日本人にも人気『バンフインターナショナルホステル』宿泊レポート!ダウンタウンも近くて便利!

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
先日、カナダはカナディアンロッキーで有名な『バンフ』に旅行してきました!

一人旅だったので、バンフ滞在中はホステルに滞在してました。
ゲストハウスやバックパッカーというやつですね。

2泊3日の旅行だったのですが、この夏の時期は観光ハイシーズンということもあり、なかなか宿が空いていなかったので、2つの宿に1泊ずつ滞在することに。

今回はそのうちの一つである『バンフインターナショナルホステル』を紹介します!

1泊だけ滞在して、68カナダドル(約6,049円)でした。
ちなみに、部屋は男女共用の6人部屋(朝食付き)です。

【スポンサーリンク】

バンフインターナショナルホステル宿泊レポート

まずは場所について。
バンフのダウンタウンから徒歩で10分程度の距離にあります。

中心地に近いため、買い物には困らないし夜遅くまで飲んでいてもすぐにホステルに戻れるので、立地はかなりいいです。

バンフインターナショナルホステル(Banff International Hostel)

こちらがバンフインターナショナルホステルの外観。
英語で書くと『Banff International Hostel』ですね。

建物外観

左の建物にフロント、メインのラウンジ、キッチンがあります。
そして、右が宿泊客の部屋がある建物になっています。

左の建物へ

まずは左の建物にてチェックイン。

フロントデスク

中に入るとフロントデスクが。

無料PCコーナー

その手前にはPCコーナーもありました。
無料で利用できるみたい。使わなかったけど。

ついでにATMがあるのも便利。

ホステルが実施するイベント告知掲示板

フロントデスクの壁にあった掲示板。
ホステルが毎日何かしらのツアーやイベントを企画してくれているので、バンフ到着後に特に予定を決めていなかった方は参加してみるのもありかも。

交流スペースのラウンジ

フロントデスクの左手にはちょっとした交流スペースもありました。
いわゆるラウンジってやつですね。

キッチン

建物の地下におりるとキッチンがあります。
バンフのレストランは観光地価格で高めなので、(またそもそもカナダの物価が高いのもあるけど)、長期滞在する方や節約したい方は自炊も可能。

欧米圏のバックパッカーの人はけっこう自炊してるイメージ。

食事する用のスペース

キッチン横には食事する用のスペースもあります。
ちょっと手狭なので、朝食のときはかなり混雑してました。

シアタールーム

その横にはシアタールーム?的なスペースも。
使ってる人誰もいなかったけど。

宿泊部屋がある建物

フロントがある建物を一通り見た後は、宿泊部屋がある建物へ。

ルームキー

こちらはチェックインでもらったルームキー。
216号室のベッドナンバーはEでした。

部屋は全部カードキータイプでオートロック式でした。扉についているセンサーにこのカードキーを当てるだけで鍵が開きます。

実際の部屋

こちらが実際に泊まった部屋。
ちょっとわかりにくいですが、2階建の部屋です。

1階には2段ベッドが2つ。
2階部分にはシングルベッドが2つあり、6人部屋でした。

シングルベッド

こちらが僕が利用したベッド。
ホステルでは珍しいシングルベッドタイプ。

快適でしたが、枕元にコンセントがなかったのが辛かった…。
幸い延長ケーブルを持っていたので何とかなったけど。

もちろんWIFIもあります。
ただし、全部屋共通のWIFIなので、時間帯や利用人数によっては遅くなることもあるかもしれません。僕は快適に使うことができました。

洗面所

部屋にある洗面所。
全て部屋に水回りが備わっていました。

シャワーとトイレ

シャワーとトイレは一緒でした。
シャワーの水圧も良好できちんとお湯もでるし問題なし。

こういったホステルって水圧が弱かったり、お湯がでないことがたまにあるので、実はけっこう重要なんですよね。
まあ寒いバンフでお湯がでなかったらかなりヤバイですが…笑

朝飯はキッチンにて!

キッチンにて朝食

宿泊プランは基本的に全て朝食付きでした。
朝食は朝7時〜9時だったかな。
朝一番に朝食を食べたので、一番乗りでした。

その時間になると、キッチンにいろいろと朝ごはんが置いてあるので、各自が自由にピックアップして食べるシステムですね。

ブラウニー、菓子パン、オレンジ

チョコベースのブラウニーと菓子パン。
それにフルーツとしてオレンジ。

食パン、ジャム、ヌテラ、ピーナッツバター

カナダでお馴染みの食パンとピーナッツバター。
各種ジャムやバター、はちみつにヌテラもありました。

シリアルとミルク

もちろんシリアルとミルクも。

飲み物はコーヒー、オレンジ、紅茶

飲み物はコーヒーとオレンジジュース、あとは紅茶用のお湯ですね。
ざっと欧米圏のホステルでよくある朝食といった感じです。

立地も抜群で安く済ませるならオススメ!

たった1泊でしたが、満足度の高いホステルでした!
今回は夏季ハイシーズンの週末に宿泊したため1泊6000円という少し高い金額でしたが、他の時期はもう少し安いみたいです。

ちなみに、バンフは完全に観光地の街なので、普通のホテルに宿泊すると安くても1泊2万円以上はするので、ホテル代を安く済ませるならホステル一択だと思います。

ここの隣にSamesun Banffというもう一つ有名なホステルがあります。
ですが、バンフインターナショナルホステルの方がまったりしている印象です。Tripadvisorのレビューを見る限り、日本人もこちらのほうが多いみたい。実際、朝食の時けっこう日本人を見かけました。
僕の部屋は外人オンリーでしたが。

なお、Samesun Banffにも宿泊したので、別の記事で改めてレポートする予定です。

バンフインターナショナルホステルの予約方法は?

バンフインターナショナルホステルはAgodaExpediaBooking.comなど主要な海外ホテル予約サイトで予約可能です。

ですが、予約はBooking.comでするのがオススメ。
下記リンクから予約すると、2000円のキャッシュバックがもらえるからです!
すでにユーザー登録済みの方も適応されますよー!

バンフインターナショナルホステルをBooking.comで予約する

もう一つの有名なホステル『セイムサンバンフ』にも宿泊しました!
『セイムサンバンフ(Samesun Banff)』宿泊レポート!欧米人に人気の交流が盛んなホステル!

今回のバンフ旅行記は下記よりどうぞ!
1日目 : バンフ市内・ダウンタウン散策編
2日目 : レイクルイーズ、モレーン湖、ヨーホー国立公園ツアー編

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!