『セイムサンバンフ(Samesun Banff)』宿泊レポート!欧米人に人気の交流が盛んなホステル!

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
先日、カナディアンロッキーで有名な街である『バンフ』に旅行してきたのですが、一人旅だったのでホステルに滞在してました。

2泊3日だったのですが、夏のハイシーズンの影響で2日連続して同じ宿を予約することができず、1泊ずつ別のホステルに泊まることに。

1日目はバンフインターナショナルホステル
2日目はセイムサンバンフ
というホステルに宿泊してきました。

今回は2日目に滞在したセイムサンバンフ(Samesun Banff)というホステルを紹介しようと思います!

【スポンサーリンク】

セイムサンバンフに宿泊してきた!

セイムサンバンフはバンフのダウンタウンから徒歩約10分の場所にあります。
なんと初日に泊まったバンフインターナショナルのほぼ隣に位置しています。

こちらがセイムサンバンフの外観。
正面から見ただけだと、ちょっと大きな一軒家っぽいですが、実際は4階建?の大きな建物でした。

今回の滞在は62カナダドル(約5,400円)でした。
部屋タイプは男女ミックスの8人部屋(朝飯付)です。

セイムサンバンフ

セイムサン(Samesun)はカナダ国内を中心に展開するホステルグループです。
僕が留学しているバンクーバーにもあります。その他、ケロウナ、バンフ、海外ではサンフランシスコやベネチアにあります。

この太陽のマークがシンボル。

フロントデスク

中に入るとすぐにフロントデスク。
チェックインは14時〜でした。荷物だけキープしてもらって現地のツアーに参加して、ツアー終了後に改めてチェックインしました。

セイムサンバンフのガイドライン

チェックイン時に説明される宿泊のガイドライン。
こちらも全巻共通のWIFIがありました。ただ、あまり通信速度はよくなかったなー。

301号室の鍵

滞在した301号室の部屋の鍵。
カードキータイプではなく、普通の鍵でした。

階段の壁の絵がカッコイイ

エレベーターは無かったので、階段で部屋へ移動。
階段の壁に書かれた絵がカッコイイ。

廊下

廊下はけっこう手狭。

部屋

部屋の名前はBEAR(熊)

各部屋に動物の名前がついてるっぽい。
僕が泊まった部屋301はBEAR(熊)でした。

部屋の様子

部屋の中はこんな感じ。
2段ベッドが4つある8人部屋でした。
部屋自体はけっこう広いので、快適。

実際に使ったベッド

実際に利用したベッド。
2段ベッドの上の段でした。

個人的には下の段が好きなんだよなー。
上の段だと昇降の際に、下の人に気を使うし、荷物を広げにくいので。

水回り

各部屋には専用のシャワーとトイレ、洗面所が併設。
水圧も良好で文句なし。

共有施設

キッチン

もろもろの共有施設は2階にあります。
こちらはキッチン。
1泊だけなので特に使ってないんだけど、一通りの調理器具はそろってたと思う。

リビング

こちらが共有のリビング(ラウンジ)。
みんなでプレイできるボードゲームなども置いてありました。

翌朝のチェックアウト前に撮影したので誰もいませんが、夜覗いた時は満席になるほど盛り上がってました。外国人と交流するいい機会かも。

ランドリー

1階ですが、ランドリーもあります。
1回約2カナダドル(170円)だったかな。

セイムサンバンフの朝食

朝食はバースペースで

朝食は朝7時〜9時半
1階のバースペースで提供されます。

バースペース自体そんなに広くないので、基本的に相席。
外国人と交流したい人にとってはいい環境ですね。
僕もカナダ人、香港人と一緒に食べて談笑してました。

コーヒーやブラウニー

オレンジジュースとフルーツ

朝食の内容は欧米のホステルでよくあるタイプです。
食パン、ブラウニー、ヨーグルト、フルーツなどなど。

宿泊者の交流が盛んなホステル!

1泊だけでしたが、交流が盛んなホステルという印象。
時間とお金があればもう2〜3泊したかったですねー。

2階の共有ラウンジはかなり盛り上がってましたし、バーカウンターでは簡易的なライブもやってました。

夜はバーカウンターでライブも

これがその時の様子ですね。
朝食の場所だったバーカウンターは夜の時間帯はバーとして営業されていて、当然お酒も飲めます。歌っているのがスタッフか宿泊者なのかは謎。

初日に滞在したバンフインターナショナルホステルと比べて、交流が盛ん=少し騒がしいかも。もちろん、部屋の中はすごく静かです。
また、日本人は少ない印象。1人も見かけなかったですね。
外人と交流したい、英語話したいという人にはセイムサンの方がオススメかな。

セイムサンバンフ(Samesun Banff)の予約方法は?

セイムサンバンフはExpediaAgodaBooking.comで予約可能です。
僕はBooking.comで予約しました。

ちなみに、下記リンクからBooking.comで予約すると、
2000円のキャッシュバックがもらえます!
すでにユーザー登録済みの方も適応されるので、オトクです。
セイムサンバンフをBooking.comで予約する

『バンフインターナショナルホステル』のレポートはこちら!
日本人にも人気『バンフインターナショナルホステル』宿泊レポート!ダウンタウンも近くて便利!

今回のバンフ旅行記は下記よりどうぞ!
1日目 : バンフ市内・ダウンタウン散策編
2日目 : レイクルイーズ、モレーン湖、ヨーホー国立公園ツアー編

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!