託児サービス付きのダイビングショップを利用してみた!子連れの沖縄旅行でもマリンスポーツを楽しめる!

こんにちは、ねづ(nzakr)です。

6月末に子連れで沖縄旅行に行ってきました。
幼児連れだったので移動の負担があるような観光は諦めて、ホテルステイをメインで楽しむことに。

ですが、夏の沖縄といえばマリンスポーツ!
子連れだったとしても、どうにかしてできないかと調べていたところ…、

託児サービス付きのダイビングショップを発見!

これはっ!!!ということで、
今回利用させていただいたので、レビューしたいと思います。

【スポンサーリンク】

沖縄には託児所付きダイビングショップがある!

日本有数の観光県である沖縄。

夏の陽気とキレイな海、沖縄独特のカルチャーでカップル、友人、ファミリーといろんな観光客が来るため、観光客のスタイルや構成に合わせた様々なサービスが提供されています。

そのうちの一つが、まさに託児サービス付きのマリンスポーツショップですね。

子連れでも海を楽しみたい、なんとかしてマリンスポーツをやってみたい!と思う人がいるのは至極当然のこと。

そんなファミリーでも海を楽しめるように託児サービスを提供しているマリンスポーツショップがあるんですね。

もちろん数は多くないですが、沖縄全体で4〜5つくらいはあるかと思われます。

ラピスマリンスポーツを利用しました!

今回は恩納村というエリアにあるシェラトン沖縄に宿泊したので、恩納村にあるラピスマリンスポーツというショップを利用しました。


ホームページにも託児サービス付きで保育士常駐と記載があります

ラピスマリンスポーツは恩納村の真栄田岬付近にあります。

ホームページにも

  • 託児サービスがあること
  • 保育士資格があり経験者のスタッフがいること
  • 託児サービス利用実績が豊富なこと

がわかるので、こちらのダイビングショップを選択しました。

予約はじゃらん遊び体験というサービスから行い、予約の際の備考に託児サービスを利用したい旨を記入しました。

予約したプランは『初心者向け!青の洞窟 体験ダイビングプラン』です。

ライセンスなしでも楽しめる体験ダイビングのプランですね。
夫婦2名で予約しました。

僕は一応オープンウォーターのライセンスを持っているんですが、妻が初体験なので一緒に体験ダイビングにしています。

ねづ
とはいえ僕も数年ぶりのダイビングなので、もはや初体験とあまり変わらない…笑

予約した次の日にお店からメールで連絡があり、託児サービスを利用する際の注意点や持ち物等の案内が送られてきました。

具体的には以下のような事項です。

  • ✓ 託児中に必要なお食事、スプーン類、おやつ、お飲み物、オムツ、お尻ふき、タオル等の身の回りの品は持ち込み制であること
  • ✓ 哺乳瓶は必要な個数を用意すること
  • ✓ 人見知りのお子様はお食事などをとってからお預けること

ちなみに、予約はじゃらん遊びというアクティビティ予約サイトで行いました。
じゃらん遊びに2.200円引きのクーポンがあったためです。

ただし、託児サービスの予約まではじゃらん遊びのサイト上でできなかったので、予約の際に備考に託児サービスを利用したい旨を記入しておきました。

実際の遊びの流れ

さて、実際の当日の流れです。
予約の時間は14:00〜16:30であり、託児サービスを利用する予定だったので、予約時間の15分ほど前にお店に向かいました。


ラピスマリンスポーツの外観はこんな感じ。ほぼ海沿いです。

ダイビング担当と託児担当のスタッフそれぞれに挨拶をして、子供を預けます。

その際に事前に案内があった通り、用意していた持ち物等をお渡ししました。

おむつ、おしりふき、ミルク、哺乳瓶、着替、お菓子、ジュース

子供は生後8ヶ月でまだ離乳食(2回食)であり、事前に離乳食を食べさせていたので、ミルクと麦茶、おかしをお渡ししました。

体験ダイビングの所要時間は2時間程度とのことだったので、おそらくミルクも不要ですが念のため。

なお、託児所はショップと同じ建物ではなく近く(車で数分)にあるとのことです。その託児所はおそらく沖読谷託児ルーム オハナですね。ラピスマリンスポーツのホームページにリンクが貼ってありました。

子供を預けた後は、普通に夫婦2人で体験ダイビングを満喫。

体験ダイビングの流れは以下の通り。

体験ダイビングの説明

水着&ウェットスーツ着替

船へ移動

船でダイビングスポットへ

ダイビングで青の洞窟
(20分くらい?)

船で沖へ戻る

ショップへ移動

シャワーを浴びて着替え

子供と合流

青の洞窟を満喫したり…

魚に餌やりをしたり…とダイビングを満喫しました。

ダイビングを終えてショップに戻り、シャワーを浴び終えて着替えた頃にちょうど子供と保育士さんがショップに戻ってきていて、合流となりました。

ダイビング中(説明含む)の子供の様子は、ダイビング担当のスタッフの方が保育士さんとやりとりをしており、適宜写真付きで教えてくれました!

今回かかった費用について

さて、今回かかった費用についてまとめてみました。

予約は上述の通り、じゃらん遊びにて行いました。

✓ ダイビング料金
青の洞窟体験ダイビングプラン 8,900円 2名 = 17,800円
じゃらん遊びのクーポン : -2200円
実際の支払額 : 15,600円

✓ 託児料金
1時間1,000円 × 2.5時間 = 2,500円

✓ 合計
18,100円

合計で18,100円でした。
体験ダイビングの価格は相場と同じ程度の料金設定ですし、クーポンで安くなっている分オトクであり、託児料金も2,500円と全然許容範囲の価格で、子供を預けながらダイビングできたので非常に満足です。

アクティビティ予約サイトであるじゃらん遊びはほぼ毎回クーポンを用意しているので、こちらから予約するだけでオトクになると思います!

ねづ
何度か利用していますが、クーポンがなかったことなんて一度もない気がする…笑

子連れでもマリンスポーツは楽しめる!

子連れだとこういったアクティビティ、マリンスポーツは制限されがちですが、今回のような託児サービス付きのマリンスポーツショップ、ダイビングショップを使えば、十分楽しむことができます!

子供と一緒に遊んで楽しむのはもちろん大事ですが、こうやって大人だけで楽しむのもアリだと思うので、ぜひ興味がある方は使ってみるといいかと思います!

今回は体験ダイビングでしたが、ダイビングのほか、シュノーケリングやSUPなどの王道のマリンスポーツをもちろん同様に楽しめます!

今回利用したのは、↓のショップです!
託児サービスあり!ラピスマリンスポーツ

その他の託児サービスを提供しているショップ↓
ナチュラルブルー
ダイビングサービスあいる・ぷまんどぅ


この記事を書いた人
ねづ
妻と娘(0歳)と3人暮らし。 「育児 × 旅」をテーマに"パパ目線の子育て"と"子連れ旅行"についてブログを書いてます。 ANA&JAL両方とも上級会員(SFC&JGC)、SPGアメックス所有して、オトクな旅行を追求するのが趣味。本業はメディア系の企業でプロダクトマネージャー。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

NEZU.log 沖縄 託児サービス付きのダイビングショップを利用してみた!子連れの沖縄旅行でもマリンスポーツを楽しめる!
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

妻と娘(0歳)と3人暮らし。
「育児 × 旅」をテーマに"パパ目線の子育て""子連れ旅行"についてブログを書いてます。
ANA&JAL両方とも上級会員(SFC&JGC)、SPGアメックス所有して、オトクな旅行を追求するのが趣味。

本業はメディア系の企業でプロダクトマネージャー。

詳しいプロフィールはこちら

Youtube始めました!
写真や文字では伝えられないことは動画で発信していきたいと思います!

最新動画

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!