【1泊2日札幌旅行記 2日目】センチュリーロイヤルの豪華朝食を食べて、札幌市内観光へ!赤レンガ庁舎、時計台、札幌ビール博物館

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
北海道のふっこう割を利用して、1泊2日の弾丸で札幌を旅行してきました!

前回の1日目に続いて、今回は2日目の様子をお届けします!

1日目は札幌を離れて小樽観光を中心に行動しましたが、2日目は宿泊しているセンチュリーロイヤルの豪華朝食を食べて、札幌市内をふらふらと観光する予定です。

19時頃の飛行機で東京に戻るので、夕方くらいまで観光できそうです。
それでは行ってみましょう!

【スポンサーリンク】

センチュリーロイヤルホテル札幌の豪華朝食ビュッフェ!

朝9時頃に起床して、さっそく目的のモーニングへ。

ここセンチュリーロイヤルホテル札幌では、なんと4種類の朝食を提供しています。
ビュッフェ、海鮮丼、和膳定食、和風サンドの4種類ですね。この4種類から一つを選択することになります。

海鮮丼も捨てがたかったけど、今回は王道のビュッフェをチョイス。
ビュッフェモーニングの場合は、YUUYOOテラスという会場でいただきます。

朝食会場は広々としていて、快適でした。

サラダや卵焼き、ご飯、パンなど朝食らしいものはもちろんですが、北海道産の素材を利用した様々な料理が提供されていて、最高の朝食でした。
生ハムやオープンキッチンのオムレツ、豊富なデザートもあります。

ちなみに、お酒、スパークリングワインが提供されていました。
また、スパークリングワインにあうチーズなども。

こんな感じで盛り付けて、2.5周くらいして食べたいものを一通りいただきました。

朝食についてもっと具体的に書きたいんですが、それだけで記事のボリュームが多くなってしまうので(笑)、別記事にてホテルと朝食についてレビューしました!

センチュリーロイヤルホテル札幌の外観

こちらがホテルの外観。
昨日は札幌駅から地下道を通って直接ホテルに入ったので、実は外観を見るのは今日が初めてだったりします。

最上階に見える円形の部分は、360度回転するレストランになっていて、宿泊料金とは別になってしまいますが、札幌の景色を眺めながら優雅にディナーを楽しむことができるみたいです。

普通のビジネスホテル+@くらいのレベルなんですが、いたれりつくせりで素晴らしいホテルでした。

隣は札幌駅

隣は札幌駅なので、立地は最高ですね。

さて、ホテルをチェックアウトして、札幌市内観光へ。

旧北海道庁

北海道庁

まず最初に向かったのは、北海道庁の赤レンガ本庁舎
ホテルから歩いて5分ほどの場所にありました。

正面に見えるのが目的の赤レンガ庁舎。
以前、北海道庁として使われていた建物です。
右のビルが現在の北海道庁。

北海道庁赤レンガ庁舎

横の門から入ったので、正面に回って撮影。
歴史を感じる古きよき建物という感じです。
重要文化財として指定されています。

北海道庁赤レンガ庁舎の駅前

さっそく中へ入っていきましょう。
見学は無料でした。

中は北海道の歴史に関する資料が展示されていて、北海道立文書館としても機能しています。

北海道庁の長官の部屋

こちらは知事室。
北海道庁の長官が使っていた部屋。

一部再現されている部分はあるものの、当時使われていた状態のままらしい。

なお、この建物自体は1888年に建てられたもので、約80年間ほど実際に北海道の政治の中心地として機能していたとのことです。

赤絨毯

建物入ってすぐの階段でドヤるなど。
ここ典型的な撮影スポットですな。

同じような感じで、観光客が写真を撮ってました。

札幌市内の地下道

旧北海道庁を出たら地下道に入って、次の目的地へ。
札幌市内は地下道が充実していて、寒い中歩かなくて済むので便利。

札幌時計台

札幌時計台

地下道を出て、札幌時計台にやってきました。
みなさんご存知、日本三大がっかりスポットでございます。

ちなみに、日本三大がっかりスポットとは札幌の時計台のほか、高知のはりまや橋沖縄の守礼門です。人によっては、守礼門ではなく、長崎のオランダ坂などと言う人もいるらしい。

まあがっかりスポットというより、無駄にハードルが上がりすぎてしまった結果そう感じてしまうだけなんですけどねー。

一応、高校生の修学旅行のときも来たはずなんだけど、全く覚えていない…。

時汁台

入り口の石看板の文字が『時汁台』としか読めない…。

時計台とその周辺の模型

中は資料館みたくなっています。
こちらが当時の時計台とその周辺の地形を表現した模型。

そもそも時計台とは、札幌農学校の演武場として建てられたものです。すなわち、現在の北海道大学の舞台ホールみたいなものですね。

時計台のクラーク博士の銅像

演舞場ということで、2階が舞台になっていました。
今でもコンサートなどのイベントで使われたりするらしい。

舞台にはクラーク博士の銅像がありました。
この銅像が置かれたのは2017年10月なので、比較的最近ですね。

記念に一枚

せっかくなので、記念に一枚。
こんな感じで一緒に写真を取ることができます。

がっかりスポットという烙印を押されてしまっていますが、けっこう面白いので行く価値ありますねー。

サッポロビール園(サッポロビール博物館)

サッポロビール博物館

札幌といえば、サッポロビール
というわけで、最後にサッポロビール博物館に来ました。

札幌駅からはバスで20分ほどでした。

サッポロビール園

ビール工場というわけではなく、サッポロビールの歴史やビールの飲み比べができるような施設となっています。

サッポロビールの歴史館

さっそく中へ。

ちなみに、スタッフによる解説付のツアーもありました。
時間が合わなかったので、普通に個人で入りましたが。

大きなビール窯

中にはこんな感じの大きなビール窯も。

サッポロビールの歴史

こんな感じで、北海道(札幌)でビールがなぜつくられるようになったのか、という歴史を学ぶことができます。
これが以外に面白い。

サッポロビールの歴代の広告ポスター

サッポロビールの歴代の広告ポスターがずらり。

昔は女性推しのポスターでしたが、最近のポスターになるにつれて、男性に置き換わってるんですねー。

飲み比べスペース

1Fのフロアで、お目当てのビールの飲み比べができるようになってました。
賑わってますねー。

さっそく飲み比べしていきましょう。

メニュー

メニューはこんな感じ。
もちろん左下の飲み比べセット(600円)を注文。

サッポロビールの飲み比べ

こちらが飲み比べビール!
いい色合い。

3種類の内容は、

  • ・王道の「黒ラベル」
  • ・北海道限定「クラシック」
  • ・札幌開拓使麦酒醸造所の「開拓使麦酒」

となっています。
個人的には、開拓使麦酒が一番美味しかったなー。

ゆっくりとビールを楽しんで、いい感じの時間に。
ということで、札幌観光を終えて、ホテルに預けた荷物をピックアップして空港へ。

本当はまだ時間に余裕があったんですが、雪が降っている影響でJRが遅延する可能性もあるということで、早めに空港に向かうことにしました。

新千歳空港でラーメンを食べて東京へ

新千歳空港

というわけで、新千歳空港に戻ってきました。

フライトまで2時間近く時間があるので、ラウンジで写真の整理でもしながらまったり過ごそうかと思ったんですが、
「札幌ラーメンを食べていない!」
ということに気づき、急遽ラーメンを食べることに。

初日の食べ歩きと今日の朝食で食べまくったおかげで日中はお腹が空いていなかったし、なんなら今も別に腹が減っているわけではなかったんですけどね笑

白樺山荘

新千歳空港にはラーメン道場というラーメン屋が9店舗ほど密集した一画があり、そこで食べることにしました。

いろいろ見回って、チョイスしたお店は『白樺山荘』というお店。
ゆで卵が食べ放題というポイントに惹かれました。

ちなみに、一番人気は『海老そば一幻』というお店なんですが、ここだけ人が並んでいたのと、そもそも自分が海老アレルギーで食べれないという…。

『白樺山荘』の味噌チャーシューメン

札幌といえば、味噌ラーメンということで、
こちらが『白樺山荘』の味噌チャーシューメンです。

食べ放題のゆで卵もしっかり”2つ”いただきました。

新千歳のプレミアムチェックインカウンター

ラーメンを食べ終えて、
札幌で食べたかったものは一通り食べることができた気がする。

というわけで、さっそくチェックイン。
プレミアムチェックインカウンターを使います。

ラウンジに直結

新千歳のプレミアムチェックインカウンターはANAラウンジに直結でした。

新千歳空港のANAラウンジ

こちらが新千歳のANAラウンジ。
黒ラベルを飲みながらまったり過ごしました。

ANAの機内

特に遅延もなく、無事にフライト。
今回の旅行は本当に食べ過ぎた…笑

羽田空港に到着

無事に羽田空港に帰還。
さすがに東京は暖かいと実感。

トータルで掛かった費用

さて、今回の旅行の費用をまとめてみました。
例によって、どんぶり勘定ですが、参考までに。

  • ホテル+航空券 : 24,000円
  • 食費 : 13,000円
  • 交通費 : 3,000円(羽田までの交通費含む)
  • 合計 : 約40,000円

海鮮丼、ルタオのケーキ、ジンギスカン、スープカレー、〆パフェ、札幌ラーメンなど、札幌名物的なものをしっかり食べ歩いたので、けっこうかかってます。
もしかすると、もっとかかってるかも…笑

交通費に関してはほぼ徒歩で移動したので、羽田空港までの往復と札幌〜小樽の往復に掛かった交通費になります。

食べ歩き続けた1泊2日の札幌旅行でした!

1泊だけでしたが、非常に満足度の高い旅行でした。
北海道在住の友人には「1泊って弾丸だね」と言われたけど、一通り行くべきところは行けたし食事もしっかり食べたので、1泊でも充実です。

摂取カロリーは心配…笑
旅行から戻った後は摂食しなければ…。

やはり冬の北海道は寒い…。

次は夏の時期の北海道に来たいですねー。その時は札幌ではなく、ドライブで北海道の自然の景色をゆっくり回るような旅行にしたいです。

1泊2日札幌旅行 1日目のレポートはこちら↓↓

今回泊まったホテルはこちら↓↓

札幌観光ならとりあえずガイドブックを買っておこう↓↓

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!