Trip.com(トリップドットコム)でANAの格安航空券を発券してみた!ANA Discover JAPAN Fareで航空券を購入する方法

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
今回はANA Discover JAPAN Fareで航空券を手配したときのお話です。

つい先日、沖縄〜東京の航空券を探しており、いつもどおり、航空券比較サイトであるSkyScannerにて調べていました。

すると、フライト予定が休日にも関わらず、格安のANAの航空券を発見

【スポンサーリンク】

SkyScannerで航空券をチェック、値段が安いANAを発見

こちらが実際の画面です。
月曜日(祝日)の航空券ですが、11,634円と格安。

LCCと大差ない金額で販売されていました。

実際に航空券の販売サイトを見てみると…
「Trip.com」というサイトがあるではありませんか。

値段は11,745円でした。

※ Travel2BeやBudgetAirはさらに安いですが、☆の評価がかなり低い上に、日本語サポート窓口がないのでオススメしません

Trip.com(トリップドットコム)とは、旅行のオンライン予約サイト&アプリで、航空券・ホテル・鉄道などの予約ができます。
運営元は中国で最大手のオンライン旅行会社である「Ctrip」という会社です。Ctripは中国では超有名です。そんなCtripの外国人向けの姉妹サイトということです。

ANAでの正規の値段は…

ちなみに、ANAの公式サイトから値段を調べてみると…

18,390円でした。
Ctripと比べて、6,645円高いですね。

なぜこんなに金額が違うのでしょうか。
Trip.comで販売されているANAの航空券は「ANA Discover JAPAN Fare」という特別な運賃設定のためです。

ANA Discover JAPAN Fareとは?

訪日外国人向けに提供されたANAの運賃クラスです。
日本国外からの旅行代理店や旅行サイトで購入する場合に適用されます。

外国人向けではありますが、もちろん日本人の方でも問題なく利用できます。

ようするに、怪しい航空券ではなく、ちゃんとANAが設定している運賃クラスということですね。

というわけで、実際に航空券を購入してみました!

Trip.comで実際に予約してみた!

Skyscannerの「予約する」ボタンを押してTrip.comのサイトに遷移すると、こんな感じの画面が表示されます。

実際に金額も11,744円になってますね。

画面をスクロールして”乗客情報”を入力します。
氏名、性別、国籍、連絡先、パスポート番号など、国際線の航空券を買う時に入力する基本的な情報ですね。

乗客情報の入力後は、支払い用のクレジットカード情報の入力です。
VISA、マスター、JCB、AMEXが利用できるみたいです。

そして、なぜか値段が”1円”高くなってました。
さっきまで、11,744円だったのに、11,745円になってる。この1円の誤差は何なんだろう…。

誤差1円なので気にせず購入を進めますが、大きく金額が変わってしまう可能性もあるかもしれないので、一応ちゃんと確認しておきましょう。

無事に支払い手続きが完了し、予約完了。

予約状況をみると、「発券手続き中」というステータスになっていました。
だいたい発券まで2時間程度かかるみたいです。

約2時間後に、メールで航空券の発券情報が送られてきました。
こちらにANAの予約番号も記載されています。

ANAでステータスを確認

ANAの予約番号があったので、ANAのサイトで予約状況を確認してみます。

予約検索の画面に、メールに記載されていた予約番号と氏名を入力。
ちなみに、この予約クラスは国際線国内線区間扱いなので、「国際線の予約検索」から確認することになります。

必要情報を入力して進むと、「ANAウェブサイト(中国版)」という警告が。
Trip.comは大本のCtripが中国ということもあり、ANAの中国サイトと連携しているみたいです。

ANAの中国サイトといっても、通常のANAのサイトとなんら違いはないですね。
同意して次の画面へ。

無事今回購入した予約情報が表示されました。
ANA公式サイトで表示されているので、問題なく発券できていることがわかります。

運賃名も
「Super Value (ANA Discover JAPAN) 」
と記載されていますね。

格安で航空券を手配するならオススメ!

というわけで、実際にTrip.comで格安のANA航空券を購入してみました。
まだ搭乗していませんが、問題なく発券できています。

また、マイル加算は295マイルとかなり少なめ。

これは、ANA Discover JAPAN Fareの格安航空券は予約クラスが”K”となり、マイルやPP加算率は30%だからですね。
かつては、100%だったらしいですが、今は残念ながら30%になってしまいました。

なので、SFC修行などにはオススメできないですね。
ANAの航空券を格安で手配したい場合にのみ活用できそうです。

LCCは荷物などを付けるとなんだかんだ値段が高く付いてしまう場合もあるので、比較するとこういったANAのチケットのほうが安くなることもありそうですね。

以上、Trip.comで実際にANAの格安航空券を買ってみたレポートでした。

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!