【ニューヨーク旅行記】2日目後編 911メモリアル〜ウォール街〜ブルックリンブリッジ〜タイムズスクエア

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
夏の時期にアメリカの超有名都市であるニューヨークを2泊3日で旅してきました!

今回は2日目後編の様子をお届けします。
2日目前半の記事では、メトロポリタン美術館を中心に回ったあと、ご飯を食べて、ワシントン・スクエア公園に行ったところまでをレポート。

ニューヨーク マンハッタン島の風景

2日目の午後は、マンハッタン島のさらに南側をうろうろしたいと思います。

では、行ってみましょー!

【スポンサーリンク】

911メモリアル(グラウンド・ゼロ)

グラウンド・ゼロ(ワールドトレードセンター跡地)

最初に訪れたのは、911メモリアル。
ニューヨークに来たら絶対に訪ねたかった施設の一つ。

911とはご存知、2001年9月11日に発生した世界に衝撃をもたらした飛行機ハイジャックの悲劇的なアメリカ同時多発テロ事件を追悼した施設です。
当時子供だった自分でも衝撃を受けた事件です。

この巨大な噴水みたいな施設は、グラウンド・ゼロと呼ばれていて、このテロ事件によって壊されたワールドトレードセンター(世界貿易センタービル)が建っていた場所です。ちなみに、ワールドトレードセンターは2つのビルで構成されていたので、反対側に同じような場所が一つあります。

跡地の縁には亡くなられた方の名前が掘られています

噴水の縁には、この事故で亡くなられた方の名前が掘られています。
写真のように、未だに献花が絶えないらしい。

新しいワールドトレードセンター

こちらが新しく建て直されたワールドトレードセンター
旧ワールドトレードセンターが建っていた場所のすぐそばにあります。

開業は2014年。高さは541mエンパイア・ステート・ビル(443m)よりも100m近く高いという超高層ビル。

ちなみに、新しいビルはツインタワーではなく、一つのビル。
上層階には展望台もあって、登ることができます。値段は34ドル(約3,800円)
例によって登らなかったけど。

911メモリアル

こちらが今回メインで行きたかった施設である911メモリアル。
911のテロ事件の悲劇さや当時の詳細などを学ぶことができる資料館です。

入場料は24ドル(約2,700円)でした。
ちなみに、オンラインにて事前購入していくと当日券売窓口で並ぶ必要がなくなるのでオススメ。

911メモリアル内部にて911テロ事件の説明

中では911の詳細を改めて学ぶことができる。

911というとハイジャックによるワールドトレードセンターの倒壊のイメージが強いですが、実はアメリカ同時多発テロ事件という名称通り複数箇所でテロ事件が起きており、合計で4機の飛行機がハイジャックされて、ニューヨークの他、ワシントンD.Cでも起きています。
死亡者は確認できた分で3000人以上で、結局発見できなかった遺体もあるらしい。

写真に写っている柱は“最後の柱”と呼ばれていて、名前の通り、倒壊後の跡地に最後まで残っていた柱です。柱には消防員や警察官など、いろいろな人のメッセージが描かれていました。

テロというのは日本ではなかなか実感がないものですが、こういった施設で直に学ぶと非常に近くの出来事に感じるし、恐ろしさゆえの鳥肌が立ちます。

中はそこまで広くないですが、じっくり見てるとそこそこ時間がかかります。ですが、非常に勉強になるし、いろいろと考えさせられるので、じっくり観ることをオススメ。
もちろん、中の資料や説明は全部英語。留学生は英語の勉強ついでにぜひ。

非常に有意義な施設だったので、詳しいレポートは別記事にして書く予定。

Oculus ショッピングモール

Oculus

911を後にして、次の場所へ。
こちらはワールドトレードセンターのすぐそばにある施設。

たまたま通りかかっただけですが、形が特徴だったので撮影。

Oculusはショッピングモールでした

中はショッピングモールでした。
911メモリアルの近くだし、なにか平和を祈願した施設なのかなーと思っていたんだけど、違ったみたい。

ウォール街

ウォール街

911メモリアルから歩いて、世界的な金融街であるウォール街へ。

ウォール街にあるフェデラル・ホール
もともとはアメリカの国会議事堂があった場所らしいですが、今は博物館みたいになっているらしい。残念ながら土日は開いてないらしく、中には入れなかった。

その斜め向かいにあるニューヨーク証券取引所

ウォール街のチャージングブル

そして、こちらが有名なウォール街のチャージングブル(Charging Bull)
触るとお金持ちになれるという都市伝説がある牛。

にしても、人多すぎだろ…。

上海の金融街である外灘に行ったときも、同じチャージングブルを見たなー。

チャージングブルをアップで撮影

頑張って近づいたけど、とても一緒に写真をとる余裕はなかったです。
少年、完全に牛の上に乗っちゃってるしね。わりと雑に扱われてます。

顔は観光客に触られまくった結果、完全に色がハゲてました。

バッテリーパークから眺める自由の女神

バッテリーパーク

チャージングブルからさらに南下して、バッテリーパークへ。
そしてこのバッテリーパークは、かの有名な自由の女神像があるリバティー島へのフェリーが出ている場所です。

バッテリーパークから眺める自由の女神

バッテリーパークから見た自由の女神。
英語名はThe Statue of Libertyです。
出川イングリッシュよろしく直訳して「Free Women(フリーウーマン)」訳しちゃダメです。

しかし、ここからの眺めではやはり小さい…。トーチを持って手を上げている姿など、形は明らかに自由の女神ってわかるんだけど、迫力は皆無。

まあ次回ニューヨークに来た時のお楽しみってことで。

ブルックリンブリッジ

ブルックリンブリッジへ

バッテリーパークから20分ほど歩いてブルックリンブリッジへ。
ニューヨークの中でも有名な写真スポット。

ブルックリンブリッジ

ブルックリンブリッジをひたすら歩いて進むと、中心付近に到着。

しかし人が多い…。

このブルックリン橋、全長1,825mもあり、歩いて横断すると20分近くかかります。
実際は観光客で混雑しているので、その倍くらいかかると思います。
僕も写真の中心付近まで歩くのに20分近くかかったので。

なお、橋が完成したのは1883年。アメリカでもっとも古い吊り橋とのこと。一般的にイメージする山の中にあるような揺れる吊り橋ではないですが、鋼鉄のワイヤーを使った世界初の吊り橋らしい。

マンハッタン島の眺め

ブルックリンブリッジからマンハッタン島側の眺め。
遠くにエンパイア・ステート・ビルがみえる。

ブルックリンブリッジと自分

橋の中心付近で一緒に撮影。

ブルックリン側にこの橋を一望できる写真スポットがあるので、反対側まで気合で歩き切ってブルックリン側まで行こうと思ったけど、人の多さ故に歩きにくい上、日差しが強すぎて暑くて途中で引き返しました。

タイムズスクエア!

ブロードウェイミュージカルの劇場(オペラ座の怪人)

ブルックリンブリッジの後は、再びタイムズスクエアへ。
昨日は雨で微妙だったので、リベンジ。

写真はタイムズスクエア近くのミュージカルの劇場の一つ。
こちらの劇場では写真の通り、オペラ座の怪人が上映されているみたいです。入り口には開場待ちの人ががっつり並んでました。

タイムズスクエア

そしてやってきたタイムズスクエア(2回目)!!!
すごい人の数。
さすが超有名な観光スポットや。

ちなみに、自由の女神や有名なキャラクターに仮装した人達がいて、写真とろうぜ!って声をかけてきますが、撮影後に当然チップを要求されるので注意。
そんなに高額じゃないと思うので、記念に一枚くらいとってもいいと思いますけどね。僕はスルーしちゃったけど。

ただ、Tバック一枚のアメリカンなボディメイクしたお姉さんは惹かれた←

タイムズスクエアの赤階段

赤階段も晴れた今日は人でいっぱい。
昨日は雨でスカスカだったのに。

ミュージカルのチケットセンター

チケットセンターで当日券を買い求めている人が。
当日券は半額で購入できたりするらしい。

今回はミュージカルは見る時間がないのが無念。
自由の女神同様、次回に取っておこう。

赤階段の上からタイムズスクエアを撮影

赤階段の上から撮影。
まだ空が暗くなりきっていないのに、すでにネオンがやばい。

写真で観るとただ明るいだけのように感じるけど、
実際この広告パネル、ほぼ全部ムービー形式の広告なので、それぞれの広告のインパクトというか迫力がすごいんですよ。そして、チカチカする笑。

タイムズスクエアと自分

タイムズスクエアと自分。
ここにいるとニューヨークに来た!って感じがする。

あちこち歩き回ったニューヨークの旅でした

日が暮れる頃に宿に戻りました。
本当は軽く仮眠して、ブルックリンブリッジの夜景の写真撮影に行こうかと思っていたんですが、歩き疲れのためかまさかの爆睡でした。

翌日は朝一でワシントンD.Cに移動します。
ワシントンD.C.まではバスや電車で移動できますが、今回は電車(amtrak)にて移動しました。朝7時の電車だったので、4時くらいに起きて移動。

初のニューヨーク、実質2日間という短い滞在でしたが、行きたいと思っていた主要なスポットは一通り行けたので満足。

やり残したことは、
・ブロードウェイミュージカル鑑賞
・自由の女神を見にリバティー島へ行く
・ニューヨークの夜景鑑賞
とかですね。

きっともう一回くらい来ることありそうなので、上記3つはまた次回訪問時の楽しみにとっておくことにします。

というわけで以上、2日間にわたるニューヨーク旅行をお送りしました!

【ニューヨーク旅行記事まとめ】
ニューヨーク旅行1日目前編
ニューヨーク旅行1日目後編
ニューヨーク旅行2日目前編
・ニューヨーク旅行2日目後編 ←今この記事

ニューヨークに旅行するには?

今回は一人旅だったので、ホステルに宿泊しました。
HIニューヨークシティはマンハッタン島に位置する上に駅近で安いので、一人旅や友達同士の旅にオススメですよー。
HIニューヨークシティはコスパもよくてオススメ!マンハッタン島にあるホステルで交通の便も良好

航空券はスカイスキャナーで探しています↓↓

ニューヨーク(アメリカ)のオススメJTBツアーは↓↓
アメリカのJTBツアー

ニューヨーク旅行にはガイドブックは必須!

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!