オトクに海外旅行するなら...

【2泊3日 台湾・台北旅行 – 2日目】台湾の猫の街『猴硐(ホウトン)』と夜の街『九份』へ!国鉄に乗って台北から移動!

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
年末3連休を利用して、台湾は台北に行ってきました!

今回は滞在2日目の様子をレポートしちゃいます。

1日目はピーチ航空の朝5時発という超早朝便で台北にフライト。羽田空港で野宿したので体力的にはキツイですが、そのおかげで昼前に台北市内に到着。
海外旅行の1日目は移動日になってしまうことがあるあるですが、今回は初日から時間を有効活用できました。

その後、台北市内を中心に食べ歩きつつ、中正紀念堂や士林夜市など主要な観光地をふらふらと回りました。

2日目となる本日は台北市内を離れます。
少しマニアックな場所まで行ってみようかと思います。

雨が降る台北市内

天気はあいにくの雨ですけどね…。
傘持ってきてなかったので、コンビニで普通に買いました。

【スポンサーリンク】

東門駅の『高記』へ

台北市内から離れる前に、まずは腹ごしらえ。
朝食兼昼食を食べます。

MRT(地下鉄)で東門駅までやってきました。
台北駅から3駅だったかな。

この東門駅は旅行雑誌の台湾グルメ特集などで取り上げられがちな有名レストランが点在しているので、飯に困ったら東門駅に来るのがオススメ。

ちなみに、有名な鼎泰豊もあります。
ただし、“日本人”ですごく混んでます。普通に日本にもけっこうな店舗数があるので、個人的には別に台湾で行かなくても…っていう感じがしますけどね。

高記

僕が今回利用したレストランは『高記』です。
発音的には”カオチー”と読むらしい。

鼎泰豊と同じく、小籠包や包子などの中華料理で有名なお店です。
ここも同じく人気店ではあるものの、近くにある鼎泰豊の注目度のおかげで、早めの時間帯なら並ばずに入れます。

高記の中の様子

店内はこんな感じ。
初日に行ったローカルなお店と違い、小奇麗なレストランです。

小籠包

王道の小籠包に…

焼き小籠包

焼き小籠包も。
その他、炒飯、麻婆豆腐など、いわゆる飲茶的な食べ方でいろいろな種類の中華料理を満喫しました。

飲み物も合わせて、一人あたり1,200〜1,300円ほど。
昨日食べた炸醤麺等の値段と比較すると高いですが、まあ十分なコスパでしょう。

マンゴーかき氷

食後は近くのカフェでマンゴーかき氷をいただきました。
値段は500円くらいだったかな。

数年前から日本でもかき氷ブームが来ていますが、日本だと普通のかき氷ですら1,000円近い金額しますからね。
このマンゴーかき氷なんて1000円超えは確実でしょう。

そういう意味でもコスパ的に台湾は素晴らしいですね。

台湾の猫村『猴硐(ホウトン)』へ

台北駅構内

さて、食事を終えて台北駅に戻ってきました。
冒頭でお伝えしたとおり、台北の中心地から離れてみようと思います。

向かう先は『猴硐』という場所です。
“ホウトン”と読むのですが、なんと台湾の猫の村として有名な街らしい。

最近はSNS上での猫のコンテンツ力もあり、観光客も増えているとのこと。まあ実際、猫カフェならぬ猫の村なんて素晴らしいことこの上ないですからね。

なお、猴硐への行き方ですが、
台北駅から国鉄に乗って移動します。
台北から1時間ぐらいですね。

国鉄は日本でいうJR的なものです。
台北の中心地内はMRTで移動しますが、台北から離れた1時間以上の移動にはこの国鉄を使うのが一般的みたい。

猴硐駅(ホウトン)

無事電車を乗り継いで、目的地の猴硐(ホウトン)に到着。

駅自体はかなり田舎の雰囲気が漂っています。
街の中心の駅から30分ほどいった各停しか停まらなくて、使わない人からすると「この駅いる?」と謎に疑問視されがちな駅の雰囲気です 。

猴硐(ホウトン)の町並み

パッと見、街の雰囲気もしなびた田舎町のような感じを醸し出しています。

ただ、あちこちに野生?の猫がいるんです。

猫

これはそのうちの一匹。
いやー、可愛い。猫は正義だわ。

人にも慣れていて、とても可愛い。
特定の誰かに飼われているのではなく、街で飼っている感じですね。

猴硐(ホウトン)の地図

街全体はこんな感じ。
街といいつつ、田舎は田舎なので決して広くはないんですが、駅周辺に猫を主体としたお土産やカフェなどが並んでいます。

もともとこの街は石炭の発掘で栄えた街で、その街に住む人達がネズミ避けとして猫を飼ったことが始まりで、猫が増えていったとのことです。
燃料の主役が石炭から石油に移り変わっていき街が廃れていく過程で、猫がたくさんいることを町おこしのキッカケにしたみたい。

もっと詳しくレポートしたいのですが、長くなってしまいそうなので、猴硐(ホウトン)の訪問レポートは別記事にて公開しようと思います。

夜の九份へ

瑞芳駅

さて、ホウトンを離れ、次の目的地へ。
行き先は今回の旅の目的その2である九份です。

前回台湾に来たときも九份には来てるんですが、その時は昼だったんです。
ただ、やはり九份といえば夜。ガイドブックに載ってる九份の写真とか、だいたい夜の情景ですからね。
赤い提灯がいい感じに明りを灯す雰囲気がロマンティック?まではいかないにしろ、いい感じなんでしょう。

瑞芳駅から九份へ

九份へは、瑞芳という駅からバスorタクシーで行くことができます。
そして、瑞芳はホウトンから台北に戻る途中にあるので、わりと一緒に行きやすいですね。

ちなみに、瑞芳駅から九份へは、
・バスだと15元(約54円)
・タクシーだと205元(約740円)
という料金でした。
タクシーも基本均一の料金設定になってるので、ボッタクリもなさそうです。

バスのほうが圧倒的に安いですが、乗り場まで少し駅から歩く必要があるのと(200mくらい)、依然として雨が強かったので、タクシーを選びました。

九份の入り口

瑞芳から30分ほどかかって、九份の入口に到着。

そして、降り続く生憎の雨。
標高が台北より高いからか、台北にいた時より雨強くなってるんですけど。

さすがに傘だと限界なレベルの雨なので、九份の入口横にあるセブンイレブンで急遽カッパを購入。

カッパが飛ぶように売れていて、
「ここで装備していくかい?」
「はい」
という会話のごとく、その場で封を開ける人が多数でした。

九份の入り口赤提灯がいい雰囲気

カッパを装着して雨への防御力が上がったので、さっそく九份の中へ。

入口付近の商店が並ぶエリアはアーケードっぽくなっていて、屋根があるのでラクですね。
先に進むと屋根がなくなり、雨との戦いとなります。

雨の九份

あー、たしかにいい感じの雰囲気。
いい感じを具体的に言葉にするのが難しいんですけどね。

テキトーに撮ったものだけど、雨とあいまって良さげな写真になりました。

まあこの時は雨ヤバいし靴がビショ濡れだし、気持ちはわりと落ちてましたけどね。

赤い提灯がいい感じですねー。

さらに先に進むと…

阿妹茶酒館

はい、九份といえばこココ
阿妹茶酒館(あめおちゃ)です。

いわゆる千と千尋の神隠しのモデルになったとされている場所です。
ジブリは公式に否定してますけどね。

阿妹茶酒館の九份の景色

裏手の階段のところから写真を撮ると、お馴染みの景色が拝めます。

ただ、雨が…。
雨が強すぎてゆっくり写真を撮ってられない…笑
雨でカメラが壊れるという一抹の不安が。

九份と自分。
黄色のビニールはカッパです。

ほんとはもっとゆっくり九份を満喫したかったんですが、天気の都合で早めに台北に戻ることに。ありがとうございました。

この時期の九份は雨が降りやすいらしいですね。

ホステルへ移動

台北 OXYGEN HOSTEL

台北に戻って、いったんホステルに戻りました。
2日目は台北 OXYGEN HOSTELというホステルに宿泊。

1日目はダイアリーオブ台北に泊まっていたのですが、なんと1泊分しか予約できていなかったことに当日気付いて、急遽手配したホステルです。

Booking.comで予約して、値段は1,331円でした。
まさかの当日予約でしたが、意外に安く済みました。

部屋の様子(6人部屋)

部屋も綺麗で快適。
クリスマスの連休空きだったし、値段が安かったので不安でしたけど、十分すぎるクオリティでした。普通に次も泊まってもいいと思うレベルです。

寧夏路夜市

寧夏路夜市

ホテルで一休みしたら、軽く夜市へ。

初日は士林夜市だったので、2日目は場所を変えて、寧夏路夜市にしました。日本語読みだと「ねいかろ夜市」かな。現地語では「ニンシャー・イエスー」です。

ただ、雨の影響もあってか、夜市の半分くらいしか店が空いてませんでした…。
土曜日なのに客もまばらでしたしね。雨の影響つらい。

適当な飲食店でソーセージドッグ?みたいなものを食べました。
白いパンだと思ってたら、まさかの米っていうね…笑

そんなに美味しくなかったです苦笑

台湾の写真映えスポットの猫村と九份を満喫!

最後の夜市は残念な感じになってしまいましたが、朝の飲茶に始まり、猫の村の猴硐、夜の九份など、台湾を十分満喫できたと思います!

雨が降ってなかったら、もっと満足度は高かったんですけどね。
まあきっと台湾はまた来る機会がありそうなので、その時のお楽しみということで。

最終日となる3日目は昼の便で日本に帰国するので、午前中に再び軽く食べ歩きをしつつ、空港に向おうかと思います。

台湾までの航空券はスカイスキャナーで探すのがオススメ!
格安航空券探しはスカイスキャナー
スカイスキャナー

台湾のオススメグルメは安定の地球の歩き方で探そう!

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!