XcodeのiOSシミュレータをエイリアス(ショートカット)から起動する方法

MacでiPhoneアプリを開発するためのツールとして、Xcodeというものがあります。
そのXcodeにはiOSシミュレータというものが付属しています。今回はそのiOSシミュレータのエイリアス(ショートカット)を作成し、Xcodeなしで簡単に起動する方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

iOSシミュレータとは

Xcodeに付属するMac上でiPhoneをシュミレートできるという非常に優れたツールです。

iOSシミュレータ

もちろん、iPhoneだけに限らず、iPadを動かすこともできます。iOSシミュレータ内のSafariを使ってWebサイトの検証もできるので、Web制作者やブロガーの方は入れておいて損のないツールです。

iOSシミュレータの起動方法

iOSシミュレータの起動方法についてですが、Xcodeを起動してアプリのメニューから、
「Xcode → Open Developmer Tool → iOS Simulator」
で起動することができます。

iOSシミュレータの起動方法

けっこう起動が面倒

けっこう便利ですが、起動が結構面倒だったりします。Xcodeを起動しなければならず、しかもそのXcodeが結構重いアプリなので起動に時間がかかります。

そこで、エイリアス(Windowsでいうショートカット)を作成して、簡単に起動できるようにします。エイリアスを作成すれば、いちいちXcodeの起動を介する必要がなくなります。

エイリアスの設定方法

FinderのアプリケーションのフォルダからXcodeのアイコンを右クリックして、
「パッケージ内容の表示」を選択して下さい。

Xcodeのパッケージ内容を表示する

「パッケージ内容の表示」を選択すると、Xcodeを構成するフォルダ&ファイルにアクセスすることができます。
そのフォルダ内で「Contents → Applications」と移動してください。
「iPhone Simulator.app」というエイリアスがあるかと思います。

※ シミュレータの本体は下記にあります。
Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/

iPhone Simulator.appを探す

そのファイルをデスクトップにドラッグ&ドロップしてください。
デスクトップにエイリアスが作成されます。
Dockに入れたい場合もそのエイリアスをDockに追加するだけでOKです。

iOSシミュレータのエイリアス(ショートカット)が作成される

無事エイリアスが作成されました。
これをクリックすれば、iOSシミュレータが起動します。

まとめ

iOSシミュレータはスマホを介さず、Webサイトの検証ができるので重宝しています。
Webサイトを制作するときはもちろん、ブログ記事を書くときもiOSシミュレータを使ってちゃんと表示に問題がないか毎回確認しています。

エイリアスを作成すれば、Xcodeを立ち上げる必要なく起動できるようになるので、iOSシミュレータをよく使う方は作成するといいかもです。

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

XcodeのiOSシミュレータをエイリアス(ショートカット)から起動する方法
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!