【宿泊レビュー】シェラトン沖縄サンマリーナリゾートに滞在!メゾネットタイプの部屋に無償アップグレード!

こんにちは、ねづ(nzakr)です。

コロナウイルスによる緊急事態宣言の外出自粛が終わり、他県への移動が容認された6月下旬に、子連れで沖縄に行ってきました!

2泊3日の滞在で、
今回は
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
をレビューしたいと思います!

なお、1泊目には沖縄マリオットに宿泊しました。

【スポンサーリンク】

シェラトン沖縄リゾート&スパとは?

ホテル名の通り、“シェラトン”という高級ホテルブランドに属するホテルです。


シェラトン沖縄リゾート&スパの外観

白を基調としたビーチ沿いのオシャレなリゾートホテルです。

舞浜のディズニーリゾートライン沿いにも同じシェラトンブランドである”シェラトングランデ東京ベイ”があるので、ディズニー近辺のホテルを探したことがある人は知っているかも。

シェラトン沖縄リゾート&スパは国頭郡という那覇市と名護市のちょうど中間地点に位置します。那覇市から車で1時間くらいです。
ビーチ沿いなので、まさに沖縄感満載のリゾートホテルですね。

シェラトンの近辺には、ホテルモントレやカフーリゾートなどのリゾートホテルも点在しています。

そして、このシェラトンもマリオット・ボンヴォイという世界ホテルチェーンに入ってます。

ねづ
シェラトンを選んだのも、マリオット・ボンヴォイ(SPGアメックス)の特典目当てです

シェラトン沖縄の外観

駐車場から見たホテルの外観。
建物が段々になっていて、ピラミッドのような三角形のカタチですね。後ほど部屋の写真を見たときにわかりますが、部屋のベランダ部分になっています。

中に入るとすぐに魚が泳ぐ池が目に飛び込んできます。

これ、すごくないですか?

ドンキホーテなどでよく見かける小さな水槽というレベルではなく、まるで海のような自然な池になっていて、泳いでいる魚の種類もかなり豊富です。

泳いでいる魚の種類の説明もあります。
子供はたぶんこれだけでも相当楽しめるんじゃないかなー。

ねづ
かくいう自分も子供と同じくらい楽しんだけど笑

エントランスの右手にフロント。
こちらでチェックインをします。

さらに奥に行くとオシャレな空間が!

ホテルの真ん中は空洞になっていて、水辺に十字の通路、ソファというリゾート感あふれるスペースになっています。

シェラトン沖縄の部屋レビュー

今回の宿泊ではアップグレードにより「オーシャンメゾネット」という2階建ての部屋になりました。

予約自体は一番グレードの低い「パーシャル ツイン」という部屋タイプで予約しましたが、SPGアメックスのおかげで4ランクほどアップしていただけました。

メゾネットタイプの部屋はこんな感じ。

白を基調としたオシャレな雰囲気です。
2階建て(メゾネット)ということで、部屋の真ん中に螺旋階段があります。

2階部分も含めると床面積自体はかなり広いですが、螺旋階段がなかなかの存在感があり、部屋自体は普通のデラックスルームよりも若干?狭く感じるかもしれません。

1Fスペースにはクイーンサイズのベッドが真ん中に置かれています。

今回は幼児連れなので、ベビーベッドをお借りしました。

お借りしたものの、メゾネットタイプの部屋では子供と一緒に寝るスペースを確保できたので、結局使いませんでした。

クイーンベッドの向かいにはテレビと化粧台。

その横には無料のドリンク類。
コーヒー、紅茶、お茶、ミネラルウォーターが揃っています。

ミネラルウォーターは写真の2本のほか、冷蔵庫に3本入っていました。

ドリンク類の下の扉には冷蔵庫やコップが。
湯沸かしのポットも完備。

メゾネットの2階は布団が3セット敷かれていました。

クイーンベッドに2人、布団3セットに1人ずつの合計5名まで宿泊できるようです。

ねづ
今回は夫婦+子供(幼児)の3人だったので、クイーンベッドは使わず、3人揃ってこの布団で寝ました。ベッドだと子供が落ちるリスクがあるので。

バスローブやアイロン台、金庫。

室内用のスリッパとビーチサンダル。

ホテル用のプライベートビーチがあるので、ビーチサンダルが用意されていました。沖縄でいうところの島ぞうりですね。

ビーチサンダルがあると部屋の中だけでなく館内を身軽に動けるので助かります。

バスローブ以外の室内着も完備。
室内用のスリッパもそうでしたが、子供用も用意してくれていますね。うちは幼児だったので着せられなかったけど。

水回りはこんな感じ。
トイレはタンクレスでした。

ハンドタオル、バスタオルなども5枚ずつ揃っていたので、5名宿泊でも使われる想定になっていますね。とはいえ5人で泊まったら狭そうだけど…。

各種アメニティはバッチリ揃っています。

こちらはお風呂。
洗面台、トイレのスペースとはガラス張りの扉できちんと仕切られているので、水跳ねの心配はなさそうです。

バスチェアが設置されていたのは珍しいですね。子供の身体を洗うときに使えるので助かりました。

ベランダはこんな感じの開放感のあるスペースになっています。

ホテルの建物が階段状になっていたかと思いますが、上の階の天井がないので、圧迫感がなく海風を感じながらベランダでまったり過ごすことができそうです。

ベランダからの眺め。
綺麗な海が一望できます。

SPGアメックス会員に付帯するマリオット・ボンヴォイのゴールドエリート会員特典で、ウェルカムギフトとしてお菓子をいただきました。

紅芋ミニタルト、のまんじゅう、サータアンダギーという沖縄ならではのお菓子です。

3つずつあるので、子供の分もセットですね。残念ながら子供はまだ離乳食中であげられなかったので、夫婦で美味しくいただきました。

そのほかのゴールドエリート特典として、
駐車場代金(通常1日500円)、ビーチでのパラソルとチェアレンタル無料というサービスが付きます。

総じて、連泊しても快適に滞在できるだけの設備とアメニティが揃っています。今回は1泊だけだったのが惜しいところ…。

ねづ
部屋のアップグレードに続き、駐車場代金、お菓子など、SPFアメックスの恩恵を受けまくりました!

シェラトン沖縄のプール・ビーチ

部屋に続いて、ビーチやプールについて紹介。

地図を見ていただいた通り、ビーチやプール、その他ジムやスパなどの施設はホテルのメインタワーではなく、隣の建物にあります。

ホテル敷地内を歩いて(といっても隣なので10〜20秒程度の距離ですが)移動します。

こちらの「ぬちぐすい」という建物が更衣室やジム、スパなどの施設が入った建物です。

この中にある施設(大浴場、ジム、スパ、室内プール)を利用するには、宿泊料金のほかにリゾートパスという利用券を購入する必要があります。
滞在期間中ずっと有効で3,500円だったかな。

1泊の滞在だったので購入しませんでしたが、宿泊料金に含まれていたら嬉しかったな…。

屋外プールやプライベートビーチはリゾートパスなしでも利用できます。

プールはこんな感じ。
水深は1.2〜1.5mという深さで奥にはキッズプールもあります。

なんとホテルのプールなのにウォータースライダーが2本も常備。
もちろん料金は無料なので、遊び放題です。

基本的には宿泊客のみの利用なので、プールのテーマパークみたく長蛇の列にはならないので快適に遊べます。

プール沿いにはベンチやソファなども充実しています。

プライベートビーチもいい感じ。

天気はあいにくだけど…。

上述しましたが、写真に写っているビーチパラソルやベンチは、本来有料ですが、SPGアメックス所有者だと無料で利用することができます。

シェラトン沖縄のレストラン・朝食

朝食はホテルお馴染みのビュッフェ形式での提供です。

コロナ感染対策で他のホテルだとビュッフェからプレートメニューになっているところもありますが、シェラトンはビュッフェスタイルでした。
ただし、料理を取る際は、マスク着用必須&ビニール手袋を着けての利用となります。

メインの朝食会場はホテル1FのSENSESというレストランです。
朝食だけでなく、ディナーもビュッフェ形式で営業しています。

レストランの中はこんな感じ。

サラダバーや…

オープンキッチンのオムレツ…

パンコーナーに…

沖縄らしく、沖縄そばの提供もありました。

もちろんこの他、一般的な朝食のメニューも提供されています。

ドリンクにはシークワーサージュースやグァバジュースなどのフルーツジュースも揃っていました。

一番驚いたのは、紅茶のティーバッグがTWGだったこと。

TWGは、シンガポール発祥の高級紅茶ブランドで、シンガポール旅行のお土産の代名詞にもなっている紅茶です。
“高級”なのでお値段も高いですし、これが朝食の紅茶として提供されているのはすごい。

こんな感じで朝食はホテルビュッフェっぽくいただきました。

今回はディナーも利用させていただきました。

ディナーはメインメニュー1品とビュッフェ形式の料理になっていました。

ベースの料金は以下の通り。
大人 : 4,500円
小人(6〜12) : 2,600円
幼児(3〜5) : 1,500円
シニア(65〜) : 3,200円

なお、別途サービス料(10%)と税がかかるので、値段はもう少し高めになります。

SPGアメックス所有者(マリオット ゴールド会員)だと15%割引になるので、SPGアメックス所有者にはオススメです。

レストランの中はこんな雰囲気でした。
屋外にもテーブルがあり、海風を感じながら朝食を楽しむこともできます。

今回の宿泊料金は?

さて、今回の宿泊料金ですが、以下のような金額でした。

  • 宿泊 : 37,200円
  • 食事 : 10,491円
  • 合計 : 47,691円

宿泊は1泊37,200円で、一番グレードの低いプランでの価格となります。
※ 料金は朝食込みの費用です

今回はSPGアメックスの特典により、無償アップグレードの恩恵を受けることができたので、オーシャンメゾネットという部屋タイプに宿泊させていただきました。
この部屋タイプを正規で予約した場合は、6万円前後の価格になります。

ねづ
実質2万円弱オトクな宿泊体験ができたと思うと、SPGアメックスの恩恵ありがたしです…!

獲得ポイントは?

SPGアメックス所有者向けにはなりますが、
今回の宿泊によるマリオットポイントの獲得数は以下の通りです。

通常ポイント : 2,861
ボーナスポイント : 4,208
合計 : 7,069ポイント

  • ※ 通常ポイントは100円=6ポイントで計算
  • ※ ボーナスポイントはゴールド会員特典で1ドル=12.5ポイント+ウェルカムポイント500で計算
  • ※ ボーナスポイントはホテル宿泊代金のみ(駐車場は対象外)

シェラトン沖縄の宿泊レビュー・感想

沖縄のリゾートもホテルの優雅な滞在も満喫できる素晴らしいホテルでした。

カップル、友達同士はもちろん、ファミリーや家族総出の旅行にも万人にオススメできます。
プールやプライベートビーチのほか、スパ、大浴場、ジム、テニスコート、ジップライン、マリンスポーツなど、様々な施設やアクティビティが揃っているので、誰でも満足できるホテルだと思います。

これだけのアクティビティが揃っているので、連泊もオススメできますねー。

ねづ
今回は1泊だけでしたが、次回は連泊していろいろ楽しみたい所存です。

シェラトン沖縄の宿泊予約はどこからがオトク?

最後にシェラトン沖縄のオトクな宿泊予約について。

SPGアメックスを持っている場合

SPGアメックスの所有者は必ずマリオット公式ホームページから予約しましょう。
部屋のアップグレード特典やポイントボーナスがもらえなくなってしまうので。

公式サイト以外から予約した場合でも部屋のアップグレード特典は適応されることもありますが、ポイントのボーナスはもらえなくなります。

また、その際、必ずポイントサイトを経由することを忘れずに。
ポイントサイトはマリオットの案件があればどこを使っても問題ないですが、僕はいつもモッピーを利用しています。

複数のポイントサイトを使いまわしていますが、マリオットはモッピーが一番還元率がいいことが多いです。


宿泊料金の4%分のポイントが獲得できる!

SPGアメックスを持っていない場合

SPGアメックスを持っていない場合は、じゃらん、楽天、ヤフートラベルなどのよくあるホテル予約サイトから予約すればOKです。

普段貯めている(貯まっている)ポイントを軸に選ぶといいと思います。

SPGアメックスとは?シェラトン沖縄にオトクに宿泊!

SPGアメックスとは今回宿泊したシェラトン沖縄が属するマリオット・ボンヴォイの公式クレジットカードです。

アメックスブランドで年会費34,100円(税込)かかりますが、その分得られる特典がかなり充実しています!

特典としては以下のようなモノがあります。

  • 【SPGカードの特典とは?】
  • マリオットグループ宿泊時に部屋を無償でアップグレード
  • マリオットグループ宿泊でポイント最大18.5%獲得!
  • 初年度は紹介経由39,000ポイント獲得!
  • 2年目以降はホテルの1泊無料宿泊特典付き(実質年会費は無料)
  • ポイント還元率は100円で3ポイント
  • 世界の航空会社マイルに交換可能!(JALやANA含む)
  • マイルへの交換も最大1.25%と優秀!
  • アメックスの超充実した海外旅行保険が適用

初年度は年会費分のポイントがもらえますし、2年目以降はマリオットグループのホテルへ1泊無料宿泊できるというスゴイ特典が付いてきます。これだけで実質年会費は無料といえますね。

ねづ
旅行の際にマリオットグループに宿泊したくなります…!笑

日本だけでなく世界各国主要な観光地には確実にあるので、旅行好きな方はもっておいて損はないカードですねー。

発行する際は所有者から招待を受けて発行するとポイントがオトクに付与されるので、友人等に紹介してもらうようにしましょう!

もし友人に所有者がいなければ僕も紹介できますので、
以下からご連絡いただければ1分以内に紹介用のURLをお送りしますね!
※ SNSやブログでの共有が禁止されているので、メールになっちゃいます汗

紹介コードは以下から↓↓

1泊目は同じくマリオット・ボンヴォイに属する沖縄マリオットに宿泊しました。


この記事を書いた人
ねづ
妻と娘(0歳)と3人暮らし。 「育児 × 旅」をテーマに"パパ目線の子育て"と"子連れ旅行"についてブログを書いてます。 ANA&JAL両方とも上級会員(SFC&JGC)、SPGアメックス所有して、オトクな旅行を追求するのが趣味。本業はメディア系の企業でプロダクトマネージャー。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

妻と娘(0歳)と3人暮らし。
「育児 × 旅」をテーマに"パパ目線の子育て""子連れ旅行"についてブログを書いてます。
ANA&JAL両方とも上級会員(SFC&JGC)、SPGアメックス所有して、オトクな旅行を追求するのが趣味。

本業はメディア系の企業でプロダクトマネージャー。

詳しいプロフィールはこちら

Youtube始めました!
写真や文字では伝えられないことは動画で発信していきたいと思います!

最新動画

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!