四面仏顔で有名なアンコールトム(バイヨン)遺跡を観光してきた!

ゴールデンウィークにカンボジアはシェムリアップに行ってきました!

前回のアンコールワットに続いて、今回はアンコールトムの観光レポートです。
アンコールトムはアンコールワットから北の方角にあります。

アンコールトムの地図

地図を見ても分かる通り、アンコールトムとはアンコール遺跡の中でもとりわけ大きい遺跡です。
ただ、遺跡の建造物がそんなに大きいわけではなく、敷地面面積で大きいんですね。というのも、アンコールトムは城砦都市遺跡と呼ばれており、日本でいうところの城と城下町までを含めた遺跡となります。
その城に該当するのが、アンコールトムの中央に位置するバイヨンです。

アンコールトムの四面仏塔

四面すべてに仏の顔が彫刻された石像がたくさんある遺跡です。
きん肉マンでいうところのアシュラマンですね。

今回はこのアンコールトムのバイヨンを観光してきたので、そのレポートをお届けします。

【スポンサーリンク】

アンコールトム(バイヨン)を探訪レポート

アンコールトムの南大門

こちらがアンコールトムの主要な入口である南大門です。
アンコールトムは周囲1辺3kmの城壁に囲まれており、東西南北それぞれに入口となる門があります。

こちらの南大門がアンコールトムの一番の主要入り口です。
というのも、アンコールトムはアンコールワットの次に見学されることが多いので、位置的にこの門を通る人が多いんです。
行き方はトゥクトゥクかタクシーになります。アンコールワットとセットで見学されることが多いですね。

門の上部には顔が付いてます。

バイヨン

南大門を抜けて10分ほどトゥクトゥクを走らせると、中央にあるバイヨンが見えてきました。
遺跡の建造物自体はアンコールワットより小さいですね。

日本がサポートしてる

入り口には日本の国旗が描かれた看板が。
日本が支援しているみたい。

アンコールワットは12世紀前半、こちらのアンコールトムは12世紀後半に建立されていので、時代背景が異なっています。
アンコールワットはヒンドゥー教寺院ですが、アンコールトムは建立開始当初は

見学の禁止事項

バイヨンを見学する上での禁止事項。
ノースリーブやハーフパンツなどの露出が多い服はダメらしい。
タイのワット・プラケオと同じですね。こういった宗教的に重要な遺跡や施設はこういう服装のルールがあります。

今でも補修工事が行われている

入り口横では補修工事が。
工事している現地人もルールに従っているためか、暑い中ちゃんと長ズボンです。

バイヨンの入り口

入り口に座っていた係員の人にアンコール遺跡入場券を見せて許可をもらう。
さっそくアンコールトムの中央祠堂であるバイヨンに入っていきましょう!

頭部が破壊された仏像

このアンコールトムの石造も頭部が破壊されていました。
これも悲しきカンボジア内戦の影響か。

中へ

入り口を通って、階段を登り中に入ります。

バイヨンの内部

階段を登り切ると開けた場所に。
上を見上げると無数の”仏顔”が!

仏顔のアップ

アップで撮影してみた。
一枚岩ではなく、複数の石を削って上手く組み合わせて作られているのがわかります。
四方向全てに仏の顔がついているので、四面仏塔と呼ばれています。
ちなみにこの顔は観世音菩薩という仏様。

きん肉マンのアシュラマンと違い、4つ全ての顔が笑顔の表情でした。
スマイリングフェイスともいわれています。
アシュラマンは喜怒哀楽の4種類の表情だったはず。たしか。

冠

顔だけでなく、冠の装飾までしっかりされています。

12世紀後半につくられたと言われていますが、どうやって作ったんだろ。
組み合わされている石も全て均等なサイズってわけではないし…設計図とかあったのかな。冷静に考えてもすごい技術ですよね。これ。

仏顔

経年劣化のせいか、顔の一部分が崩れてしまってきているものが多々あります。

仏顔の下には入り口

下には入り口らしき穴があります。

中は空洞

中は空洞になってました。
上を除くと光が差し込んでいて、なんかカッコイイ。

穴から覗く仏顔

穴から対面を除くと反対側には別の仏顔が。

仏像が飾られている

小さいサイズのものには、中に仏像がありました。
袈裟が新しいので、ちゃんと誰かが交換しているんですね。

一緒に撮影

小さめの四面仏塔と僕。
どことなく昭和のおっさんみたいな顔になってしまった。

反対側の階段を降りる

入り口とは反対側の階段を降りて外へ。

壁が崩壊している

こちらは壁が酷く崩壊していました。

外には猿がいた

外に出ると、瓦礫の山の上には猿が。

アップで猿を撮影

近づいても人間から逃げないので、写真撮り放題。

猿の家族

果物を食べているところを近寄って撮影してみた。
この猿達は家族だろうか。

子供の猿

子供の猿が近づいて戯れてきた。
可愛いな〜と思ってじゃれてたら…

まさかのズボンが破けた

爪で引っ張られてズボンが破れました…。

このあとまだ行きたい遺跡あるのにどうしてくれるんや…。
まあ普通にこの後も破けたままで見学しましたけどね。幸いゆるゆるのタイパンツだったので、破けた部分を縛って誤魔化しながら、観光を続けました。

まとめ

アンコールワットほどの知名度はないものの、
また違った遺跡のつくりになっており、面白かったですね。
四面仏塔といった遺跡物はアンコールワットにはなかったですし。

カンボジアの世界遺産といえば、アンコールワットのイメージでしたが、こちらのアンコールトムも負けず劣らず観光する価値があると思います。

この前に訪問したアンコールワットと今回のアンコールトム、そして次に訪問するタ・プロームは3つセットで見学されることが多いです。
3つとも違った特徴があります。

次回はタ・プロームの探訪レポートをお送りしたいと思います!
樹木の侵食が神秘的!タプローム遺跡を観光してきた!

他のアンコール遺跡群の観光レポートは下記から

カンボジア旅行のまとめはこちら
【カンボジア – シェムリアップ旅行記】2泊3日でアンコール遺跡を1人旅してきた

カンボジアのオススメH.I.Sのツアー!

ホテル+航空券のみの予約はExpediaが安い!
カンボジアのホテルと航空券 - Expedia

ガイドブックは持っておこう!

この記事についたタグ
この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!