『スターウォーズ フォースの覚醒』を観てきた感想!あらすじ、ネタバレ、考察あり

ついに公開された『スターウォーズ フォースの覚醒』が公開されました!

スターウォーズ フォースの覚醒

子供の頃から大好きな作品スターウォーズ、待ち望んでました。
無事に公開初日のチケットを入手できたので、行ってきましたよ。

このフォースの覚醒は『スターウォーズ6 ジェダイの帰還』の続編で、エピソード7にあたります。エピソード6から30年後の世界という設定です。
アナキン・スカイウォーカーことダースベイダーと息子のルーク・スカイウォーカーの戦いから30年、どんな世界でストーリーが進むのでしょうか。

【スポンサーリンク】

『スターウォーズ フォースの覚醒』を見てきた!

映画館は新宿コマ劇場跡にできたTOHOシネマズです。
IMAX3DやMX4Dなど最新技術や人気のシアター設備を持つ映画館ですね。

新宿のTOHOシネマズ

こちらが新宿TOHOシネマズ。
歌舞伎町のど真ん中にあります。

スターウォーズのMX4Dのレイトショー

僕らは「27:55〜」開始の回でした。
すなわち、AM3:55です。いろいろおかしい。
シアターはもちろん3D&MX4Dです。

映画館内は混雑

深夜3時過ぎなのに、公開初日ということもあって会場は混雑してました。
スターウォーズのコスプレをしているツワモノも何人か。
深夜時間帯ということもあって、年齢層は比較的高め。

『スターウォーズ フォースの覚醒』感想

2時間15分、あっという間の時間でした。
スターウォーズファンにはたまらない作品です。
そして、MX4Dでスターウォーズを見ると、ディズニーのスターツアーズのようでした。

ここから先は、あらすじやネタバレを含みますので、見ていない方はご注意ください。

あらすじ(ネタバレ有り)


お決まりのテーマ曲で始まるテロップに”ルーク・スカイウォーカーが消えた”という衝撃の一文で映画がスタート。
行方がわからないルーク・スカイウォーカーの居場所を記した地図を受け取るため、反乱軍のパイロット、ポー・ダメロンはジャグーへ。しかし、帝国軍の残党”ファースト・オーダー”に捕らわれてしまう。地図を託されたBB-8は難を逃れ、謎の少女レイと出会う。
その頃、ファースト・オーダーの横暴に耐えかねたストームトルーパーのフィンは、捕まったポー・ダメロンを逃がしつつ共にジャグーへ脱走する。しかし、敵の追跡にあい、フィンとポーははぐれてしまう。


ポーを探して街へ向かうフィンはレイとBB-8と出会い事情を聞くも、ファースト・オーダーの追跡部隊に攻撃され、ジャンク品として売りに出されていたミレニアム・ファルコンで一緒にジャグーを脱出する。
その航路の途中、何者かに引力ビームで捕まってしまうが、捕らえたのはミレニアム・ファルコンの持ち主、ハン・ソロとチューバッカだった。そこでBB-8の任務を聞いたハンとチューバッカは反乱軍にBB-8を届けるため、なじみのある酒場へ向かう。


酒場の主人に事情を話し、反乱軍の合流を目指す。その際、レイは酒場の倉庫に眠っていたルークのライトセーバーに触れ、幻覚を見てしまい、これ以上フォースに関わることをやめようと決意。しかし、そこへファースト・オーダーの追撃が始まり、酒場は崩壊。レイはファースト・オーダーの主力の一人、カイロ・レンの手に落ちてしまう。さらわれたレイを救出するため、ハンとフィンは反乱軍と合流。
久しぶりの再開を果たしたハンと反乱軍の将軍でルークの妹でもあるおなじみの妻のレイア・オーガナ。そこでファースト・オーダーが持つ恐るべき兵器「スター・キラー」の存在を知り、レイの救出とともにスター・キラーを破壊すべく、ハンとフィンはスター・キラーへと発つ。


囚われたレイはカイロ・レンのフォースの拷問に耐え、自分にもその力(フォース)があることに気付く。一方、ハンはスター・キラーの中枢へ潜り込み、自分の息子カイロ・レンに遭遇。一緒に帰るように説得するが、カイロ・レンはハンを殺してしまう。
レイ、フィン、チューバッカの活躍により、スター・キラーのシールドを破り、ポー・ダメロン率いるXウィング部隊が見事にスター・キラーを撃破。時同じくして、ライトセーバー戦に破れたフィンを救うため、自らライトセーバーを持ち、カイロ・レンに立ち向かうレイ。フォースの力に目覚め、カイロ・レンを撃退後、反乱軍の基地へと帰還する。
そこで明らかになったルーク・スカイウォーカーの居場所へ旅立つことを決意したレンは、ついに年老いた最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーと出会う。

いろいろ感想とか

スターウォーズ好きにはたまらない面白さでした。

ストーリー的には前作(エピソード4〜6)の帝国軍の残党がファースト・オーダーという組織を構成し、腐りきった共和国を支配しようと戦いをしかけ、その戦いにレイが巻き込まれてしまう話です。

今シリーズのメインキャラであろう、レイ、フィン、カイロ・レンの3人が戦いに巻き込まれる中で、フォースとの関係性が徐々に見える所で終わります。

3部作完結の作品なので、第1部は次回への伏線をばらまいて終わります。
次回作への楽しみが増えますね。

衝撃的だったのは、
ポストダースベイダーのカイロ・レンはハン・ソロとレイアの息子だったこと
今回のいわゆる敵役でもあるファーストオーダーのフォースの使い手カイロ・レンはハン・ソロとレイアの子供でしたね。まあ30年後という設定上、誰かの息子、娘というパターンは絶対にくると思ってました。
なぜダークサイドに落ちてしまったんでしょう。ダースベイダーに憧れを強く抱いていた的な話がありましたが、具体的には話に出てきません。おそらく次回作にわかるんじゃないかなーと思います。

ハン・ソロが息子カイロレンに殺されてしまうこと
前作の主要キャラクターだったハン・ソロが殺されてしまいました。ハン・ソロのキャラ好きだったのになー。
まあ前作キャラ中心だと話に限界があるので演出上仕方ないのかなーと思ってましたけど笑
レイアと再会後、息子をライトサイドに戻すと宣言したあたりから、完全に死亡フラグがたってましたし。

ルーク・スカイウォーカーにいたっては最後に登場するだけでセリフすらありませんでした。
ルークの役者であるマーク・ハミルは太ってるのでどうなるかなーって不安でしたけど、思ったより似合ってました。オビ=ワンみたいな貫禄が出てた気がします。

全体を通して、スターウォーズファンにとっては面白い作品でした。
スターウォーズの過去作品を見ていないと面白くないかも。

いろいろ不評はあるみたいですけどね。
たしかに、本作だけをみると過去の登場人物をスポット参戦させたよくある人気映画のお決まりパターンかも。
3部作完結の話のうちの最初の1つなので、そうなってしまうのも仕方ない気がしますけどね。残り2作でどんなふうに話が進むのか気になるところです。

考察とか

レイは誰の子供?

ライトセイバーを持った時の幻覚の様子から、ルークの娘説だと思うんですけど、厳密な言及はありません。
「子供の頃にジャグーに捨てられた」「ずっとジャグーで待っている」というレイ。
このあたりの設定って、ルークの子供の頃と似ていますよね。

ルークが行方不明になるあたりにできた子供で、自分で育てることができないけど、将来的な因果で絶対に自分に会うことになるからジャグーで待つようにしたとか。
レイがルークのライトセイバーを持ったことで、R2D2が再起動していたりしますし。いろいろ不自然なところはありますけどね。

フィンはフォースの力を持つか

ストームトルーパーとして帝国の一般兵だったフィンですが、彼も何かしらの因果がありそうです。
フィンの出生についてもあまり語られていないが、ポスター等ではライトセイバーを持っていかにもジェダイみたいな格好してましたし。カイロ・レンも「あの村の出身」と意味深に言ってましたね。あの村って何なんでしょうか。

黒人つながりということで、まさかのメイス・ウィンドゥの家系説とかあったら面白いのに。その場合今作の戦争がチルドレン同士の争いになってしまうので微妙だけど…。

いずれにせよ、次作でレイやフィンの出生やカイロレンのダークサイドに落ちた理由などが語られると思います。

レイはダークサイドに落ちる?

個人的に気になっていることです。
予告やポスターで使われている画像、写真の立ち位置的にレイはダークサイドに落ちるんじゃないかなーと思ってます。

スターウォーズ フォースの覚醒のポスター
フィンがライトセイバーを持っている&レイの立ち位置がダークサイド

この画像って
右 … ライトサイド
左 … ダークサイド
という並びになっていると思うんですけど、レイはカイロレンと並んでダークサイドよりに写ってるんですよね。
しかも、ジェダイではないフィンがライトセイバーを持っていかにもジェダイ感を出してますし。たしかに映画の中でライトセイバーを持って戦うシーンがありましたけどね。

レイはルークとの会話に通して、ジェダイの決まりについていけずダークサイドに落ちる。
その後、フォースの力を体得したフィンがレイ&カイロレンと戦う的な流れになったら面白い。
というかポスターに実は伏線があったという設定が面白いので期待…笑

上記以外にも、いろいろな伏線がありすぎて、次回作が気になって仕方ない。
ルーク失踪の理由、ファーストオーダーの最高指導者スノークの謎、キャプテン・ファズマの活躍シーンなど。
逆にこれらの伏線が回収されないと、本作はなんだったの?ってなってしまいそうなので、JJエイブラムスを継ぐ、次回作の監督さんお願いします。

まとめ

まだ絶賛公開中ですし、過去のエピソード1〜6はドコモのdTVAmazonプライムビデオなどの動画サービス等でも視聴できるので、ぜひ!
次回作がほんとに楽しみで、待ち遠しい。
ちなみに次回作、エピソード8は2017年7月公開とのこと。

IMAX 3Dか4DXで観ることをオススメします。
4DXで見ると、スターツアーズみたいで楽しめますよー!

May the force be with you.
(フォースと共にあらんことを。)

dTVなら過去のスターウォーズ作品が見放題ですよー!
今なら初回31日間が無料で利用できます!
動画配信サービス「dTV」ならスターウォーズの過去作品が見放題!

スマホで動く!本作でも登場した人気のBB8!

この記事についたタグ
この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ
このブログへのコメント
  • ”ジェダイでも誰かの血縁でもないごく普通の人”がどんどんいなくなっていく感が寂しくてしょうがない。エピソード4は、そういう普通の連中が(ルークもハンソロも含め)巻き込まれていく典型の映画だった。これでフィンもポーダメロンもジェダイだったらスターウォーズファンやめるw

    投稿した人 : hico16年01月04日
  • >hicoさん
    ですねー。
    こんだけ続編が続く上に、そういった流れになってしまうのは仕方ない気もします。
    久しぶりの公開で期待値が高まりすぎてますしね。
    個人的にはチルドレン同士の争いになってしまうのは避けて欲しいですが...笑
    とにかく続編が気になりますね!

    投稿した人 : ねづ16年01月04日

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!