ファミリーサイズのベッドを設置しました!家族揃って同じベッドで寝るならファミリーベッドがオススメ

こんにちは、ねづ(nzakr)です。

新居への引っ越しに伴い、ベッドをファミリーサイズにしました!

ファミリーサイズとは横幅240cmの超大型ベッドのことで、名前の通り、ファミリー(夫婦+子ども)で一緒に寝ることができるベッドのことです。
いわゆる、ファミリーベッドです。

一般的に一番大きいとされるキングサイズは180cmであり、それよりも大きいサイズなので、まさに超大型です。

今回はこのファミリーベッドを導入したキッカケや設置の方法についてまとめてみました!

【スポンサーリンク】

ファミリーサイズのベッドを導入した理由とは?

冒頭で説明した通り、横幅240cmという超大型ベッドであるファミリーサイズ。

導入した理由は至ってシンプル、家族で同じベッドで寝たいからです。

もともとは夫婦でダブルベッドを使っていたんですが、子供が生まれたことで、今まで通りダブルベッドを使い続けることが難しくなりました。

もしダブルベッドを続ける場合、子供用にベビーベッドの導入ですね。

夫婦 → ダブルベッド
子供 → ベビーベッド

最初はこのケースも考えたんですが、ベビーベッドは半年〜1歳程度で卒業することが多いらしく、いずれ使えなくなります。また、ベビーベッドが子供に合わず寝てくれずに結局使わなかったという話も聞くので、ベビーベッド案はやめました。

というわけで、我が家はこれまで以下のスタイルに。

妻+子供 → ダブルベッド
自分 → 来客用の布団

自分のポジションを子供に譲り、来客用にしまっておいた布団を臨時で僕が使うパターン。臨時といえど5ヶ月ほど使っていましたけどね。

ちょうど引っ越しするタイミングで家族で一緒に寝ることを検討。
“布団で川の字”という王道スタイルファミリーベッドの2択の候補が挙がり、「できればベッドがいいよね」と妻と会話して、ファミリーベッドの導入に至りました。

サイズ的には子供がもう一人増えたとしても寝ることは可能です。

参考までにベッドのサイズは以下の通りです。

セミシングル 80cm
シングル 97cm
セミダブル 120cm
ダブル 140cm
クイーン 160cm
キング 180cm
ワイドキング 200cm
ファミリー 240cm

下2つのワイドキングとファミリーはあまり一般的に聞かないサイズかも。
なお、さらに大きい260cmや280cmといったサイズもあるみたいです。

ファミリーサイズのベッド 導入方法

ファミリーサイズのベッド(横幅240cm)ですが、
残念ながら一般的に売っているサイズではないです。

そのため、ベッドを組み合わせて設置することになります。

具体的には以下2つのパターンです。

  • 1. シングル(97cm) + ダブル(140cm)
  • 2. セミダブル(120cm) + セミダブル(120cm)

我が家は(1)のパターンにしました。
子供が大きくなったらベッドを分離して、ダブルを夫婦用、シングルを子ども用と分けて使うことができるので。

ようするに、同じベッドのサイズ違いを購入して、並べて設置するわけです。
ただし、シーツや敷きパッド(ベッドパッド)はファミリーサイズで購入するので、外観だけを見ると大きいベッド一つのように見えます。

夫婦+子供1人であれば、シーツや敷きパッドをファミリー用にせず、ダブルベッドとシングルベッドを隣に並べるだけでいいかも。
子供が2人になった場合などは連結されていたほうが広く使えるので、我が家は最初からファミリーサイズとして導入することにしました。

ファミリーサイズのベッドを実際に設置するまで

実際に自分がどのようにファミリーサイズのベッドを設置したか、写真付きでご紹介します!

ちなみに、購入したベッドはコアラ・マットレスです。

オーストラリア発祥のインターネットでのみ販売されている最近人気が急上昇しているウレタンマットレスです。

コアラ・マットレスのシングルサイズ、ダブルサイズを1つずつ注文。
それらを並べて設置しました。

ねづ
横幅237cmなので、6.5畳の寝室がほぼベッドスペースになりました。

このままシーツを被せると、ベッドに乗ったときや寝返りなどの動きでベッドがズレてしまうので、2つのベッド同士を固定するバンドを取り付けます。

ついでに、ベッド同士の隙間を埋めるパッドを装着。

なかなか目にする機会はないと思いますが、ベッド連結用のベルトや隙間パッドという専用品が売っています。

ただ量販店ではなかなか見かけたことはないので、買う場合はネットになりますね。僕は楽天で↓のやつを購入しました。

その上に敷きパッドを被せて…

さらにその上にシーツを被せます。

敷きパッドとシーツもサイズ的に量販店では取り扱いが少ないので、楽天市場にて購入しました。品数は少なめですが…。

ねづ
敷きパッドとシーツは↓↓のものを購入しました!

あとは、掛け布団と枕、クッションをセットしてベッド完成!

ベッドのサイズに対して飾りのクッション数が足りず微妙ですが…。
ちなみに、ベッドフレームはヘッドレスのすのこベッドを使っています。

なお、掛け布団はファミリーサイズのものではなく、ダブルとシングルのものそれぞれ使っています。
ファミリーサイズのものだと、寝返りした際に巻き込んで取り合いになってしまう可能性があるので…。

ねづ
我が家はこのファミリーサイズのベッドで夫婦+子供の3人で寝る生活になりました。

家族で同じベッドで寝たいならファミリーベッド!

もともとダブルベッドで妻+子供、自分は布団で寝ていたので、ようやく家族で同じベッドで寝る生活がスタートできました。

夫婦でダブルベッド生活をしていた方は、子供ができたタイミングで「寝具をどうするか」を考えることになるのではないでしょうか。

その際にファミリーサイズのベッド(ファミリーベッド)を一度検討される方も多いかと思います。ただ、いかんせんこのサイズは店頭では見かけない&そもそも正規サイズがないので、検討が難しいです。

というわけで、実際にファミリーベッドの導入レポートを書いてみました。

ファミリーサイズのベッドってどうなんだろう?という方の参考になれば幸いです。

ファミリーベッド導入のために購入したもの達↓↓
▼ベッド
通気性抜群の高品質ウレタンマットレス【コアラ・マットレス】

▼すきまパッド

▼シーツ

▼敷きパッド(ベッドパッド)


この記事を書いた人
ねづ
妻と娘(0歳)と3人暮らし。 「育児 × 旅」をテーマに"パパ目線の子育て"と"子連れ旅行"についてブログを書いてます。 ANA&JAL両方とも上級会員(SFC&JGC)、SPGアメックス所有して、オトクな旅行を追求するのが趣味。本業はメディア系の企業でプロダクトマネージャー。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

妻と娘(0歳)と3人暮らし。
「育児 × 旅」をテーマに"パパ目線の子育て""子連れ旅行"についてブログを書いてます。
ANA&JAL両方とも上級会員(SFC&JGC)、SPGアメックス所有して、オトクな旅行を追求するのが趣味。

本業はメディア系の企業でプロダクトマネージャー。

詳しいプロフィールはこちら

Youtube始めました!
写真や文字では伝えられないことは動画で発信していきたいと思います!

最新動画

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!