鬼怒川温泉「あさやホテル」宿泊レビュー!豪華ディナービュッフェと温泉がオススメ!【赤ちゃん連れの温泉旅行】

こんにちは、ねづ(nzakr)です。

先日、鬼怒川温泉にある『あさやホテル』という温泉旅館に宿泊してきました。

鬼怒川温泉の中でも創業130年を誇る人気の温泉旅館であり、特に夕食のビュッフェやホテル内装の豪華さが有名です。

ねづ
栃木県のふっこう割キャンペーンで半額で宿泊できたので温泉旅行にいってきました!

温泉も夕食も有名なだけあって、非常に満足度の高いホテルでした。

がっつりレビューしたいと思います!

【スポンサーリンク】

あさやホテルの場所

あさやホテルは、鬼怒川温泉駅からおよそ2kmほどの距離にあります。

鬼怒川温泉駅から徒歩で移動すると20分ほどかかります。
駅からホテルまでの送迎バス(有料で190円)が出ています。

天気がよければ鬼怒川温泉の街並みを見ながら歩いて移動するのもありです。

ねづ
子連れでしたが、鬼怒川の街中を観光がてら歩いて移動しました。

ホテルの外観はこちら。
130年の歴史がありますが、建物は改修されており綺麗です。

鬼怒川温泉の旅館は全体的に歴史があり古びた外観が多い印象なんですが、あさやに限ってはその古さを感じないですね。

中に入ると写真映えするエントランスが。
館内の真ん中が吹き抜けになっており、1階から最上階天井まで見上げることができます。

なお、エントランスから入ったロビーフロアは6Fとなっています。
というのも、あさやホテルが鬼怒川の川沿い(というか崖沿い)にあり、崖の下側が1階になるので、崖の上に位置するエントランスは6階となるわけです。

3月に宿泊したのですが、ちょうどひな祭りのシーズンってことで、雛人形がホテル内の各所に展示されていました。

エントランス右手の受付でチェックイン。
非常に丁寧な対応でした。

エントランスと反対側からの写真。
あさやホテルで画像検索するとたくさん表示される”映える”写真ですね。

写真で見たことあるー!ってなります。

エレベーターもガラス張りで、吹き抜けを眺めるようにつくられています。

あさやホテルの部屋

こちらが今回宿泊する予定の部屋。
部屋は7階でした。

あやさホテルには秀明館と八番館という2つの建物があり(連絡通路で繋がっている)、それぞれ部屋の特色が異なります。

フロントがある建物が秀明館で、八番館は部屋のみの建物となっています。

今回は秀明館の川側10畳和室に宿泊しました。

部屋はこんな感じ。
ザ・温泉旅館の和室という部屋。

奥にはローテーブルと椅子。

ねづ
長椅子に寝てるのは我が子です笑

ベランダからの眺め。
川側の部屋なので、鬼怒川が一望できます。
窓を開けると、川の清流が聞こえます。

和室手前には、冷蔵庫、湯沸かしポット(魔法瓶)、洗面台、ウェルカムコーヒーがありました。

子供のミルクの調乳に使うので魔法瓶はありがたい。

部屋横にはお風呂。

風呂隣には別の洗面台が。
まさか洗面台が2つもあるとは。

貸出用の浴衣と羽織物があります。
全サイズ部屋に用意されていました。

なんとWIFIもあります。

こういった温泉旅館だとWIFIがあるのは珍しい気がします。

乳幼児連れで予約していたので、おむつ専用のゴミ箱を設置しておいてくれました。

なお、今回は添い寝予定だったのでベビー布団はお願いしていませんが、頼めば手配してくれると思われます。

部屋菓子も…。
「きぬの清流」という小豆のお菓子でした。

あやさホテルの食事

夕食

さて、メインの夕食をレビューしていきます!

あさやのディナービュッフェはとても評判がよくメニューも豊富で有名
これを目的にあさやに宿泊したといっても過言ではないので、がっつりレビューしちゃいます。

夕食は18:00〜21:30(最終入場21:00)にて提供。チェックイン時にスタート時間を決めます。

ねづ
早めの時間がすでに満席ということだったので、19時半スタートになりました。

8階のあさやガーデンというレストラン会場にて提供されます。

食事提供エリア…

飲食エリア…

レストラン会場内はかなり広いですし、リューアルしたばかりということもあって、綺麗かつ豪華です。

あさやのビュッフェはオープンキッチンのメニューが充実していることが有名。
順番に見ていきましょう。

オープンキッチンとは、シェフが目の前で調理をして提供される食事のこと。

まずは、ホテルビュッフェ定番の”ニク”。

国産牛肉のヒレステーキでした。
こちらのお肉はやわらかくて非常に美味しかったですねー。

こういった旅館で提供されるステーキ肉はちょっと固めのことが多いんですが、あさやのステーキはそういったことはなく、何枚でも食べられるやつでした。

続いて、天ぷら。
こちらもオープンキッチンの定番ですね。

えび、きのこ、白身魚の天ぷらがセットで提供されました。

そのお隣は寿司。
マグロ、えび、タイ?の3種類のセットでした。

蒸し料理もあります。
茶碗蒸し、湯葉茶巾、しゅうまい、餃子、桃饅頭など充実。

パスタもありました。
その場で炒めてソースとあえて提供してくれます。

カルボナーラ、ナポリタン、ペペロンチーノ、たらこソースの4種類から選べます。

まさかの鮎の塩焼きも。
温泉旅館のビュッフェで炭で焼かれた鮎の塩焼きが提供されるとは…。

オープンキッチンというわけではないですが、
一人用の鍋でしゃぶしゃぶや蒸しハンバーグもありました。

このタイプの一人用鍋って旅館の部屋食で提供されるやつですね。
これがビュッフェで無限に提供されているのがすごい。

なんと窯焼きピザもあります。

ビュッフェで提供されるピザって、大皿に盛り付けてから提供されるので、取って食べる頃には冷え切っててあまり美味しくないんですよね。

ここは焼き立て(しかもピザ窯で)をいただけるので非常に美味しかったです。

種類はミックスピザサーモンクリームピザでした。

普通は”肉や天ぷらのみ”というホテルが多い中、あさやは寿司、ピザ、パスタ、鮎の塩焼き、点心など、種類も質もかなり充実したオープンキッチンでした。

ねづ
もはや、オープンキッチンのメニューだけでお腹いっぱいになってしまう…笑

その他、こちらはあさや名物の和牛カレー。
ビーフの旨味が染み込んだ絶品のカレーでした。

あさやホテルのお土産コーナーでもレトルトパックで売られています。
帰り際にお土産として買っている人、多かったなー。

種類がありすぎて一枚一枚だと紹介しきれないので(笑)、まとめました↑

この他にも、刺し身、カニ、サラダバー、ビーフシチュー、串カツなど、もはや挙げられないくらいたくさんの種類がありました。

そして、もちろんスイーツも種類がたくさん。
スイーツコーナーの飾り付けが豪華ですねー。

この日は春の期間でいちごがテーマになったスイーツが中心でした。

写真の右に写っているあさや自家製プリンがかなりオススメです。

ソフトクリームもあります。
バニラ、とちおとめ、ミックスの3種類。

ソフトクリームのほか、普通のアイスも。
なんとハーゲンダッツです。

8種類のハーゲンダッツが食べ放題のビュッフェってなかなかないのでは。

ねづ
実際取り分けてみるとこんな感じ。明らかに食べすぎました…笑

スイーツも含めると、夕食で提供される品数はなんと100種以上とのことです。

朝食

有名なのは夕食ビュッフェですが、
朝食ももちろん豪華です。

朝食は6:30-9:00で提供され、場所は夕食会場と同じくあさやガーデンです。

朝食でもオープンキッチン形式の食事が複数あります。

こちらは卵料理の提供。
高級ホテルなどでは卵料理をオープンキッチンで提供しているケースは多いですね。海外のホテルでもよく見かけます。

オムレツ、卵焼きなど、オーダーに応じて作ってくれます。

こちらでは、焼き立てのフレンチトーストが。
ふわふわで美味しい一品です。
ソースはチョコ、メイプル、ストロベリー、カラメルなどが揃っています。

ワッフルもあります。
フレンチトーストとセットで朝食のデザートとしていただけます。

ブュッフェとしては、朝食によくあるようなものが豊富に提供されています。

ねづ
前日の夕食ビュッフェで食べ過ぎたので、朝食は控えめに…。

あさやの貸切風呂

今回は子ども(0歳)を連れての旅行だったので、
子どもと家族でお風呂に入るために貸切風呂を手配してみました。

料金は50分4,000円になっています。

あさやホテルには4種類の貸切風呂があります。

宝珠(ほうじゅ)、宝鍵(ほうやく)、丁子(ちょうじ)、隠笠(かくれがさ)の4つで、風呂の内装が異なります。

今回は丁子(ちょうじ)を予約しました。
なんでも一番人気らしい。
丁子(ちょうじ)は桧(ひのき)の浴槽がテーマになっています。

浴槽の手前には脱衣所。
0歳児用にベビーバスを無料で貸してくれました。

こちらが浴室。
桧で囲われたキレイなお風呂です。
貸切風呂ですが、大人6〜7人は入れる大きなサイズです。

乳幼児連れだと大浴場に連れて行くのは難しい&長居もできないので、こういった貸切風呂を借りてしまうとラクですね〜。

大浴場は空中庭園露天風呂がいい感じ!

なお、大浴場は1階と最上階にあります。
最上階、すなわち屋上に露天風呂があり、空中庭園露天風呂「昇龍の湯」という名前がついています。

こちらが昇龍の湯の入り口。
奥で2つに分かれており、男女入れ替え制になっていました。


あさやホテル公式情報より引用

さすがに露天風呂の写真は撮影できなかったので、公式より引用。

夜は薄明かりでライトアップされてよい雰囲気があり、一方朝は鬼怒川周辺の山々に囲まれて露天風呂を楽しめます。

鬼怒川温泉に宿泊するならNo.1の旅館!

鬼怒川温泉には他の宿も含めて何度か宿泊してきましたが、
ダントツでオススメできる温泉旅館です。

ホテルの清潔度や内装の豪華さ、温泉の雰囲気、食事の質と量の充実度を踏まえても、ここまで揃っているホテルはなかなかないでしょう。

宿泊も他の温泉旅館と比較して極端に高いわけではないので、価格を考えるとコストパフォーマンスは優れています。

あくまで参考価格程度ですが、
通常の和室の場合は、以下のような価格帯になっています。

  • 平日 : 1.5万円〜
  • 休日 : 2万円〜

貴賓室や露天風呂付きの部屋もあり、そういった部屋は価格が少し高くなります。

ねづ
ファミリーにはもちろん、カップル、友人同士にもオススメできるホテルです!

鬼怒川温泉への温泉旅行を考えている方にはぜひオススメです!

あさやホテルはどこから予約できる?

あさやホテルは主要なホテル予約サイトならどこでも予約できます。
じゃらん楽天トラベルYahooトラベルなどを利用して、クーポンやポイントを活用してオトクに予約しましょう!

今回はYahooトラベルのふっこう割利用して半額で宿泊しました!

ポンタポイントを貯める&使うなら
じゃらんであさやホテルの価格を調べる

楽天ポイントを貯める&使うなら
楽天トラベルであさやホテルの価格を調べる

Tポイント(PayPayボーナス)を貯める&使うなら
Yahooトラベルであさやホテルの価格を調べる

なお、東京から鬼怒川温泉までは特急スペーシアを利用しました。
個室を初めて利用したのですが、非常に快適だったので、オススメです!


この記事を書いた人
ねづ
妻と娘(0歳)と3人暮らし。 「育児 × 旅」をテーマに"パパ目線の子育て"と"子連れ旅行"についてブログを書いてます。 ANA&JAL両方とも上級会員(SFC&JGC)、SPGアメックス所有して、オトクな旅行を追求するのが趣味。本業はメディア系の企業でプロダクトマネージャー。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

NEZU.log 国内旅行 鬼怒川温泉「あさやホテル」宿泊レビュー!豪華ディナービュッフェと温泉がオススメ!【赤ちゃん連れの温泉旅行】
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

妻と娘(0歳)と3人暮らし。
「育児 × 旅」をテーマに"パパ目線の子育て""子連れ旅行"についてブログを書いてます。
ANA&JAL両方とも上級会員(SFC&JGC)、SPGアメックス所有して、オトクな旅行を追求するのが趣味。

本業はメディア系の企業でプロダクトマネージャー。

詳しいプロフィールはこちら

Youtube始めました!
写真や文字では伝えられないことは動画で発信していきたいと思います!

最新動画

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!