『キッチンホステル アオ』宿泊レポート!那覇中心部で国際通りも徒歩圏内の綺麗なホステルでした

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。

SFC修行のOKA-SINタッチで沖縄(那覇)に一泊するのですが、ただ寝るだけなので安く済まそうといい感じのホステルを探していまして。
その際、「以前泊まったホステル良かったなー」と思い出しました。

そのホステルが
『キッチンホステル アオ(THE KITCHEN HOSTEL AO)』
です。

キッチンホステル アオ(THE KITCHEN HOSTEL AO)
THE KITCHEN HOSTEL AOのエントランス

駅近で、全体的に綺麗、朝食付きといういい感じのホステルだったんですよ。
1泊約2000円という格安っぷり。
しかも朝食付きです。

というわけで、今更ではありますが、このホステルの宿泊レビューを書いてみようかと思います!

【スポンサーリンク】

キッチンホステルアオの施設

キッチンホステルアオはゆいレールの県庁前駅が最寄りです。
地図では以下の場所ですね。

県庁前駅から徒歩3分ほどです。
沖縄の名所でもある国際通りも徒歩5分ほどで行けちゃいます。

全然関係ないけど、那覇市内唯一の電車であるゆいレール、suicaとかpasmoといった全国共通の交通系ICカードが使えないの本当に不便なんだよなー。

キッチンホステル アオ(THE KITCHEN HOSTEL AO)のエントランス

こちらがエントランス。

パッと見ではホステルに見えないなので、わかりにくい笑
僕も最初利用した時は「ここで合ってる?」ってなりました。

大通りから一本裏道に入ったところなので、目立たないかも。隣の赤からを目印にして移動しました。

ちなみに、隣にワンコインのピザ屋が併設されていて、ホステル内のカフェで飲食できたんだけど、残念ながら現在では閉店してしまった模様…。

チェックインのカウンター

中に入って、左手のカフェカウンターにてチェックイン。

サービスのアイスコーヒー

ウェルカムドリンクとしてアイスコーヒーが。
ホステルやゲストハウスでこういうサービスあるのは珍しい気がする。

アメニティ販売

アメニティは格安で販売。
なお、タオル類は無料で付いてきますのでご安心を。

ロッカーの鍵

チェックインして、ロッカーの鍵を受け取る。
あくまでロッカーの鍵で、部屋というかベッドスペースには鍵はかからないので、貴重品はロッカーで管理しましょう。

階段で2階へ

宿泊スペースは2階なので、階段で2階へ。

宿泊者用のフリースペース

階段を上がったところには宿泊者用のフリースペースが。
奥の扉が女性エリアになっています。

男女でしっかりエリアが別れているのは女性には嬉しいですね。

パンフレット類

フリースペースにあるパンフレット類。
割引券などもここにありました。

男性エリアの入り口

男性エリアの入り口。
入り口は暗証番号式になっていて、チェックイン時に教えてもらえます。

ベッドエリア

宿泊エリアはこんな感じ。
2段式の木箱のようなベッドボックスがズラーっと並んでいます。
ベッドごとにちゃんと仕切りのカーテンがかかります。

71番のベッド

僕が使った71番のベッド。
上の段のベッドでした。

個人的にはいちいち上り下りしなくてよい下の段のほうがいいんですけどね。

ベッド内

ボックス内はこんな感じ。
コンセントとUSBポートがちゃんと付いています。

布団とバスタオル

バスタオルが用意されてました。
荷物としてかさばるバスタオルが付いているのは嬉しい。

ロッカーエリア

こちらがロッカースペース。
宿泊するボックスと同じ番号のロッカーを利用します。
鍵はチェックインの時にもらったやつですね。

ロッカーの中

縦長のロッカーで、服をかけたりできます。
スーツケースも十分入るスペースです。

ビーチサンダル

ロッカーの中には館内履き用のビーチサンダルが。
ビーチサンダルというところが沖縄っぽいですね。

ハンドタオルと携帯用の化粧水が付いている

なんとハンドタオルと携帯用の化粧水もありました。
ホステルにしてはアメニティが充実してて嬉しい。

自販機

ロッカー横には自販機も。
値段は10円ほど一般的な自販機より安かったですね。

水回りスペース

水回りのスペースも綺麗で、清掃が行き届いています。
水回りが汚いと、けっこう気分が萎えるのですが、ここは好印象。

トイレ

トイレも綺麗。

洗面台

シャワー

洗面台、シャワーともに数が十分ある。
満室で使えないってことはないと思います。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ

シャンプー、コンディショナー、ボディソープも完備。
水圧も良好で文句なし。

以上が館内の様子でした。

キッチンホステルアオの朝食

カフェエリア

続いて、朝食のレポートです。
朝食は1Fのカフェスペースで食べます。

朝食の値段は500円

予約時に朝食を付けなかった場合は、500円で食べることができます。

朝食は
・パンケーキ
・シリアル食べ放題
・スープ飲み放題
・ワンドリンク
になります。

シリアル

シリアルは食べ放題です。

シリアルのトッピング

しかもシリアルのトッピングがかなり充実しています。
ヨーグルトやチョコレートソースなどの甘い物から、ハムやフルーツまで。

シリアルのトッピングでここまで揃っているのは嬉しい。

コーンクリームスープ

スープはコーンクリームスープでした。

パンケーキ

こちらが一通り取り分けてみた朝食。
パンケーキは甘いソースではなく、肉味噌?でいただくスタイル。
これが地味に相性良くて美味い。

ビジネスホテルのビュッフェほど揃っているわけではないけど、この値段でホステルの朝食なら十分ですね。

アクセス良好かつ綺麗なホステルでホステル初心者にもオススメ!

以上、THE KITCHEN HOSTEL AOの紹介でした!

こういったホステルに泊まることに対して抵抗がある人もいるかと思います。
ですが、ここは施設も綺麗だし、タオルなどのアメニティも用意されているので、ホステル、ゲストハウス初心者にもオススメできます!

値段も1泊約2000円程度なので、財布にも優しいです。

ゲストハウスにあるような宿泊者同士の交流はあまり期待できないかも。
交流が主のゲストハウスのように、宿泊者がたむろするコミュニケーションスペースみたいな場所がないからですね。

「宿泊費を安く済ませたい」
「綺麗なホステルに泊まりたい」
「那覇中心地でアクセス良好な場所がいい」
という方には非常にオススメできるホステルです!

また沖縄行ったときには是非とも利用したい。

キッチンホステルアオの予約はどこでする?

キッチンホステルアオは主要な予約サイトならどこでも予約できます。
日本のサービスでいえば、じゃらん楽天トラベルなどですね。

もちろん海外系のサービスでも予約可能です。
Booking.comExpediaなどですね。

どこも値段はほぼ変わらないので、自分が普段利用しているサイトで予約するのがオススメです。僕はBooking.comで予約しました。ホステル系はBooking.com系が一番安い気がする。

予約は下記リンクからどうぞ!
【国内サービス】
じゃらんで予約する
楽天トラベルで予約する

【海外サービス】
Booking.comで予約する
Expediaで予約する

沖縄観光ならガイドブックも合わせて購入するべし!

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!