機内持ち込み可能なLCC向きスーツケースとは?選び方とオススメを紹介

ここ数年でLCCの空路が拡大して、国内はもちろん、アジアなら新幹線より安い金額で海外に行けちゃう時代になってきました。
僕は飛行機利用はほぼLCCですね。

LCCは格安航空会社なんて言われたりするんですが、預入荷物、機内食などはオプションになり、こちらを申し込んだりすると、通常の航空会社と値段が変わらなくなってしまうこともあります。

機内食は我慢すればいいんですが、荷物はけっこうネックです。機内持ち込みできるサイズは決まっていて、何でも持ち込んでいいわけじゃないんです。

そこで今回は機内持ち込みができるオススメのスーツケース、キャリーケースを紹介しようと思います。

【スポンサーリンク】

機内持ち込みとは?

機内持ち込みというのは、飛行機に乗る際にチェックインカウンターで荷物を預けず、飛行機の中に持っていくことです。
航空会社ごとに機内持込できる荷物サイズや重量に制限があり、それを超えたものは預入荷物にしなければなりません。

各サイズと容量を紹介

日本国内で運航している主要LCCの荷物の制限について、まとめてみました。

航空会社 荷物サイズ&重量
エアアジア 56cm × 36cm × 23cm以内で、7kg以下のもの
+ハンドバック、PCバッグ類
ジェットスター 56cm × 36cm × 23cm以内で、7kg以下のもの
+ハンドバック、PCバッグ類
スクート 54cm × 38cm × 23cm(合計115cm)
お荷物1個のみ
7kgまで(パソコンが含まれる場合は+3kgまで)
バニラエア 56cm × 36cm × 23cm(合計115cm)
+ハンドバック、PCバッグ類
合計で10kgまで

機内持ち込みの基本重量は7kg以下ということですね。
7kgにはもちろんバック事態の重量も含まれています。

機内持ち込み可のスーツケース

通常のスーツケースだとサイズがオーバーしてしまうので持ち込みできないのですが、機内持ち込みサイズに合わせたスーツケースがあります。
国内外問わず飛行機を利用して旅行にいくと、空港までの移動などでスーツケースがないといろいろ不便なんですよね。LCCを利用して飛行機で国内、海外を移動する方はぜひとも持っておくといいかと思います。

ちなみに、エアアジア、ジェットスター、バニラエアは、この7kg以下の荷物に加えて、PCなどの携行品を入れたバックを別に持参することができます。

スーツケース、キャリーケースの選び方

スーツケースの選び方

機内持ち込みのスーツケースはいろいろなメーカーが出してます。
メーカーごとに機能は違います。
どんなふうに選べばいいのか、

容量

まずは容量ですね。どのくらい荷物を入れることができるのか。
メーカーによって様々ですが、だいたい26〜40リットルまで差があります。
基本的には容量が大きいほどスーツケース本体のサイズが大きくなり、本体重量は重くなります。

“大は小を兼ねる”という点でも大きい越したことはないのですが、日帰り利用、1泊利用などでも利用する場合は小さいほうが取り回しやすかったりします。
また、40リットル入ったとしても機内持ち込みの制限重量を超えてしまっては意味がないですしね。

本体の重さ

続いて、本体の重さ。
本体の重さはけっこう重要です。2〜4kgぐらいあるんです。
本体重量が3kg、機内持ち込みの制限重量が7kgの場合、実質4kgしか入れることができません。そのため、服とかタオルなどの旅行必需品をちょっと入れるだけで、7kgの制限はけっこうすぐに超えちゃいます。
個人的には重量3kg以下のスーツケースをチョイスするのがいいかと思います。

予算別

気になるのはお値段。
スーツケースの質次第で幅があり、5,000円〜20,000円までが多いですね。
サムソナイトやリモアなどの有名ブランドだと50,000円を超えるものもあります。

“安かろう悪かろう”で安いものほど壊れやすいです。1回使っただけでキャスター部分が外れてしまったなどの話もよく聞きます。
長く使うであろうスーツケース、ある程度予算に余裕をもって購入したほうがいいですね。

オススメのスーツケース、キャリーケースは?

本体の重さ、スーツケースの容量を加味して、予算に応じて選ぶといいかと思います。
いくつかオススメのブランド、製品をピックアップしてみました。

アメリカンツーリスター

まずはアメリカンツーリスターのアローナライトです。
サムソナイト傘下のスーツケースなので、ブランドとしても安心と信頼があり魅力的です。
本体の重さも2.7kgで軽いですし、32Lも収納できます。
カラーも5種類あるので、自分の好きなデザインに合わせてチョイスできます。
お値段は12000円程度。

ワールドホッパー

続いてワールドホッパーというスーツケースです。
こちらはメジャーなメーカーではないのですが、上記で紹介したサンコーやアメリカンツーリスターに比べて安いです。7000円程度で購入できます。
安い分、本体が3.2kgと重く、容量も26Lしかありません。

amazonのレビューの評判がよく、あまりお金を掛けたくないという方はこちらを購入するといいかもです。
なお、amazon限定商品なので、楽天やリアルな店舗での購入ができません。

サンコー

続いて、サンコーのツーリストクラブです。
サンコー鞄という明治26年創業の日本のスーツケースメーカーが制作しており、歴史があって信頼感があります。
このツーリストクラブは49cmと小型ながらも、容量が35Lもあります。本体重量も2.5kgしかなく、小さい、軽い、大容量のスーツケースですね。
お値段は14000円程度。

僕はこのスーツケースを購入しました。

購入したサンコーのツーリストクラブ

【2017年追記】
こちらのツーリストクラブですが、機内持ち込みサイズのものは残念ながら取扱がなくなってしまいました…。
代わりに、新しい「スカイマックス」というシリーズが発売されました。
容量が4Lもアップしているので、こちらもオススメです。

まとめ

LCCに搭乗する時の機内持ち込み用のスーツケースを紹介しました。
もちろん飛行機の場合に限らず、新幹線やバスの時でも利用できます。なので、個人的には多少お金がかかっても汎用性が高いほうがいいのかなーと思います。

日本国内やアジアをフライトするLCCが増えましたねー。
セールも年中やっているので、LCCを利用する機会が増えたのではないかと。

機内持ち込み用スーツケースは1つ持っておくといろいろ便利ですよー。
むしろ僕は大きいスーツケース持ってないんですけどね笑

参考になれば幸いです。

僕が購入したスーツケースのレビューは下記の記事です。
機内持ち込みスーツケースにはサンコーのツーリストクラブをオススメする

amazonで機内持ち込みスーツケースを探す
楽天で機内持ち込みスーツケースを探す

コスパ的にもアメリカンツーリスターはオススメ!

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ
このブログへのコメント
  • こんにちは!
    「機内持込可(100席以上)」とあってもLCCはさらに小さい基準なので、選択肢が少ないですよね。
    記事を参考にさせていただきました。
    ねづさんが選ばれたSUNCO(サンコー)製のスーツケースは、マチが24.5cmとあり、LCC各4社の23cmを超えておりますが、特に問題はないのでしょうか?(重さが範囲内であればサイズは多少超えても大丈夫とか)
    私も探している中で、「ほんの少し超えている」ことが多いので。
    よろしくお願いします。

    投稿した人 : hiro☆彡15年08月24日
  • > hiroさん
    コメントありがとうございます。
    日本国内のLCC(バニラ、ジェットスター、エアアジア)はもちろん、海外のLCCでも利用しましたが、止められたり、目を付けられたことは一度もありません。
    重さに関しては厳格なところが多いですが、サイズは多少(数cm)の範囲内では問題はないかと思います。
    参考になれば幸いです。

    投稿した人 : ねづ15年08月24日

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!