簡単につくれる!炭酸水メーカー”ソーダストリーム”が便利すぎる

先日、ソーダストリームという炭酸水メーカーを入手しました。
手軽に炭酸水が自作できちゃうという優れものです。

炭酸水を日常的に飲む人っているじゃないですか。
1日1本ペースで飲んだりするので、500mのペットボトル炭酸水を箱買いしたりするわけです。ウィルキンソンなんかは安定して美味いですよね。ネットや近所の酒屋さんなんかで箱買するとだいたい1本75〜80円ってところでしょうか。箱買いすると24本入りなので、75円✕24本で1800円くらいします。

そんな炭酸水を家でつくれちゃうシロモノがあります。
それが、ソーダストリームです。

炭酸水メーカーって今までもいろいろあったと思うんですけど、いまいち評判的に微妙なものばかりだった気がします。そんな中、このソーダストリームはレビューも好評で、かなり実用的ではないかと。

というわけで、実際に手に入れて使ってみました。
さっそくレビューしてみます。

【スポンサーリンク】

ソーダストリーム開封の儀的な

ソーダストリームといっても何種類か製品がありますが、
今回入手したのはSource(ソース) スターターキットというものです。

ソーダストリーム source本体

こちらが製品本体。
オシャレでいい感じにかっこいいです。日本の家電メーカーにありがちな無駄に高機能なたくさんのボタンなどはついておらず、至ってシンプルなデザインです。
ガスシリンダーと専用のボトルをセットして、炭酸を注入するだけです。

ソーダストリーム、ガスシリンダー、シロップ

こちらが今回購入した一式。
スターターキットなので、ソーダストリーム本体とガスがセットです。写真には写っていませんが、専用ボトルもセットで付いてきました。
手前にある赤と黄色のボトルはシロップです。つくった炭酸水に味をつけることができるシロモノで、こちらは別で購入しました。

専用ガスシリンダー

ソーダストリームで炭酸水をつくるには専用のガスシリンダーが必要です。
こちらのガスシリンダーはソーダストリームの公式ショップAmazonなどで購入することができます。一本で約3,700円くらいですね。
1本で約60Lの炭酸水をつくることができます。

ちなみに、ガスシリンダーを毎回買う必要はなく、ソーダストリーム公式ショップでシリンダーにガスを補給してもらうことができます。補給の場合は送料込で約3000円で交換できます。
補給に出している間は利用できないので、ガスは2本所持しておくのがベターかもしれないですね。

ガスシリンダーの交換方法

アップル&ピーチとレモンのシロップ

そしてこちらが別で購入したシロップ。
アップル&ピーチとレモンの2種類です。
この他にもオレンジ、マンゴー、ジンジャーエール、コーラなんてものもあります。
シロップ1本1000円くらいですね。

炭酸水をつくってみる!

さて、製品についての説明?は以上にして、さっそく炭酸水をつくってみる。

ガスをセット

本体の後ろをパカっとあけてガスをセット。
ちなみに、ここに専用のボトルが入ってました。最初見つけられなくて焦った。

専用のボトル

こちらが付属の専用ボトル。
これ1本で1リットルだったかな。

水を入れる

線の書いてある位置まで水を入れます。

ボトルをソーダストリームに差し込む

蓋を外して本体に斜めにして差し込む。
奥まで差し込んだら、奥に押してセットします。

セット完了

セッティング完了!

稼働準備

まずは本体の頭?の部分を軽く押します。

準備完了

そうすると、写真のようにカチッと凹みます。
この状態になれば炭酸を注入できるようになります。

炭酸の注入は動画にしてみた。

炭酸がジュワーっとがっつり注入されています。
けっこういい音がします笑
本体の真ん中部分が小さく白い光ますが、これが炭酸の強度を表しています。3段階で表していて、一番上まで炭酸を注入すると、ウィルキンソンより強い炭酸水になります。

炭酸水ができた

いい感じの炭酸水ができました。

美味しくいただきました

大変美味しくいただきました!
普通に市販しているやつと同様に飲めます。自分でつくったせいか、気持ちこっちのほうが美味しく感じます笑

どのくらい飲めば元がとれるのか比較

さて、気になるお金の部分です。
本体だけで15000〜20000円しますからね。なかなか購入に踏み切るまで決心がつかないものです。炭酸水を購入し続ける場合と、ソーダストリームの場合で費用面を比較検討してみました。
仮定として、毎日ペットボトル(500ml)1本飲むとします。

ペットボトルを購入する場合

1本あたりの値段は80円と仮定。
1ヶ月30日で計算すると、かかる費用は以下。

30日 ✕ 80円 = 2400円

毎月2400円かかることになります。

ソーダストリームの場合

さて、ソーダストリームの場合はどうなるでしょうか。
本体やガスを購入するための費用を日割計算して算出します。

本体+ガスで20000円として、60L作れます。
炭酸の強度次第でつくれる量は減ったりしますが、一応60Lで仮定。

ガス1本目
20000円 ÷ 60L = 334円/1L
500mlあたり167円

一ヶ月(30日)で500mlを毎日飲むと15L消費するので、60Lは4ヶ月分ですね。
初月から4ヶ月の費用は

〜4ヶ月の費用
30日 ✕ 167円 = 5010円

少々割高です。
本体は買いきりなので、二本目以降はガスの価格のみで計算します。
ガスシリンダーの補給は約3000円なので、ガス二本目以降の価格は以下。

3000円 ÷ 60L = 50円/1L
500mlだと25円

30日 ✕ 25円 = 750円

一ヶ月あたり750円なので、めっちゃ安いですね。

つまり、
初月〜4ヶ月目 5010円
4ヶ月目以降 750円
となります。

簡単に表にしてみました。

損益分岐は何ヶ月目?

ソーダストリームの費用の損益分岐グラフ

10ヶ月目でソーダストリームの方が費用がオトクになります。
1年以上使うならソーダストリームの方がかなりトクになるわけです。

まとめ

手軽に炭酸水が自作できるソーダストリーム。
個人的な結果からいうと、「買ってよかった!」ですね。
ペットボトルを大量買いした場合の捨てる手間などを考えると、楽です。

本体もオシャレでインテリアとしてもいい感じですし、シロップなどを利用すれば子供も飲めます。
複雑な操作はないので、子供でもつくれたりするんじゃないかな。
僕もシロップはいろいろと試してみたいところですね。個人的にはコーラが気になってます。どのくらい”コーラ”になるんだろう…。

本体代がそこそこいい価格がするので購入のハードルが高いですが、炭酸水を毎日飲む方なら購入したほうがいいかと思いますよー。

ソーダストリーム本体

専用ガスシリンダー

専用のシロップはたくさん種類があるので、いろいろ試してみるといいかも!
ソーダストリームのシロップを探す

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!