LINEアカウント乗っ取り防止策!PINコードの仕組みと設定方法について

LINEの乗っ取り被害が相次いでいますね。僕の周りでも結構被害が出ています。
この状況に対して、ついにLINEの運営が対応策を出してくれました。

LINEが乗っ取り対策を強化、スマホ版で「PINコード」による本人確認

今まではメールアドレスとパスワードでログインをしていましたが、
それに加えて「PINコード」と呼ばれる4ケタの数字が必要になるとのことです。

【スポンサーリンク】

PINコードの仕組み

今利用しているスマホ”以外”の端末から利用する際に「PINコード」が必要になります。
これにより、メールアドレスとパスワードを知っている乗っ取り犯がスマホからログインしようとするとPINコードを要求され、すぐに乗っ取られることはなくなるわけです。

PINコードは自分に関連性の低いものにしよう!

メールアドレスとパスワードが流出しても、すぐ乗っ取られることはなくなりました。
しかし、所詮は4ケタの数字です。誕生日や車のナンバー等だと、すぐに特定されてしまうおそれがあります。
できるだけ簡単に連想できる数字は避けたほうが無難です。

機種変更の際に必要となる可能性も!

上記で説明したように、今使っているスマホ”以外”全てのスマホでPINコードが必要になるわけです。
新しいスマホを購入した際、MNPなどで電話番号を変えなかった場合はPINコードの入力は必要ありません。これについてはPINコード設定画面に書いてありました。

ログイン時に本人認証する電話番号が現在の電話番号と同じ場合には、PINコードの入力は必要ない

しかし、電話番号が変わった際にはPINコードを入力しなければなりません。

PINコードを設定しなくてもLINEを利用し続けることができるので、忘れてしまいそうです。しかし、何か事情があって電話番号を変更して新しいスマホに移行したときに、PINコード設定をしていないとLINEのアカウントが引き継げなくなってしまいます。
1分もかからずに設定できるので、設定しておきましょう。

PINコードの設定方法

設定方法はすごく簡単です。

LINEのメニューから「その他」の画面を開き、「アカウント」→「PINコード」と選択していきます。

アカウントの設定を開くPINコード設定画面を開く

PINコード入力画面が表示されるので、4ケタの数字入力して完了です。
PINコードを設定すると、”登録完了”と表示されます。

PINコードを入力PINコードを設定すると登録完了と表示される

PINコードの設定は以上です。
操作に慣れていれば1分もかからないかと思います。

まとめ

けっこう周りの友人でも乗っ取られた数が多いので、運営から対策が出てよかったです。
4ケタの数字だけでは限界がある気もしますが、ひとまずこれで落ち着くのではないかと。

LINEに限らず、FacebookやTwitter等も乗っ取られる可能性は全然あるので、今回の件を踏まえて、利用しているサービスのパスワードを変更しておくといいかもです。

この記事についたタグ
この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!