いきなりステーキのニューヨーク店に訪問!日本と変わらないクオリティで肉欲が増した

いきなりステーキ NY店と俺

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
いきなりステーキの前から失礼します。

先月初めてアメリカはニューヨークに行ってきました!
ニューヨークの中でも、とりわけどうしても行きたい場所がありまして…。

はい、冒頭の写真の通り、
いきなりステーキ ニューヨークが店
です!!!

いきなりステーキとは、ご存知ペッパーフードサービスが展開する立ち食いのステーキ屋さんですね。最近は椅子が用意されたお店が増えてきましたが笑

日本にいた時、僕もけっこう通ってたんですよ。
今のところトータルで16kgほど食しており、現在ゴールドカードホルダーです。
ほんとは留学前にプラチナカード(20kg)達成したかったけど、間に合わなかった…。

そんないきなりステーキですが、2月にニューヨークに進出を果たしたので、せっかくニューヨークに来たことですし、ニューヨーク店に行ってきました!

他に美味しいレストランがある中、いきなりステーキをチョイスするいきなりステーキ愛ですよコレ。

【スポンサーリンク】

いきなりステーキ ニューヨーク店

まずは場所についてですね。

地下鉄メトロのAstor Place駅から歩いて5分ほどの場所にあります。
ご存知ラーメン屋の『一風堂』が隣にあります。

Astor Place駅

こちらがAstor Place駅の出口。
グリーンラインの6番ですね。

ニューヨークの地下鉄は、東京メトロと同じように、色&アルファベットor数字で構成されているのでわかりやすい。

駅から歩いて5分

駅から歩いて5分ほどで見覚えのある看板が見えてきた。
あの顔は社長の一ノ瀬氏だ。

いきなりステーキ ニューヨーク店

そしてこちらがいきなりステーキ ニューヨーク店!!!
看板の文字やデザインが日本と一緒だ!しかも日本語で書いてありますね。

入り口のメニュー

入り口にあるメニューはさすがに英語でした。
さっそく店内へ。

店内の内装

店内の内装、雰囲気はそっくり。
あと臭いもそっくりでした笑

日本同様、立ち食い席と椅子席がありますね。

店内に入ると店員に案内されて、立ち食いの席へ。
なお、案内してくれた店員は日本人でした。会話は英語でしましたが。

肉マイレージカードのポスター

店内にはお馴染みの肉マイレージカードのポスターが。
もちろん英語で書かれています。

ニューヨーク店のオープニングセレモニー

こちらはニューヨーク店のオープニングセレモニーですね。
バレンタイン元監督がゲストとして参加したらしい。

肉のメニュー

こちらがメニュー。
リブアイ(Ribeye)、サーロイン(Sirloin)、フィレ(Filet)がメインメニューですね。
それに、乱切りステーキ(Assorted Steak)もありました。

リブアイという部位は聞き慣れないワードですが、調べてみるとリブロースとほぼ同じ?意味みたいです。

それぞれの値段は
リブアイ(Ribeye) … $2.55/oz(285円)
サーロイン(Sirloin) … $2.27/oz(254円)
フィレ(Filet) … $3.12/oz(349円)

なお、単位はoz(オンス)でした。
1オンス = 約28gですね。

日本同様1グラム単位かつ円換算すると
リブアイ(Ribeye) … 10円/g
サーロイン(Sirloin) … 9円/g
フィレ(Filet) … 12.5円/g
となりますね。

やはりニューヨークだけあって、日本と比べてちょいと高い。
ただ、サーロインはほぼ同じ価格帯。

ちなみに、お馴染みワイルドステーキもあります。
10.6oz(約300g)で$22(約2,464円)なので、2倍近くします。
この日は土日だったので、販売されていませんでした。

サイドメニューとドリンク

サイドメニューやドリンクも。
日本酒、ワイン、ビールですね。ビールはサッポロでした。

カット場でステーキを注文!

肉の注文カード

一通り見たら、さっそく肉の注文へ。
注文方法は日本と同じくカードを持ってカット場へ行く形式。

カット場と調理場

こちらがカット場と調理場。
店員がアメリカ人であること意外は日本と一緒だわ。

12オンスは(約340g)

今回はサーロインステーキを12オンスで注文。
12オンスは(約340g)ですね。

サーロインステーキ

というわけで、このサーロインステーキを食べるよ!

12オンス

12オンスで$27.24
日本円にすると、約3,050円ですね。

まあまあ高いけど、ニューヨーク価格ということで仕方なし。

紙エプロン

紙エプロンをつけて、焼きを待ちます。
NEW YORKって書いてある。

ホットステーキソース

テーブルにある調味料などは同じでした。
こちらはホットステーキソース。

わさび、からし、にんにく

わさび、からし、にんにく。
わさび醤油で食べると意外に美味しいのでオススメ。

チェンジブロッコリー

ちなみに、日本同様につけ合わせ(garnish)も変更できたみたい。
日本にいた時と同じようにチェンジブロッコリーしたかった…。

サーロインステーキ12オンス!

サーロインステーキ 12オンス(340g)

10分ほど待って、サーロインステーキが運ばれてきた!
焼く前の状態はけっこう大きく見えたんですが、やはり焼くと縮んでしまいますねー。

サーロインステーキ

バターもにんにくチップも同じ。
しばらくぶりのいきなりステーキにしばし感動。

いただきます

ホットステーキソースをかけて、さっそくいただきます。

ごちそうさまでした

あっという間に間食。ごちそうさまでした。

アメリカ版の肉マイレージカード

アメリカ版の肉マイレージカードももらいました!
日本ではオープン記念時に配られただけなので、けっこうレアかも。

一応アメリカ版にもゴールドカードとプラチナカードがあるみたいですが、さすがに貯めるのは無理かな…笑

ちなみに、ニューヨーク店では日本の肉マイレージカードは使えません。
使えたら面白いのに笑

日本と変わらないクオリティだった!

というわけで、いきなりステーキ NY店のレポートをお届けました!

ニューヨークという物価の高い土地柄ゆえか、日本よりも高い価格になってしまいますが、他のニューヨークにあるステーキレストランに比べると安いのかもしれません。

お昼時を外したのに8割くらい席は埋まっていたので、けっこう人気なのかも。

ニューヨークにさらに5店舗オープン

ちなみに、ニューヨークにさらに5店舗新規オープンするようです。
こちらはたまたま通った店舗がオープンする予定の場所です。どこかは忘れました…。

留学中ゆえしばらく食べていなかったいきなりステーキ。
久しぶりに食べるとやはり美味い。日本に帰国したらすぐに行きます。

ニューヨークに旅行した際、ぜひ行ってみてください!
わざわざニューヨークで行く必要ないかもしれませんが…笑

でわでわ。

一ノ瀬社長の本はけっこう面白いのでオススメ!

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!