Apple Watchと一緒に買うべきアクセサリ・備品まとめ!オススメを一挙紹介

こんにちは、ねづ(nzakr)です。

Apple Watchを購入して以来、毎日欠かさず腕につけて活用しています。
最初は使いこなせるかなーと思っていたんですが、いい感じに活用できていて気に入っています。

そんなApple Watchですが、一緒に購入したアクセサリーがいくつかあります。

ねづ
こういったガジェットにはいろんな関連アクセサリが売られていますが、僕はいつも最低限のものしか用意しない派です。

というわけで、今回は自分が買った最低限必要だと思うアクセサリーを紹介したいと思います!

【スポンサーリンク】

ケーブル長30cmの充電器

まずは予備用の充電器
充電用のケーブルですね。

本体に付属品として1mの専用充電ケーブルが付いてきますが、1本だと足りないです。

Apple Watchはほぼ毎日充電が必要になるため、
「家に帰宅したら外して充電ケーブルがある所定の場所に置く」
というルーティンになります。

この際、ケーブル1本で運用した場合、外で使うには毎回ケーブルを外して持っていき、帰宅したらケーブルを戻すという面倒なことをしなければなりません。
まあこれはiphoneでも一緒ですね。スマホの充電ケーブルを1本しか持っていないという人はいないと思います。

ようするに、“外出用”の充電器を別途用意しました。

なお、充電器は純正品を買いました。
ケーブルの長さが30cmのもののものです。

スマホと違って、充電しながら操作することはないから短くても問題なしです。

ねづ
外出用なので短いほうが扱いやすいし、30cmであればケーブルが絡まってしまうことがないですしね。

非純正品(バルク品)も売っていますが、iphoneのライトニングケーブルと違って充電ケーブル1本あたりの金額が高く使えなかった場合のリスクが嫌なので、無難に純正品を買っておいたほうがいいです。

液晶保護フィルム

液晶保護フィルムも買いました。

全面タッチパネルなので指紋でベタベタになるのは嫌だなーと。
また、腕時計って知らぬ間に文字盤にスレやキズが付きやすいですからね。
それを避けたかったので、液晶保護フィルムを購入しました。

特に、Apple Pay(モバイルsuica)の利用でApple Watchを読み取り機器や改札にかざす際、画面が接触して細かいキズがついてしまうのを防ぐ狙いもあります。

Apple Watchの液晶保護フィルムにはいろいろなタイプがあります。

  • 本体全体をカバーするタイプ
  • ガラスフィルム
  • TPUフィルム

僕はTPUフィルムにしています。

TPUフィルムとは … TPUという素材でできたフィルムで、触感はゴムのようなものです。衝撃吸収性があり、スマホのフィルムやカバーでよく利用されています。

なお、ガラスフィルムはオススメしません。
Apple Watchの液晶は端が湾曲しているため、ガラスフィルムだと湾曲部分にうまく貼ることができず、端から気泡が入りやすいです。

カバータイプは本体を覆うケースです。


こんな感じのケースです

このタイプだと本体全体的にキズを防げますが、外観がゴツくなりがちです。

というわけで、無難なTPU素材にしました。

Amazonだといろんな価格帯のものが売られていますが、そこまで大きく変わらないので、一番安くて枚数が多いやつを買えばOKだと思います。

ねづ
僕は↓のTPUフィルムを買いました。
6枚入りなので貼るのに失敗しても余裕があるやつですね。


バンド

バンドは新規で安いものを買いました。

本体購入時にApple純正のバンドが一つ付いてくるんですが、スポーツバンドで色が白でした。白だとどうしても汚れが目立つので嫌だなーと。

ねづ
オンラインストアで買うと色選べるみたいですが、店舗(ビックカメラ)だと選べませんでした。

また、純正のバンドはフリマで高く売れるので、あえて使いたくないのもあります笑

なので、Amazonで安いバルク品を買いました。
購入したのはこちらのスポーツタイプのバンド↓↓です。

なんと700円というコスパ
※2019年10月現在の価格です

利用して1ヶ月以上経ちますが、純正と遜色なく使えています。

ねづ
純正のバンド、高すぎません?純正品のスポーツバンド、5,000円以上します。7倍以上の価格差…。

3〜4ヶ月に1回買い直ししたとしても、バルク品のほうが安く済みますね。

なお、Apple Watchはバンドの交換も簡単なので、私服用、ランニング用、フォーマル用と用途に応じてバンドを分けてもいいのかなーと。
僕は今の所スポーツバンド1本ですが、そのうち分ける予定。

充電スタンド

Apple Watchの充電スタンドも買いました。

スタンドなくても特に困るわけではないんですが、なんとなくスタンドに立てかけている方がかっこいいなーと思って買いました。

Apple Watchと充電器って磁石でくっつく仕組みなんですが、床とか棚に直置きだと充電器がポロって離れてしまうことがあります。

なので、スタンドに付けているほうがApple Watchと充電器の取り外しがラクです。
また、ケーブル単体だとケーブルの先端が迷子になりがちなので、スタンドで固定させている意味もあります。

買ったスタンドはスマホケースでも有名なSpigenの製品です。

あくまでスタンドであり、スタンド単体には充電機能はありません。

スタンド本体にこんな感じで穴が空いていて、ここにApple Watch充電器の先端をはめ込むだけです。

純正の充電器に合わせて作られてるので、バルク品の充電器だとハマらないかも。

ねづ
僕は付属の1mの充電ケーブルをセットして、枕元に置いてます。

イヤホン

最後に紹介するのがBluetoothのワイヤレスイヤホン

これはApple Watchの備品というわけではないんですが、Apple Watchと合わせて購入したので、合わせて紹介。

ランニング用のBluetoothイヤホンとして買いました。
両耳がそれぞれワイヤレスになっているカナル式タイプのものです。

購入したのはAnker Soundcore Liberty Neoという商品。
モバイルバッテリーで有名なAnker(アンカー)というメーカーのものです。
値段は5000円とコスパ良好の一品です。

ランニングのときはApple WatchとこのAnkerのワイヤレスイヤホンをBluetoothで接続して音楽を聞いてます。
IPX7という防水規格なので、ランニング中の汗も問題なし。

最近ではAirpod Proというノイズキャンセリングかつカナル式のApple製のイヤホンが登場しましたが、いかんせん高い…。

ランニングって汗をかくし、走ってる最中は音質とか気にならない(気にしてられない)ので、そこまで高級なイヤホンを使う必要はないため、Ankerのイヤホンを使い続けてます。

左右完全ワイヤレスのBluetoothイヤホンはAmazonだと中華製の怪しい高レビュー商品が多いので注意。

ねづ
コスパ重視なら、僕が買ったAnkerのやつが安牌だと思います!

Apple Watchのアクセサリは必要なものを買おう!

Apple Watchのアクセサリ、または一緒に購入したモノを紹介してみました。

他にもいろいろありますが、だいたいこんなもんで十分じゃないかなーと思います。
今のところ、僕もここで紹介したものを買っただけですが、アクセサリで不足を感じたことはありません。

アクセサリは何も買わなくても問題はないですが、強いてあげるなら、30cmの充電ケーブルと液晶保護フィルムはあったほうがいいかなーと思います。

Apple Watchの購入を検討している方や、アクセサリ何買えばいいか迷っている方の参考になれば幸いです。

僕が利用しているApple WatchはSeries 5 44mm シルバーのGPSモデルです。


この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

Apple Watchと一緒に買うべきアクセサリ・備品まとめ!オススメを一挙紹介
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)とカナダ(バンクーバー)で留学後、日本に帰国。海外旅行ネタを中心に、日々の生活を雑記ブログとして書いています。

詳しいプロフィールはこちら

Youtube始めました!
写真や文字では伝えられないことは動画で発信していきたいと思います!

最新動画

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!