html5のaudioタグはiOSではミュートにしてても音が出る

html5のaudioタグは、端末によっては結構やばい仕様があります。iOSではミュートにしてても音が出てしまうらしく、確認してみました。

【スポンサーリンク】

audioタグって何

スマホの普及もそうですが、html5もけっこう一般的になってきましたねー。
まだまだ決まっていない要素もあり、不安定な部分もあるんですが、まあ基本的には問題なく使用できますね。
今回はそんなhtml5の中にある、audioタグっていうものがあります。

PCだとモダンブラウザであればほぼ使えますし、スマホのサイトであれば、だいたい行けるかと思います。

audioタグの落とし穴

こっからが本題です。

iOSではミュートにしてても音が出る

エントリーのタイトル通りなんですが、iOSでは本体のミュート機能をONにしてても、audioタグで再生した場合は音がでます。
※ミュートではなく、音量を0にしていた場合は音はでません。

恐ろしいです。

JSで書くと↓のような感じ。

<!doctype html>
<html lang="en">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<script>
var audio = new Audio("hoge.mp3");

window.onload = function(){
     audio.load();
     audio.play();
     audio.loop = true;
}
</script>
</head>
<body>
<p>再生</p>
<p>停止</p></body>
</html>

仕組みはすごい簡単です。
javasript側でaudioタグを作成し、ページが読み込まれたタイミングでプレイします。
htmlには「再生」と「停止」のボタンはあるのですが、効きません。
ページを閉じない限り、延々と音が流れつづけます。

さあ、お分かりでしょうか。

もし、再生する音が「AVのプレイシーンの声」だったら…
もし、再生した場所が満員電車の中だったら…

きっと冷静にページを閉じることができる人はそんなにいないでしょう。

停止ボタンを押す

止まらない

更新する

また喘ぎ声する

めっちゃ焦る

周りからの視線がやばい

ツイートされる

この仕様、本当に危険です。

※よい子はマネしないでね

この記事についたタグ
この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

html5のaudioタグはiOSではミュートにしてても音が出る
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!