海外旅行のオススメ記事

AIRSIMをシンガポールで実際に利用してみた!気になる利用方法、金額、通信速度は?

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
前回紹介した世界中で利用できるAIRSIMをシンガポールで利用してきました!

AIRSIMは、香港のMVMO会社が提供しているSIMカードで、国際ローミングを格安で提供することで、1日1.5〜2.5ドル程度の低価格で世界中のインターネット環境を利用できるという便利なSIMカードです。

「実際につながるの?」
「どうやって接続するの?」
「通信速度は?」
など、気になることは山積み。
というわけで、実際にシンガポールに行った際に利用してみました!

【スポンサーリンク】

実際にシンガポールで使ってみた!

こちらがAIRSIMの初期設定が終わったあとの画面です。
初期設定については、AIRSIM紹介記事に詳しく書いているので、そちらをご覧くださいませ。

利用手続きの際の流れは

  • 1) AIRSIMアプリから使いたい国のプランを購入
  • 2) SIMカードをAIRSIMに交換
  • 3) 現地でスマホを再起動
  • 4) 数分待って自動で接続

となっています。

プランを購入する段階でAIRSIMに交換しておく必要は特にありません。
インターネット環境なら、WIFIでもdocomoのネットでも何でも大丈夫です。

画面下の「Buy」をタップします。

使いたい国を選びます。
国によって微妙に値段が違います。

ここで表示されている金額は最大日数のプランで利用したときの1日あたりの金額なので、24時間プラン、3日プランなどの場合は金額的には少し高くなります。

今回はシンガポールで利用なので、Singapore(シンガポール)を選択。

画面に、現地で使う回線の詳細が書いてあります。
シンガポールの場合は「StarHub」という現地のネット回線を使うみたいですね。

通信環境は4G LTE/3Gなので、基本的にはLTEになるみたい。

画面下部の「SELECT」を押して、パッケージの選択へ。

パッケージを選びます。
国によってパッケージの種類が異なりますが、シンガポールでは、

  • ・24時間パッケージ – 2.99USドル(約330円)
  • ・3日間パッケージ – 3.99USドル(約440円)
  • ・5日間パッケージ – 6.99USドル(約770円)

※ 1ドル=110円で計算

となっています。
国によっては、30日間などの長期パッケージがある場合もあります。

今回は3日間パッケージ(3Days 4G Data US$3.99)を選択しました。

パッケージを選んだら、支払い手続き。
「Check Out」をタップします。

もし別の国のプランも合わせて買う場合は「Buy More」から続けて購入できます。

支払いは事前にお金をチャージしておき、そのチャージした金額から差し引かれる形になります。
Amazonで買われた方は、おそらく最初に10ドル分お金がチャージされているはず。

なお、チャージ方法は本記事の最後で説明します。

確認画面で利用方法のアラートが表示されます。
英語ですが、書いてある内容としては、

1)到着までにキャリアの選択を「Auto」にする
2)現地でスマホを再起動する
3)別のパッケージにする場合は「Use New Package」を選択

というものです。
(1)のキャリアの選択ですが、基本的に「Auto」に設定されているので、気にしなくて大丈夫です。

確認方法ですが、iPhoneの場合は
「設定」→「モバイル通信」→「モバイル通信ネットワーク」
と進むと、自動かどうか確認できます。

(3)については、事前にパッケージを購入を複数ヶ国分やっておき、現地で切り替えする場合は「Use New Package」のメニューから選ぶということですね。

無事購入が完了しました。

登録したメールアドレスにこんな感じのメールが飛んできます。

SIMカードの交換

購入後は、飛行機の中でAIRSIMに交換して、
着陸したらスマホを再起動すればOKです。

再起動後、1〜2分で自動的に接続できました。

実際に通信速度を図ってみました。
ダウンロード : 32.6Mbps
アップロード : 3.16Mbps

日本のMVMO回線より全然スピートが出ていて快適です。
右上のキャリア名が“StarHub”になっているのがわかるかと。
ちゃんとLTEにつながってますね。なぜか電波は2本表示ですが…汗

国によっては、APNの手動設定が必要

SIMを差し替えた後、本来はAPNという接続先設定が必要となります。
APNとはアクセスポイント名のことです。

ですが、iPhoneや最新のAndroid端末はAPNの設定を自動でやってくれるので気にしなくて大丈夫です。

ただし、国によっては、手動で設定が必要になるみたいです。
シンガポールの後にベトナムで利用したのですが、ベトナムのパッケージは手動でAPNの設定が必要でした。

パッケージを購入した際に、メールでAPNの設定方法が送られてきたので、それに従えば大丈夫です。

ベトナムの場合は、
APNの項目名に「ppcom」
と入力するだけです。

iPhoneの場合は、
「設定」→「モバイル通信」→「モバイル通信ネットワーク」
と進み、キャリアで「Viettel」を選びます。
その後、APNの欄に「ppcom」と入力。
その後、再起動すればOKです。

Androidの場合は「APN 設定 端末名」のように検索してみてください。

ただ、AIRSIMの場合、ほとんどの国で自動で設定されるはずです。

残高が足りない場合のチャージ(トップアップ)の方法

続いて、残高が足りない場合のチャージ方法です。
特別難しいことはないのですが、説明しておきます。

パッケージ購入と同様、アプリからチャージをします。
なお、チャージのことをトップアップと呼びます。

画面下部のメニューから「TopUp」を選択。

チャージする金額を選択します。
20ドル、40ドル、60ドルの3択でした。

チャージ金額を選択したら、クレジットカードで支払います。
これでトップアップ完了です。

アプリからカンタン操作で海外でインターネット環境が手に入る!

事前に日本でパッケージを購入して、SIMカードを入れ替えておけば、飛行機が着陸した瞬間にインターネットが利用できます。

僕のようなインターネット中毒者には嬉しい限り。
長時間のフライトの後に、SIMカードを買うまでインターネットに接続できないのは辛いですからね。

日本で事前にパッケージを購入

飛行機の中でSIMカードを差し替える

着陸したら再起動してアクティベート

という流れで利用しています。

ポケットWIFIを借りるよりも安いですし、現地でSIMを購入する手間もなくなるので、やはりAIRSIMは便利ですね。

以上AIRSIMを実際に利用してみた時のレポートでした。

AIRSIMはAmazonで購入できます!
AmazonでAIRSIM(エアシム)を調べる

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!