【カナダ・ホワイトホース旅行記1日目】バンクーバーからホワイトホースへ!初日からオーロラ鑑賞に挑戦!

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
6月よりカナダはバンクーバーのカレッジにて留学中なのですが、夏のバケーションを利用して、8月末にホワイトホースに行ってきました。

ホワイトホースといえば、カナダの有名なオーロラ観測スポットです!
日本人に有名なのはイエローナイフですが、イエローナイフと並んで挙げられるのがホワイトホースです。

オーロラ鑑賞といえば冬のイメージですが、なんと夏でも鑑賞できます。
冬だとマイナス30度という気温の中の鑑賞ですが、夏なら凍えることなく快適に鑑賞することができるらしい。
ちなみに、夏の鑑賞シーズンは8月下旬〜9月上旬らしい。

というわけで夏のホワイトホース、オーロラ鑑賞ツアーに行ってまいりました!
ちなみに、3泊4日というスケジュールです。

【スポンサーリンク】

バンクーバーからホワイトホースまで

バンクーバー国際空港の国内線ターミナル

まずはバンクーバー国際空港からホワイトホース空港まで。
バンクーバーに住んでいるのでバンクーバーからのフライトですが、日本からフライトする場合もこのバンクーバー国際空港で乗り換えることになります。

ちなみに、今回は日本の旅行会社のツアーに現地参加する形の旅行です。

エアノースのフライトチケット

今回利用した航空会社はエアノース(AirNorth)
エアノースとは、カナダのユーコン準州に本部を置く航空会社です。
主にホワイトホースを中心にフライトしているので、日本人にはかなり馴染みのない航空会社ですね。

あえて珍しい航空会社乗ったほうが面白いかなーと思ってチョイス。

フライトは11:00〜13:25の約2時間半。
ちなみに、フライトナンバーは4N506でした。

プライオリティパスで使えるバンクーバー国際空港のラウンジ

チェックインと荷物検査を終えた後はさっそくラウンジへ。
楽天プレミアムカード付帯のプライオリティ・パスで利用可能です。

通常こういったラウンジは国際線の出国審査後にあるんですが、バンクーバー国際空港は国内線エリアにもあるので嬉しい。

バンクーバー国際空港の国内線ターミナルのラウンジ利用レポート!

ボーディング

ラウンジで朝食を食べつつボーディングへ。
ボーイング737でした。

ホワイトホース到着

2時間半のフライトを終えてあっという間にホワイトホース到着。
荷物受け取りのカルーセルにエルクの剥製が。
同じような剥製がカルガリー空港にもあった気がする。

ホワイトホース空港の内部

ホワイトホース空港はすごく小さい。
お土産屋とレストランが1店舗ずつあるだけの簡素な空港でした。

ホワイトホース国際空港

外に出てみた。
パッと見もはや街の駅みたいな空港だなー。

外がいい感じに夏晴ですが、半袖だと普通に寒いレベルでした笑

送迎シャトル

空港から送迎用シャトルバスに乗ってダウンタウンへ。
3日間の移動はずっとこのバンにお世話になってました。

ホワイトホースのダウンタウン散策

ダウンタウンの散策

まずはダウンタウンの散策へ。
ちなみに、日本から合流する友人より早く着いたので、僕だけ一人でダウンタウンを散策しました。

結論から言うと、想像以上にダウンタウンが小さい笑

ちなみに、ホワイトホースはユーコン準州に属している街です。

スターバックス

一応スターバックスはありました。
カナダってどこにでもスタバあるイメージ。

ちなみに、バンクーバーには日本のコンビニ並みにスタバがあります。

ティム・ホートンズ

ティム・ホートンズもあった。
カナダのお馴染みコーヒー&ドーナツカフェですね。

お土産売り場の通り

こちらがお土産売り場が並ぶ通り。
といっても3店舗くらいしか店ないけど笑

銅像

通り沿いにあった銅像。
たぶんホワイトホースの開拓に貢献した関係のすごい人だと思う。

ダウンタウンは以上でした。

ダウンタウンを散策した後は日本から来る友人達と合流して宿へ。

宿泊先のカレイドロッジに到着

カレイドロッジ

今回宿泊するのはカレイドロッジというコテージです。
日本人オーナーの宿でスタッフも全員日本人でした。

部屋

部屋は非常に快適でした。
シャワーのお湯の出が悪かったんですが、スタッフに言ったらすぐにシャワーヘッドを交換してくれました。

ティーピー

なんと宿からオーロラ鑑賞ができちゃいます。
写真に写っている白いテント(ティーピーという名前らしい)の中で焚き火をして段を撮りながら鑑賞するみたい。

イエローナイフではオーロラ鑑賞スポットまで移動して鑑賞するのが普通ですが、ホワイトホースでは宿から鑑賞するのが一般的らしい。
夜が楽しみだ。

集合写真

参加者のみんなで集合写真。
ちなみに、ホワイトホースの前日までアメリカ・カナダの東海岸を一人旅していたんですが、地味に寂しかったんですよね。
なので、みんなでこうして旅行するのが楽しすぎてやばい。

宿の周辺

ちなみに、宿の周辺にはなんもありません。
車がなければどこにも行けません。

宿の周辺

運が良ければエルクなど野生動物を見ることができるらしい。
残念ながら見れなかった。

夕食の準備

軽く外を散策した後は、夕食へ。

夕食はハンバーガーとフレンチフライ

夕食はカナダらしいハンバーガーとフレンチフライ。
味は、うん、まあ普通でした。

夕食後は深夜のオーロラ鑑賞に備えて仮眠。
オーロラが鑑賞できる時間帯は夜12時〜4時くらいらしい。

日本から来たみんなは時差の都合ですぐ寝れたみたいですが、僕はすでにカナダ時間だったので全然寝れなかったですけどね。
ちなみに、ホワイトホースとバンクーバー間には時差はありません。

いざ、オーロラ鑑賞!!!

初日のオーロラ鑑賞では見れず...

夜中に起きて夜空を撮影!
3時間ほど粘りましたが、残念ながら初日はオーロラを鑑賞できず…。

星はキレイだったけどね。
まあ長時間露光撮影の練習ってことで明日、明後日に期待。

初日のオーロラ鑑賞では見れず...

ちなみに、さきほどのティーピー(白いテント)の中はこんな感じ。
この中で待機しながらオーロラを待つのが普通みたい。
まあ最終的には宿の中で待ってたけど笑

初日のオーロラ観測は無念の結果に…

というわけで初日は残念ながらオーロラを見ることができませんでした。

見れる可能性は90%くらいらしいんですけどね。
一応オーロラ観測予報というものがあり、初日はレベル3くらいでした。
ただ、山の天気以上にレベルが変わりやすいのであまり期待しないほうがいいらしい。

まだ後2日あるので明日、明後日に期待して就寝。
2日目はホワイトホースのオーロラ鑑賞以外の観光を楽しむ予定です。

2日目の様子は下記からどうぞ!!
【ホワイトホース旅行記2日目】自然観光とユーコン川のカヌー体験をして、2日目のオーロラ鑑賞へ!

オーロラ鑑賞はツアーで行くのがオススメ!

今回宿泊したカレイドロッジなら宿からオーロラを拝むことができます!
Expediaから予約することができます。
カレイドロッジの詳細はExpediaから

オーロラ鑑賞は個人ですべて手配するとけっこう大変です。
ツアーでまとめて手配しちゃうほうが楽ですね!
JTBのオーロラオススメ鑑賞ツアーはこちら

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!