オトクに海外旅行するなら...

【2泊3日 台湾・台北旅行 – 1日目前編】羽田空港で野宿して、早朝のフライトで桃園国際空港へ!

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。

昨年の年末3連休を利用して、台湾は台北に行ってきました!
せっかくの3連休なのに特に予定がないという悲しい感じだったので、急遽航空券を手配しちゃいました。

LCC利用ですが航空券往復で3.5万円ほど。
3連休でしたが意外に安く済ませることができました。

台湾への渡航はなんと4年ぶり。


4年前に行った九份の写真

4年前に初めて旅行したときもこのブログに旅行記を書いてます。

ただ、今回の旅行の目的はYoutubeの撮影です笑

今年からブログだけでなく、Youtubeでも旅行記(Vlog)を公開できればと思い、過去に行ったことがある台湾でいろいろお試し撮影してみようということに。

といいつつも、久しぶりの台湾。
今回も同じようにブログでも旅行記をお届けしていこうと思います!

【スポンサーリンク】

羽田空港から深夜便で台北へ!

京急線 羽田空港国際線ターミナル駅

はい、というわけで例によって、羽田空港国際線ターミナルにやってきました。

仕事終わりに直接、品川から京急線で羽田空港へ。

今回はピーチ航空の早朝便で台北はフライト。
LCCですが成田ではなく、羽田の国際線発でした。

羽田空港国際線ターミナル チェックインカウンターA

登場する便はMM859
朝5:50フライトという、いわゆる早朝便です。

ちなみに、朝5:50は電車の始発で羽田空港に向かっても間に合わないという、なかなかハードなフライトとなっています。
そのハードさ故か、3連休の初日でしたが、比較的安く手配することができました。

深夜の空港は寝てる人多数

というわけで、今回は終電で羽田空港にやってきました。
空港内で野宿するパターンです。

まあ実際はチェックイン開始の3時半頃まで仮眠という感じですけどね。

写真の通り、同じような方が結構いるみたいで、横になれる3人掛けのベンチはほとんど先約がいました…。なんとか空いているベンチを見つけて仮眠。

ピーチ航空のボーディングパス

3時間ほど仮眠して、チェックイン。
寝れたといえば寝れたんですが、疲れが溜まってツライ…。

今回はLCCなので座席を指定していないのですが、なんと“2A”でした。
前から2番目かつ窓際というすばらしい位置。

SKY LOUNGE

チェックイン後はすぐにイミグレを抜けて、ラウンジへ。

いわゆるカードラウンジですね。フリーのソフトドリンクがあるくらいのシンプルなラウンジです。

羽田国際線はプライオリティパスで利用できるラウンジではないんですよね…。
ラウンジでシャワーを浴びるなどしたかったんですが…。

ちなみに、羽田国際線ターミナルには24時間営業の有料シャワースペースがあるんですが、チェックイン後に向かったらなんと60分待ちでした…。

過去に利用したときにレポートしているので、参考までに。
誰でも利用可能!羽田空港の国際線ターミナルの便利なシャワールーム!

ボーディング

ラウンジでギリギリまで休憩し、ボーディングへ。
早朝便でしたが、さすがの3連休初日、満席でした。

フライト後、気づいたら寝落ちしてました。

飛行機からの眺め

シートベルトサインが点灯する頃に目が覚めて、
外を見るといい感じの青空。

桃園国際空港

わずか3時間ちょい、あっという間に台湾に到着。
台湾の主要空港である桃園国際空港に到着です!

なお、ほぼ同じ内容になってしまいますが、ピーチ航空早朝便の詳しい搭乗レポートは別記事にて書きましたので、ぜひお読みください!


台北の桃園国際空港に到着!

空港内の無料シャワー施設を利用

桃園国際空港のシャワー

さて、無事に台湾についたわけですが、
やはり空港で野宿しているので、なんとなく疲れが抜けておりません。

羽田空港でシャワーを浴びられなかったわけですが、そんな僕みたいなパターンの方に朗報。
なんと桃園国際空港には無料で利用できるシャワースペースがあるのです。

場所は、受託手荷物の受け取り場所にあります。
看板に案内があるので、それを目印に移動しましょう。

シャワールーム

シャワースペースはこんな感じ。
受付のスタッフもいなくて、トイレさながらのようにふらっと立ち寄れます。

無料ですが、清掃はきちんと行き届いていました。
さすがにタオル類はありませんが、シャンプー、ボディソープなどは用意されていたのが嬉しい。

こちらでシャワーを浴びて、リフレッシュできました。

MRTに乗って台北市内へ

EASY CARDを買う場所

リフレッシュができたら、さっそく台北市内へ移動します。
空港のATMにてクレジットカードのキャッシングで現地通貨を入手して、して、台北駅までの電車に乗ります。

ちなみに、4年前に来た時はこの空港→台北駅のMRT(地下鉄)は完成していなかったので、当時はバスで移動しました。
値段だけでいえば、バスのほうが安いですが、電車のほうが早く到着します。

こちらの窓口で台北市内の地下鉄に乗り降りできるEASY CARDを購入します。
日本でいうSuicaとかPasmoみたいなものです。

台湾のsuica EASY CARD(イージーカード)

こちらがEASY CARD(イージーカード)の現物。
500元(約1,800円)で購入でき、その内訳は

  • ・手数料 : 100元(約360円)
  • ・チャージ : 400元(約1,440円)

となっています。

MRTに乗って台北市内に移動

看板の案内に従って、乗り場に移動し、無事に乗車。
36分ほどかけて、台北市内に移動します。

台北駅に到着!

地下鉄の構内

台北駅に到着しました。
比較的新しくできた電車のホームだからか、構内が綺麗。

台北駅周辺

駅構内をふらふらと歩いて、地上にでました。
この景色、見覚えあるぞー。

4年前に来たときは、写真の正面に見える新光三越というデパートの近くの宿に宿泊していたので、よく覚えています。

台北駅

こちらがお馴染みの台北駅。
台北に旅行した人は一回はこの建物の写真を撮影しているはず。

宿泊先のダイアリーオブ台北に到着!

ダイアリーオブ台北

台北駅から歩くこと5分ほど、今回宿泊するホステルに到着。
ダイアリーオブ台北』というホステルです。

ホステルタイプ(相部屋)とシングルルームどちらも部屋として用意があるみたいですが、価格重視でホステルタイプを予約しました。

値段は1泊2,500円
Booking.comで予約しました。
もっと安い宿はあったけど、駅への近さとレビュー評価の良さでここに決めました。

ダイアリーオブ台北のカウンター

チェックインカウンターの前はこんな感じ。
まだ午前中で部屋には入れなかったので、大きな荷物だけ預けました。

宿に荷物を置いて、台北市内の食べ歩きへ!

荷物も預けて身軽になったので、さっそく台北市内を観光していきたいと思います。

4年前に来たときは主要観光地巡りがメインでした。
今回は初日は食べ歩きをメインに、いろんな店をあちこち巡る予定です。

食べ歩きについては、次回の記事でお届けしたいと思います。

台湾までの航空券はスカイスキャナーで探すのがオススメ!
格安航空券探しはスカイスキャナー
スカイスキャナー

台湾のオススメグルメは安定の地球の歩き方で探そう!

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!