カンボジアの世界遺産「アンコールワット」で有名なサンライズを拝む

ゴールデンウィークにカンボジアはシェムリアップに行ってきました!
カンボジアといえば、そう、かの有名なアンコールワット遺跡ですね。

アンコールワットはかなり有名な世界遺産で、世界中から観光客が来ます。
もともとは12世紀前半にアンコール王朝が30年の歳月をかけてつくりあげたヒンドゥー教寺院で、そのつくりの美しさと時代背景から世界遺産に登録されました。
そして、そんなアンコールワットですが、サンライズがかなり有名です。

朝日が登る時、アンコールワットの手前に位置する聖池という池に水面反射する光景がすごく綺麗で、それを見るために行く人も。
かくいう僕もアンコールワットのサンライズを見てきました。

【スポンサーリンク】

アンコール入場券を買う

深夜のシェムリアップ市内

サンライズなので、朝日が登る前にアンコールワットに到着していなければなりません。
朝日が登るのはだいたい朝6時頃とのこと。

アンコールワットの入場券を購入する時間を考えるて、まさかの4時起きでした。
朝がすごく苦手な私、まさかの海外でこんな朝早く起きることになるとは…。

アンコールワットの入場券 購入窓口

アンコールワットに入るには入場券が必要になります。

こちらが購入窓口となる建物。
チャーターしたトゥクトゥクに入場券の購入窓口まで連れて行ってもらいました。

窓口はアンコールワットから少し離れた場所にあります。
なぜ近くに作らなかったのか、謎です。

購入窓口の建物

かなりしっかりした建物です。
アンコールワットの観光がシェムリアップの街にとって、いかに重要な産業であるかを表していますね。

窓口は観光客で混雑

まだ朝4時半ですが、窓口は混雑していました。
サンライズは本当に人気なんだなー。

アンコール入場券

こちらが購入したチケット。
1日券で20USドル(2100円)となります。
なかなかいいお値段がします。
顔写真付きですが、その場で撮ってくれるので、特に持参する必要はないです。

このチケットで、アンコールワットはもちろん、アンコールトムやタ・プロームなどのアンコール遺跡群を全て観光することができるようになります。

僕は1日で周る予定だったので1日券でしたが、複数日程でゆっくり観光する方は3日間を買いましょう。ちなみに、3日券は40ドル7日券は60ドルでした。

アンコールワットの入り口

購入後はアンコールワットへ。
トゥクトゥクで10〜15分くらいでした。

アンコールワットのサンライズへ

アンコールワットの中へ

入り口近辺にいた現地係員に購入したチケットを見せて入場。
けっこう人がいます。

聖池

中に入ると、左右に聖池と呼ばれる池があり、そこから朝日を拝むのが鉄板。

すごい人集りです。
アジア人はもちろん、欧米人も、世界各国からの観光客がいっぱい。
GWの翌週だったためか、日本人はあまりいませんでした。

サンライズの予定時刻までは時間があったので、ここでしばらく待機。

サンライズを待つ人達

時間が近づくにつれて人の数がどんどん増えてきました。
早めに到着して陣取っておかないと、いいポジションで写真が撮れなくなります。

アンコールワットのサンライズ

そして、いよいよサンライズが!
待つこと15〜20分。ゆっくりと朝日が登ってきました。
水面に綺麗にアンコールワット遺跡が反射してますね。
写真をとりながら、ゆっくりボーっと眺めてました。
写真の腕がないのはご愛嬌。

アンコールワットのサンライズ

こちらは広角レンズで撮影。
遺跡だけでなく、木々も反射しています。

アンコールワットとツーショット

アンコールワットと一緒に撮ってもらった。
朝早かったので、既に眠い。
顔に寝不足感が出てますね。

朝日が登った後は明るい

朝日もすっかり登って明るくなりました。
このままアンコールワットを観光する人もいます。

僕は眠すぎて動きまわる気にはなれなかったので、いったん宿に戻って仮眠。
昼前くらいに再び起きて観光へ再出発しました。

まとめ

朝早く気合を入れて起きて、サンライズを見てきました。

すごくよかったのですが、アンコールワットのサンライズはメディアによく取り上げられていて、きれいな写真をよく見るんですよね。
そういった写真で見過ぎた結果、あれこんなもんかな?と思ってしまったのは事実…。

あと、手前にある聖池がちゃんとした綺麗な池かと思っていたんですが、どうみても大きい水たまりにしか見えませんでした。
ここ最近雨が降っていないらしく、水が干上がって水位が落ちてしまったらしい。

まあでも実際に行ってよかったですよ!
実際にこの目で見て、自分の手で写真を撮りたいという気持ちになります。

朝日を見終えた後は、宿で仮眠してアンコール遺跡巡りへ。
遺跡巡りのレポートは下記からどうぞ!

カンボジア旅行のまとめはこちら
【カンボジア – シェムリアップ旅行記】2泊3日でアンコール遺跡を1人旅してきた

カンボジアのオススメH.I.Sのツアー!

ホテル+航空券のみの予約はExpediaが安い!
カンボジアのホテルと航空券 - Expedia

ガイドブックは持っておこう!

この記事についたタグ
この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!