大崎駅〜成田空港を繋ぐバス!WILLER TRAVELの成田シャトルを使ってみた!乗車記、購入方法まとめ

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
成田空港までの交通手段としてはバスを利用しておりました。
東京駅〜成田空港間を繋ぐ京成バスですね。1000円(事前予約時900円)という料金設定になっており、他のバス会社や電車などの交通手段に比べても破格の安さです。

そんな京成バスに対抗して、昨年10月末より、WillerTravel(ウィラートラベル)が成田空港までの格安送迎バス「成田シャトル」を運行開始させました。ウィラートラベルはツアーなどを催す旅行会社ですが、グループ会社で高速バス、夜行バスの運行も行っています。

ウィラートラベルのバスはJR大崎駅〜成田空港を繋いでいます。
京成バスとは送迎地点が異なります(京成バスは東京駅)。

海外に行くことが多い自分にとって成田空港への交通手段が増えるのは嬉しい限り。
というわけで、さっそく利用してみました!

【スポンサーリンク】

大崎バスターミナルまでの道順

JR大崎駅

ウィラートラベルの空港送迎バスはJR大崎駅より発着しています。
バスターミナルは大崎駅から徒歩1〜2分といったところ。

JRの改札を抜けたら、西口へ。

大崎駅西口

西口の左手の階段を降ります。

西口周辺

階段を降りたら、目の前にある横断歩道を渡ります。
そのまま左の方に歩いていきます。

バスのりば

100mほど歩くとバスのりばがあります。
ここがウィラートラベルの発着場所になっています。

ウィラートラベルの発着場所

既に2台ほど止まっていました。

東京駅発着の京成バスと比べると、発着所がわかりやすいですね。
大崎駅もそこまで大きくないので、迷うことはないと思います。

Willer Travel 成田シャトルの乗車レポート

成田シャトル

さっそく手続していきます。
出発10分前より乗車手続きができます。

料金は事前予約で1000円。
予約なしの当日乗車は1200円になります。
京成バスに比べると、100円(当日の場合は200円)ほど高い価格設定でした。

乗車手続は予約者から先に行われます。
一通り予約者の手続きが終わると、当日乗車の手続きになります。

荷物を預ける

荷物がある方は乗車前にバスのトランクに預けられます。
荷物につけたタグと同じ番号の引換券をもらって、降車時に荷物と交換します。
失くさないように注意。

成田シャトルの車内

車内はこんな感じ。
座席は2列のシンプルなバスです。

今回の車両は、白を基調としたシートでした。
別の機会で乗車した時は黒のシートだったので、2パターンあるみたいです。

まだ運行開始したばかりのためか、乗客は数人でした。

座席

こちらが座席。
ピンと張られた革でシートには高級感があります。
頭の部分には、WillerTravelロゴ入り。この会社専用のバスですね。

足元

足元はかなり広めで快適。
この広さなら足元に荷物を置いたとしても十分くつろげるかと思います。

シート全体的に普通の高速バスより快適なつくりになっていました。

各座席のUSBポート

各座席にはUSBポートが用意されています。
スマホやタブレット、デジカメなどが充電できます。

通路側の席のUSBポート

窓側は壁に、通路側の座席は肘置きの下にUSBポートがあります。

座席のリクライニング

リクライニングもけっこう深めに倒れます。
寝るには十分の倒れ具合ですね。

車内の専用WIFI

車内にはWIFIも飛んでいます。

「WILLER_Free_WiFi」がWIFI名になります。
メールアドレスまたは各SNSいずれかでの認証が必要でした。
僕はメールアドレスで認証しましたが、その後特にメルマガなどは配信されていないので、認証のためだけの入力かと思います。

速度は計測し忘れましたが、動画をみるに十分なくらい快適な速度です。

安全のしおり

車内のポケットには安全のしおりが。
よくある注意事項や緊急時の対応などが記載されています。

成田シャトルの案内

成田シャトルの簡単な案内も。
便数は1日43便運行しているとのこと。

成田空港に到着

WIFIに接続したスマホで動画を観つつ、無事に空港に到着。
今回は成田空港第2ターミナルで降車しました。

この成田シャトルの運行ルートは

大崎駅(出発)

成田空港 第2ターミナル(75分)

成田空港 第1ターミナル(80分)

成田空港 第3ターミナル(85分)

となっています。カッコ内の数字は所要時間です。
なお、成田空港の後は、芝山中学校、芝山町役場にも行くみたいです。

成田空港第2ターミナル

というわけで無事に成田空港第2ターミナルに到着できました。
ちなみに、この日は香港へのフライトでした。

WillerTravelの購入方法

さて、利用レポートをお届けしましたが、
続いて、予約方法についてまとめてみました。

画面はパソコン表示にしていますが、スマホでも操作内容はほぼ一緒です。

ウィラートラベルのトップページ

まずはウィラートラベルの公式Webサイトにアクセスします。
トップページの出発地、到着地をそれぞれ

  • 出発地 → 東京都
  • 到着地 → 千葉県

に設定して、検索します。
帰りの便にする場合は発着地を逆にしましょう。ちなみに、フライトが遅延する可能性もあるので、帰り便は予約しなくてもいいと思います。

バス一覧

検索すると、バスの運行の一覧が表示されます。

一覧の中から、各便の出発時間と到着時間を確認して、自分のフライトの時間に合わせてバスを選んでください。バスが決まったら「選択する」ボタンを押しましょう。
国内線なら50分前、国際線なら90分前に空港に着いておくのが一般的な時間かと思います。

なお、成田シャトルの一部の便は、別のバス会社が代行することがあります。
代行会社としては、千葉交通、京成バスがあり、便選択時に表示されます。
京成バスの代行についてですが、東京駅発着の便とは異なりますのでご注意を。

降車場所の選択

続いて、降車場所の選択です。
航空会社によってターミナルが異なるので、自分が乗る航空会社がどのターミナルから離発着しているか確認しておきましょう。

ちなみに、この画面上でターミナルの選択を間違えても、当日運転手に間違えた旨を伝えれば変更は可能なので、ご安心をください。

この後は、ウィラートラベルにログインして購入手続を行えばOKです。
とりわけ難しい操作はないので、戸惑うこともないかと思います。

京成バスとの比較

成田空港行きの格安バスとして従来からあった京成バス比較してみました。

発着場所が異なる

利用レポートでも書きましたが、発着場所が異なります。
発着場所はそれぞれ
・ウィラートラベル → JR大崎駅西口
・京成バス → 東京駅八重洲北口
となっています。

料金はちょい高い

ウィラートラベルは事前予約1000円(当日1200円)です。
一方、京成バスは事前予約900円(当日1000円)になっています。

ウィラートラベルの方が、100円(当日200円)高いですね。
わずかとはいえど、この差はけっこう大きいかも。

運行時間が長い

発着地が異なるため、運行時間も違います。
ウィラートラベルは最短75分ですが、京成バスは最短60分で空港まで到着します。
ウィラートラベルの方が15分遅いですね。

大崎駅に近い人にはオススメ!

さて、京成バスと比較して価格が高い&時間がかかるという2つのデメリットがあるウィラートラベルの成田シャトルですが、大崎駅に近い人にはオススメです。

品川、恵比寿、五反田あたりに在住または勤務の人にとっては、大崎駅のほうがアクセスが断然いいと思うので、こちらを利用するのもありですね。

個人的には今後もメインは京成バスになりそうです。
値段の問題もありますが、東京駅の方が何かとアクセスがいいので。
大崎駅は路線がJRしかないので、どうしても電車賃が余分にかかるという点もあります。

まだまだ認知度が低く利用者が少ないようなので、
お近くに在住、勤務の人はぜひ使ってみてください!

ではでは。

今回バスを利用した時のフライトはこちら↓↓
香港航空「香港(HKG)〜成田(NRT)」搭乗レポート HX607便

京成バスの乗車レポートはこちら↓↓
成田空港に安く行くなら京成バスがオススメ!東京駅からたったの1000円!

ウィラートラベルの予約はこちらから
高速バスならウィラートラベル

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

大崎駅〜成田空港を繋ぐバス!WILLER TRAVELの成田シャトルを使ってみた!乗車記、購入方法まとめ
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!