Apple WatchとガーミンのForeAthleteを徹底比較!ランニングウォッチならどちらを買うべきか?機能別オススメまとめ

こんにちは、ねづ(nzakr)です。

東京マラソンに当選し、初出場となるフルマラソン感想に向けて日々ランニングをするようになりました。

マラソンの練習、すなわちランニングをするとなると、ランニングウォッチが必要になってきます。自分のペースやスピードを知ったり、走った総距離をログとして残したりしたいですしね。

ランニングウォッチのメーカーといえば、ガーミンが圧倒的に有名ですが、最近ではApple Watchを利用している人も増えています。

ねづ
かくいう僕も散々迷った挙句、Apple Watchを購入しました。

それぞれメリット・デメリットがあり、どちらが絶対的に優れているというワケではありません。

そこで、
「ガーミンとApple Watchを機能、性能、価格で比較して、どちらがどういう人に合っているのか」
をまとめてみました!

【スポンサーリンク】

Apple Watchとは

Apple Watchは、皆さんご存知iPhoneやMac Bookで有名な世界的メーカーのアップルが発売しているスマートウォッチです。

一番最初の発売は2015年で、現在ではSeries 5(第5世代)まで進化しています。

ランニングウォッチとして実用的になったのは、Series 3からだと思います。
初代はそもそもGPSが付いてなかったし、Series 2はバッテリーが保たないと言われていました。

最新のSeries 5ではコンパス機能や常時表示も可能になり、利用しているランナーも確実に増えてきている感じがします。

ねづ
皇居ラン中に、ランナーの腕時計に目をやると、Apple Watchを付けている人けっこういますね。

製品ラインナップとしては、
GPSモデルセルラーモデルの2種類があります。
Apple Watch単体でモバイル通信ができるかどうかの違いです。

また、最新はSeries 5ですが、廉価版のSeries 3も価格を下げて再発売されています。

製品名 価格
Apple Watch Series 3 (GPSモデル) ¥21,769
Apple Watch Series 3 (セルラーモデル) ¥33,880

※ 上記は38mmの価格(Amazon)になります

製品名 価格
Apple Watch Series 5 (GPSモデル) ¥47,069
Apple Watch Series 5 (セルラーモデル) ¥59,169

※ 上記は40mmの価格(Amazon)になります

Series3であれば、2万円ちょいの価格帯ですね。
一方セルラーモデルだと値段も高くなります。

ねづ
僕はApple Watch Series 5のGPSモデル(文字盤44mm)を購入しました。ランニングに限れば、GPSモデルで十分だと思います。

ガーミンとは

ガーミンといえば、ランニングウォッチで超有名なメーカーですね。

ガーミン自体はアメリカのGPS機器メーカーで、GPS技術を活かして、様々なガジェットや電化製品を出しています。アメリカではカーナビでも有名です。

日本ではスマートウォッチ、とりわけランニングウォッチとして名を知られていて、Apple Watch登場前は、ガーミンの一強だったのではと思います。

ガーミンのランニングウォッチといえば、ForeAthleteシリーズ。
製品ラインナップもビギナー向けのものから、多機能かつアスリート向けまでかなり幅広くあります。

製品と価格帯は以下の通り。

製品名 価格
ForeAthlete 230 ¥17,820 最安!
ForeAthlete 45 / 45S ¥24,800
ForeAthlete 235 ¥27,770
ForeAthlete 245 ¥34,789
ForeAthlete 245 Music ¥39,800
ForeAthlete 645 ¥43,788
ForeAthlete 645 Music ¥47,128
ForeAthlete 935 ¥57,222 ※トライアスロン向け
ForeAthlete 945 ¥69,180 ※トライアスロン向け

ForeAthlete 230は2万円切りという最安値。価格の安さゆえか初心者ランナーには人気で、Amazonでのレビュー数も群を抜いて多いです。
ただ、機能はランニングの計測のみとなっており、音楽を聞いたり、心拍数を計測することはできません。

ウォッチ単体で音楽を聞くとなると、Music機能を搭載した上位機種のForeAthlete 245 MusicまたはForeAthlete 645 Musicになりますが、その分価格も高くなります。

Apple WatchとガーミンのForeAthleteを徹底比較!

どちらがどのように優れているのでしょうか。
実際にApple WatchとガーミンのForeAthleteシリーズで比較してみました。

価格

製品によって価格がバラバラなため単純比較は難しいんですが、単純なランニングの記録であれば、ガーミンのForeAthlete 230jが最安ですね。
2万円を切る唯一の商品です。

一方、音楽を聞きたいという条件を加味すると、Apple Watchのほうが安いです。

ガーミンだと単体での音楽再生はForeAthlete Music 245で39,800円になります。
一方Apple WatchはSeries 3(約2.1万円)でも再生可能なのでApple Watchのほうがコスパはいいです。

バッテリー

続いてバッテリー、充電の持ち具合についてです。
この点は、ガーミンの圧勝だと思われます。

公表されている時間は以下の通り。

Apple Watch series5
1日のバッテリー駆動時間 : 18時間
GPSを使用した屋外ワークアウト : 最大6時間

Apple Watch series3
1日のバッテリー駆動時間 : 18時間
GPSを使用した屋外ワークアウト : 最大5時間

ガーミン ForeAthlete 230
時計モード : 約12週間
GPSモード : 約16時間

ガーミン ForeAthlete 645
スマートウォッチモード : 約12週間
GPSモード : 約14時間

ガーミンはすごいですね。
Apple Watchのバッテリー持続時間の倍以上あります。

Apple Watch Series 3だとGPSワークアウトで5時間なので、フルマラソンの計測となるとサブ5で完走できる人に限定されてしまいます。

Series 5であれば余裕はありそうです。実際はBluetoothをオフにしたり、通知を切ったりすれば、もう少し長い時間は持つみたいです。

ただし、ウルトラマラソンやトライアスロンなどの場合は、ガーミン一択です。

充電方法

充電方法はそこまで差はないです。

Apple Watchは専用の充電器の上に置くだけで充電できます。

ガーミンのForeAthleteも、専用の充電クリップで挟むだけです。

ねづ
micro USBなどのケーブルを抜き差しがあると手間になるんですが、そういったことはなく、手間観点では変わらなそう。

画面の視認性

画面の見やすさについては引き分けとしました。

ここは正直、慣れや好みの部分があると思います。

ForeAthleteは円形の時計型、Apple Watchは四角形です。四角形の時計があまりデザイン的に好きじゃないという人もいますしね。
また、Apple Watchの場合はアプリによって、計測時の表示内容が異なります。

操作性

操作はやはりApple Watchでしょう。

iPhone、iPad、Mac bookなどの圧倒的に優れた操作性のデバイスをこれまで開発つくってきたAppleですからね。

タッチパネルゆえに直感的な操作のしやすさは抜群です。
スマホを使ったことがある方なら説明書なくとも簡単に使えちゃいます。

一方ガーミンは従来の腕時計同様ボタンなので、なれるまでは操作に苦労しそうです。

計測できるもの

Apple Watchもガーミンも、
基本的にランニングに必要な項目はどちらも計測できます。

走行距離、時間、コースマップ、1km毎のラップタイム、ラップペース、平均ペース、消費カロリー、心拍数、ケイデンス、高低差、高度など

また、ガーミンは別オプションのランニングダイナミクスポッドというガジェットをセットで装備すると、ランニングフォームの改善に必要なデータ(ピッチ、ストライド幅、接地時間、左右バランス、上下動比など)も計測できます。

なお、ガーミンは睡眠時間も計測できます。

ねづ
ただ、睡眠や歩数計など日常生活の指数の計測なら、Withingsなどの日常生活向けのスマートウォッチを使ったほうがいいと思います。電池も数ヶ月〜半年も持つので。

GPSの精度

ガーミンのほうが精度は優れていると言われています。

ただ、街中や一般的なランニングコースを走るだけであれば、Apple Watchでもかなり正確に記録できるので、体感で精度の差は感じないと思います。

これ、実際に僕が走ったときの記録ですが、きちんと走ったコース通りに記録されています。

ねづ
道間違えてちょっと戻った部分まで正確に記録されている笑

音楽

ガーミンの勝ちですね。
USBでのデータ取り込みはもちろん、ストリーミングの音楽サービスとも連携しています。

なお、音楽再生機能があるのは245、645、945のみとなります。

Apple Watchもストリーミングの音楽サービスと連携しているのですが、Apple Watch 単体で再生できるのはApple Musicのみとなっています。

ねづ
僕も数年間ずっとSpotifyを使っていたんですが、これを機にApple Musicに切り替えました。

その他機能

その他に関しては、やはりApple Watchが優れています。

一番はやはりApple Payかな。
iPhoneと通信がない状態でも決済処理ができます。

ガーミンもガーミンペイという機能があるみたいですが、どこまで使えるのは不明ですし、Apple Payよりも優れた機能になることは難しいでしょう。

ただし、スマホはiPhoneを使っていることが最大の条件になるかなと。

まとめ

  • 価格 → 製品による
  • バッテリー → ガーミンの勝ち
  • 画面のみやすさ → 引き分け
  • 操作性 → Apple Watchの勝ち
  • 計測できるもの → ガーミンの勝ち
  • GPSの精度 → 引き分け
  • 音楽 → ガーミンの勝ち
  • その他機能 → Apple Watchの勝ち

価格の部分を除けば、
Apple Watch 2勝
ガーミン 3勝
となります。

ねづ
完全個人的な意見で付けた勝敗なので、あまり参考にはならないかもしれませんが…笑

それぞれどんな人に向くか

勝ち負けだけでいえばガーミンかもしれませんが、使い方や目的によって、どちらを買うべきかはもちろん変わります。

ランニングという観点のみでいえば、ガーミンのほうが正直優れていますね。
本格的にタイムを狙う方、アスリート気質の強い方は確実にガーミンを選ぶべきです。

一方僕のように、マラソン初心者、ファンランナーであったり、日常生活でも活用したいという方なら、Apple Watchのほうがオススメです。

また、日常生活でいうと、Apple Watchはスーツや私服でも似合いますね。
実際、Apple Waychを身に着けている人は多いですが、ガーミンの腕時計を私服やスーツと合わせている人はあまり見かけない気がします。

ねづ
Apple Watchは日常生活で身に着けていても普通にオシャレでカッコいい!

まとめると以下のような感じでしょうか。

ガーミンを買うべき人

  • タイムを本気で狙うようなスーパーランナー
  • ウルトラマラソン、トライアスロンに参加する
  • Androidのスマホを使っている
  • ランニング専用で日常生活では使う予定はない

Apple Watchを買うべき人

  • 初心者ランナー、ファンランナー
  • スマホはiPhoneを使っている(絶対条件!)
  • 日常生活でも便利かつオシャレに使いたい

ガーミンとApple Watchを迷われている方も多いと思います。そういった方の検討の参考になれば幸いです。
自分の使い方、目的に合わせて、満足する1品を選んでください!

ねづ
僕は初心者ランナー、iPhoneユーザー、日常生活志向だったので、Apple Watchを購入しました。

僕が購入したApple Watchは↓↓

初心者がガーミンを買うならForeAthlete 230Jがオススメ!

ガーミンで音楽を聞きたいならForeAthlete 245 Music!


この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

Apple WatchとガーミンのForeAthleteを徹底比較!ランニングウォッチならどちらを買うべきか?機能別オススメまとめ
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)とカナダ(バンクーバー)で留学後、日本に帰国。海外旅行ネタを中心に、日々の生活を雑記ブログとして書いています。

詳しいプロフィールはこちら

Youtube始めました!
写真や文字では伝えられないことは動画で発信していきたいと思います!

最新動画

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!