リッツカールトン日光の朝食レビュー!ビュッフェではないプレート形式の朝食!金額や内容は?

こんにちは、ねづ(nzakr)です。

SPGアメックスの所有者に付与されるマリオットグループ無料宿泊特典を活用して、リッツカールトン日光に1泊無料で泊まってきました。

この記事では、リッツカールトン日光の朝食をレビューしたいと思います!

リッツカールトン日光の宿泊、滞在レビューについては下記記事を見てください↓

朝食のことも↑のレポートに書こうと思ったんですが、思ったより記事が長くなったので朝食だけ別でレビューしてみました

リッツカールトン日光の朝食レビュー!

リッツカールトン日光の朝食は、ホテルでよくあるようなビュッフェ形式ではありません。

事前に決まったメニューをプレート形式で提供するスタイルになっており、洋食と和食の2種類からチェックイン時に事前に選択します。

朝食の価格は6,000円(税サ込)となっています。
子供用のプレートはその半額の3,000円でした。

ねづ
朝食で6,000円は一般庶民の自分にはなかなか高額です…苦笑

朝食の時間については、メニューと一緒に事前予約になります。
チェックインが遅いと良い時間帯(8:00〜9:00台)が埋まってしまうようですね。我々は14時ごろチェックインしたのですが、7:30か10:00の時間帯で案内されました。

少し早めにチェックインするか、予約時のフォームの備考欄に「朝食はXX時頃希望」というようにリクエストを出しておくといいかも。必ずリクエストが通るわけではないですが、言って損はないと思います。

朝食はリッツカールトン日光内の1Fにある和食レストラン『THE JAPANESE RESTAURANT』が会場となっています。

朝食会場までの通路がオシャレなつくり。
ここだけではありませんが、リッツカールトン日光は全体的に高級な和モダンテイストのつくりですね。

朝食会場内はこんな感じです。
テーブル数は2〜4人掛けのものが10〜12組程度あります。

そのほか写真には写っていませんが、カウンタータイプの席もありました。

窓から中禅寺湖を眺めることができます。
この日は天気が生憎の曇り空でしたが、テラス席もあるようです。
(写真左下のビニールシートがかかっているのがテラス席)

外から見るとこんな感じ。
建物1階のガラス張りになっている場所が朝食会場のレストランです。

実際の朝食のメニューはこちら。
左が和食メニュー、右が洋食メニューになっています。

和食の場合は、温泉卵か黒千石大豆納豆のいずれかで選べます。
洋食の場合は、卵料理を選びます。卵料理の種類はスクランブルエッグ、目玉焼き、オムレツ、ポーチドエッグ、エッグベネディクトの5種類から選べます。

オムレツはトッピングの内容もハム、チーズ、トマト、キノコ、玉ねぎ、パプリカから自由に選べるようです。

また、ドリンクも温かいものと冷たいもの1種類ずつ選びます。

ねづ
今回は洋食メニューだったので、エッグベネディクトを選びました。ドリンクはりんごジュースと食後にコーヒーをチョイス。

実際の洋食メニューの内容

まずは前菜となるサラダ。
海老原ファームのグリーンサラダという名称で、海老原ファームというのは栃木県の農家さんの名前ですね。

リッツカールトン日光は栃木県日光市に属するので、栃木県産のこだわり野菜で提供しているようです。野菜に限らず、卵なども同じく栃木県産とのこと。

続いてパン。
パンは3種類あり、左からアップルパイ、ミニ食パン(リッツカールトンロゴ入り)、チョコデニッシュとなっています。

付け合わせはストロベリージャム、オレンジマーマレードジャム、バターの3つです。

ねづ
2つずつありますが、1つは妻の分です。妻も同じ洋食メニューを注文しているため、同じプレートで提供されました。

こちらがメインのプレート料理。
和モダンテイストということで、プレートも木製の器になっています。

細かな内容物は先ほどお見せしたメニューを見ていただければと思いますが、かなり種類が豊富で、けっこうボリュームがあります。

月並みな表現ですが、本当に美味しいです。
食事のボキャブラリーがないので美味しいしか言えない…笑

ビュッフェで提供されるもの

プレート料理以外にも一部ビュッフェ形式で提供されているものもあります。

まずは牛乳とコーヒー牛乳。
こちらはプレート料理と一緒に提供されるドリンクとは別で自分で取るスタイルです。

牛乳とセットですが、シリアルもあります。
コーンフレーク、オールブラン、チョコクリスピー、玄米フレークの4つ。

大皿ではなく、1つずつ瓶詰めになっているのがオシャレですね。

ヨーグルトやプリン、パンナコッタもありました。
こちらもすべて1つずつ瓶詰めになっています。

この日光御養卵プリンがすごく美味しいのでオススメ。

子供用の朝食プレート

子供用の朝食プレートも注文しました。
値段は先ほど記載した通り、3,000円です。

大人と同じく和食と洋食から選べますが、うちの娘(1歳半)は白米好きなので和食にしました。

こんな感じのシンプルな和食プレート。
白米(味付けのり)、黒千石大豆納豆、ほうれん草の煮浸し、味噌汁の組み合わせとなっています。

プレートのほか、オレンジジュースもいただきました。
子供が倒してもいいように、ちゃんと蓋付きストローだったのがありがたい。

まだ一人では食べられないので、こんな感じで食べさせてあげました。
ちゃんと子ども用のハイチェアも完備されているところが素晴らしい。

朝食は高いけどその価値はあり!

ホテルの朝食といえば種類豊富ないわゆるビュッフェスタイルが王道ですが、こういったプレートスタイルも盛り付けや組み合わせもキレイでよいですね!

好きなものだけをガッツリ食べたい人はビュッフェのほうが嬉しいですが、ビュッフェ台との行き来で人が往来したり、大皿が散らかったりなどするため、今回のような静か&ゆっくり食べたい雰囲気には合わないかもしれません。

大人1人6,000円(子供3,000円という価格設定で決して安くはないですが、せっかく宿泊したのであれば、食べないという選択肢はもったいないです。

ちなみに、SPGアメックス所有者(マリオット ゴールドステータス以上)の方は、30%の特別割引が適用されるので、実際はもっと安く済みます。

▼SPGアメックス所有者の方
大人 : 6,000円4,200円
子供 : 3,000円2,100円

ねづ
本来は大人2名+子供1名で15,000円かかるところ、10,500円で済みました!4,500円引きはかなり大きいですね!

ぜひリッツカールトン日光に宿泊した際は朝食を食べましょう!

▼メインのリッツカールトン日光の宿泊レビュー

今回はSPGアメックスの無料宿泊特典を利用して“無料で”泊まることができました!
SPGアメックスについては下記記事をご覧ください↓↓


この記事を書いた人
ねづ
妻と娘(1歳)と3人暮らし。
「旅行」と「筋トレ」をテーマにしてブログを書いてます。

独身時代に海外旅行(主に東南アジア)にハマり、マイル修行も経験。ANA&JAL両方とも上級会員(SFC&JGC)になりSPGアメックス所有して、オトクな旅行を追求。
結婚&子供ができた後は、子連れ旅行しながら、筋トレという新たな趣味に目覚めて、週3〜4でジム通い中。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メール※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

妻と娘(1歳)と3人暮らし。
「旅行」と「筋トレ」をテーマにしたブログです。

独身時代に海外旅行(主に東南アジア)にハマる。ANA&JAL両方とも上級会員(SFC&JGC)になりSPGアメックス所有して、オトクな旅行を追求。
結婚&子供ができた後は、子連れ旅行しながら、筋トレという新たな趣味に目覚めて、週3〜4でジム通い中。

詳しいプロフィールはこちら

Youtube始めました!
写真や文字では伝えられないことは動画で発信していきたいと思います!

最新動画

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!