Apple Watch Series5 GPSモデル 44mmを購入しました!購入したキッカケと利用レビュー

こんにちは、ねづ(nzakr)です。

およそ一ヶ月ほど前になりますが、
Apple Watch Series 5を購入しました。

9/24の発売日にビックカメラの有楽町店に開店と同時に行き、d払いの20%CBキャンペーンを利用して購入しちゃいました。

今更感はありますし、ガジェットブロガーの方々が即効でレビューを上げている中ではありますが、自分がApple Watchを購入したキッカケや目的を含めて、レビューしてみたいと思います!

【スポンサーリンク】

Apple Watchを買った理由

そもそも、Apple Watchって、自分の日常生活において、あまり必要性が感じられませんでした。

手持ちのガジェットは以下の通り。

  • PC : Mac Book Pro 13 inch Retina
  • スマホ : iPhone Xs
  • タブレット : iPad mini + Apple Pencil

ようするに、基本的にはApple製品ばかり使っているいます。それゆえ、Apple Watchも欲しいとは思っていたんですが、普段の生活での利用シーンが思い浮かばなかったんですよね。

ねづ
かつて初代を買ったことがあるんですが、1ヶ月で売ってしまった経験があります笑

そんな僕が今回購入を決意した理由が
フルマラソンの出場が決まったからです。

マラソンの練習の計測をしたい

今年、初めて東京マラソンに当選しました。
7年連続で応募しては落選を繰り返していたんですが、ようやく走る権利を手に入れることができました。

そのため、マラソンの練習、すなわちランニングをする必要ができたんです。

マラソンの練習においては、自分の走るペースやスピードを掴むため、日々のタイム計測が必須。
これがApple Watchの購入目的です。
もちろん練習のログを記録したいのもありますが…。

ガーミンなどのマラソン専用の時計(ランニングウォッチ)を買うのも検討しましたが、単純にApple Watchの方が機能が充実しているんです。

例えば、以下のような理由があります。

  • ・単体で音楽を聞けること
  • ・モバイルsuicaが単体で使えること
  • ・普段使いでも利用シーンがあること
ねづ
ランニングウォッチだとそれ専用でしか利用できませんが、Apple Watchなら日常生活でも活躍の場がありますしね。

実際はもっと細かく比較したので、それについては以下の記事にまとめました。

iPhoneの通知を逃さないようにしたい

購入の一番の理由はマラソンの練習用途なんですが、もう1つの理由をあえて挙げるとすれば、「iPhoneの通知を確実にキャッチするため」というのがあります。

ここ最近、iPhoneのPush通知を逃しがちになりつつありました。

特に電話。ちゃんとバイブは機能しているんですが、たぶん5割くらいしか反応できていない気がする。

iphoneのバイブ、弱くないですか…?
僕が単純に反応できていないというのはありますが、バッグの中に入っていたりする時もあるし、わりとスルーしがちだったんですよね。

Apple Watchであれば、iphoneの通知と連動して、手首でバイブするので確実に反応できます。

マラソンのログと日々の通知をキャッチするという2つの理由から欲しいなーと思っていた矢先、新作となるSeries 5が発売されたので購入に踏み切りました。

今回の目玉である常時表示に惹かれたというわけではないので、旧世代のApple Watch Series 4を新古品で買うことも検討しましたが、そこまで価格差がなかったので、新品でSeries 5を購入しました。

Apple Watch 開封の儀

Series 5の中にもいくつか種類がありますが、今回購入したのは、
シルバー アルミニウムケース 44mm GPSモデルです。

自分は手首細めなので40mmと迷いましたが、画面は大きいほうがいいというレビューをあちこちで見かけたので、44mmにしました。

ねづ
ギリギリまで40mmと迷ったけど、結論として44mmで正解でした。

今更ですが開封の儀を。

細長い白い箱に包まれたApple Watch。

内側にApple Watchのデザインが施された包装紙を外すと、本体の箱がお見えに。

箱の裏面に製品の型番が記載されています。

時計本体のほか、付属の純正バンド。

Applew Storeのオンラインで買うと、バンドのカラーも選べるみたいですが、今回はビックカメラでの購入だったので選べませんでした。

なので、スポーツバンドの白です。
※ こちらは今も使っていません

時計本体。

付属品は
・充電器ケーブル
・USBのアダプタ(コンセント)
・純正バンド
になります。

自分の持っているiPhoneと近づけると自動で初期設定が始まります。

画面の指示に従ってポチポチするだけでOK。
この初期設定のわかりやすさ、簡単さは本当に素晴らしい。

無事にApple Watch Series 5を自分の身に装着することができました。
※腕の毛は気にしないでください笑

利用している文字盤

利用している文字盤はモジュラーです。

一つの画面に複数の情報を表示できるので、気に入ってます。
表示している情報は以下のとおり。

  • 右上 : 時計 ※固定
  • 左上 : 日付
  • 中央 : アクティビティ
  • 右下 : バッテリー
  • 中下 : 降水確率
  • 左下 : 天気

ねづ
中央の表示をアクティビティにするか、スケジュールにするかはまだ試行錯誤中ですね。

ワークアウトアプリを使ってみた

当初の目的であるランニングのログは標準アプリ『ワークアウト』にて行えます。
Nikeやruntastic等、同類のアプリもありますが、僕は標準のアプリで十分満足しています。

詳しいレビューはまた別の記事にて紹介しますが、iphoneを持たずにワークアウトしても、こんな感じでしっかり記録を残すことができます。

実際に走ったルートもかなり正確に記録されました。

ねづ
ランニングの際に、iPhone持たなくていいのはとても快適。
最近のiPhone、サイズが大きい分、重量も重いので…。

Apple Musicに切り替えました

今回のApple Watch購入に伴い、Apple Musicの有料会員になりました。

もともとずっとSpotifyを利用していたんですが、Apple Watch単体でストリーミング音楽を聞けるのはApple Musicのみなので、切り替えたということになります。

SpotifyやAWAなども、Apple Watch用のアプリをリリースしていますが、iPhoneという母艦ありきのアプリになっています。
Apple Watchアプリ側からは、再生、停止、スキップ等の操作のみになります。

「このアプリにしかない音楽がある!」っていうようなコアな音楽を聞くタイプではないので、どの音楽アプリでも十分ということもあります。

ねづ
ランニングの際にスマホを持ちたくないけど、音楽を聞きたいので、Apple Musicにしました。

初のApple Watch!日常生活にもスポーツにも活用!

以上、Apple Watchの購入に至ったキッカケと、購入後の設定とか切り替えについて、レビューしてみました。

購入してからすでに一ヶ月経っていますが、毎日身に着けて活用しています。

時計としてのデザインも悪くないですし(まあこれは個人によりますが)、アクセサリとしても馴染みます。

バンドもかんたんに交換可能なので、気分や用途に合わせて使い分けするなんてこともできますね。
僕は今の所1本でやりきってますが、普段使いとランニングで分けようかなと検討中です。

実際に使い始めて感じた便利な部分だったり、ちょっと微妙に感じている部分だったりを感想として別記事にて、まとめました!


この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)とカナダ(バンクーバー)で留学後、日本に帰国。海外旅行ネタを中心に、日々の生活を雑記ブログとして書いています。

詳しいプロフィールはこちら

Youtube始めました!
写真や文字では伝えられないことは動画で発信していきたいと思います!

最新動画

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!