海外旅行のオススメ記事

ベトナム航空ビジネスクラス「ホーチミン〜シンガポール」搭乗レポート VN659便

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
SFC修行のOKASINタッチの合間で、シンガポールからベトナムのホーチミンに行きました。

その帰りの便、すなわち、ホーチミンからシンガポールに戻る飛行機をベトナム航空のビジネスクラスで手配しました。

正確に言うと、エコノミークラスで航空券を買っていました。
もともとの購入金額は11,000円くらいだったかな。

そこに、オプションタウンというWebサイトを利用し、ビジネスクラスにアップグレードしました。

オプションタウンとは、ビジネスやプレエコといった上位クラスにフライト前日頃まで空席あったら、お金を払うことで格安でアップグレードすることができる仕組みです。

アップグレードの料金は約1万円
合計2万円ちょいでビジネスクラスを手配したことになります。

シンガポールからホーチミンのフライトはわずか2時間。
というわけで、ベトナム航空ビジネスクラスの搭乗記をお届けします。

VN659便
会社 : ベトナム航空
機体 : Airbus A321
航路 : ホーチミン(SGN)〜シンガポール(SIN)
時間 : 16:10〜19:25
所要 : 2時間15分

【スポンサーリンク】

ベトナム航空 ホーチミン(SGN)〜シンガポール(SIN) VN659便

というわけで、
ホーチミンの主要空港「タンソンニャット国際空港」にやってきました。

空港コードはSGN
ホーチミンの旧称が“サイゴン”と呼ばれることからきています。

ビジネスクラスということで、
ビジネスクラスカウンターでチェックイン。

エコノミークラスのチェックインカウンターは長蛇の列だったので、かなりの時間短縮になりました。

ボーディングパスを発券。
ちゃんと「BUSINESS CLASS」で発券されています。

ボーディングパスの発券はスムーズだったけど、イミグレーションは大混雑。
自分の番まで30分以上かかりました。

ベトナム航空のラウンジへ

出国審査を終えた後は、まっすぐラウンジへ。

ビジネスクラス利用といえば、ラウンジですね。
ベトナム航空の上級会員ラウンジを利用しました。

広さ的にはそこまでですが、
ベトナムコーヒーやベトナム料理も提供されていて、充実したラウンジです。

このベトナム航空のラウンジは別記事にてレポートしています。
ホーチミンのタンソンニャット国際空港 ベトナム航空ラウンジ利用レポート

搭乗ゲートへ

ボーディングタイムに近づいてきたので、搭乗ゲートへ。

ビジネスクラス搭乗なので、
スカイプライオリティ、つまり優先搭乗なはず。

しかし、なぜか実施されず…。

他の搭乗客と同様に普通に案内されました…。
ビジネスクラスの乗客が僕含めて3人だったからかな。

沖止めだったので、
バスに乗って飛行機へ。

いざ、機内へ!

こちらが今回の機材。
エアバスA321です。

ちなみに、エアバスA320より胴長の機体となっています。

早速機内へ。
機内へ一番乗りです。

ビジネスクラスの座席はこんな感じ。

以前、中国国際航空で同じ型のエアバスA320のビジネスクラスに乗ったことがあるんですが、その時と同じ形式ですね。

その時のレポートは下記からどうぞ!
【SFC修行】中国国際航空ビジネスクラス「羽田〜北京」搭乗レポート CA184便

ビジネスクラスは全部で12席。

座席配置は左右2列ずつ。
エコノミークラスは3列ずつでした。

リモコンはいつものやつ。

リクライニングはフルフラットにはならないタイプ。

フルフラットまでは行かないものの、フットレストなどはついているので、脚を伸ばしてくつろぐことはできます。

着席後には、おしぼりとウェルカムドリンク。
スパークリングワインを頼んでみました。

CAさんは日本語も片言で話せました。
日本路線じゃないのに珍しい。

液晶は右手の肘置きの中にありました。

取り出すとこんな感じで見ることができます。

ただ、反応がかなり悪い…。
一応日本の映画や日本語吹き替えもありましたが、画面の反応と操作性が悪すぎてそっとしまいました…笑

そうこうしているうちに無事にフライト。

離陸後の機内食。
味はまあ、、、普通ですねw

ホーチミン市内でもフォーをがっつり食べたし、ラウンジでも食べてきたので、あまり箸が進まず…笑

機内食を食べた後は、ブランケットをもらってまったり過ごしました。

わずか2時間15分でシンガポールに到着。
チャンギ国際空港のターミナル4に到着しました。

ターミナル4は最近できたばかりの新設ターミナルなので、かなり綺麗。

短いフライトですが、格安でビジネスクラス体験ができました

2時間ちょいという短いフライトだったので、わざわざ+1万円払って、ビジネスクラスにする必要があったのかは微妙です…笑

まあANAで羽田〜沖縄をプレミアムクラスで行くのと同じような金額だし(むしろちょっと安い)、ラウンジも入れたのでコスト的には満足。

日本路線ではないので、なかなかマニアックなフライトですが、ベトナム航空のビジネスクラスの一例として参考になればと。

東南アジアは各国の距離が近いから、
気軽にいろんな国に行けるのがいいですねー。

航空券も安いので、東南アジアに長期滞在する方は、あちこち国を移動してみてはいかがでしょう。

なお、シンガポールへはSFC修行のOKASINタッチで来ました。

この記事についたタグ
この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!