 33000円
合計 : 244050円

1ヶ月でこのくらいの金額になりました。
QQ Englishは授業料が安い学校なので、この金額で済みました。
また航空券をセールでゲットできたのは大きかったですね。

申し込みの部屋を3〜4人部屋にすれば授業料がもっと安くなるので、もう少し安く済ませることも可能です。

まとめ

実際にフィリピン留学にかかるお金についてまとめてみました。
いかがでしたでしょうか。

安い安いと言われるフィリピン留学、実際にはそこそこお金がかかります。
しかし、欧米留学と比べると安いのは間違いありません。

授業のほとんどをマンツーマンで受けられる留学はフィリピン以外にはほとんどないので、実際に英語を話す機会におけるコストパフォーマンスはかなり優れていると思います。

実際の費用は学校によって様々ですが、費用の見積りの参考になればと。

実際に僕がフィリピン留学した学校と経験をレポートしました
セブのQQ Englishで一ヶ月間フィリピン留学を体験してきた

1ヶ月間のフィリピン留学後の英語力について
フィリピン留学を1ヶ月間した結果どのくらい英語力が伸びたのか

フィリピン留学の持ち物について
フィリピン留学で必要&役立つ持ち物まとめ15選 必需品チェックリスト付

フィリピン留学で参考になる書籍2冊

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

フィリピン留学は実際いくらかかる?費用をまとめてみた(授業料、航空券、生活費等)
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!