海外旅行のオススメ記事

【モンゴル年越し旅行記】4日目 – モンゴルの列車に乗って初日の出を拝み、ガンダン寺でチベット仏教の占いを体験!

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
年末年始にモンゴルはウランバートルにH.I.Sのツアーで行ってきました!初の海外年越しにまさかのモンゴルをチョイスしたわけですが、非常に楽しめました。

今回はそんな年越しモンゴル旅行の4日目の様子をお届けします。
3日目となる昨日は12月31日(大晦日)で、ウランバートル市内のスフバートル広場でカウントダウンイベントに参加してきました。

4日目は朝早く起きて、列車に乗って初日の出を拝みに行きます!

【スポンサーリンク】

モンゴルで初日の出を拝む

ウランバートル駅

さて、本日は早朝朝4時半に起きて、初日の出を拝みに行きます。

昨日(というか実質今日)のカウントダウンイベントを深夜1時に切り上げて、ホテルに戻ったのが深夜1時半過ぎ。
そこから寝入ったのが2時前後なので、実質2時間半くらいしか寝てないことになります。ほぼ仮眠だなコレ。

初日の出はモンゴルの鉄道に乗って初日の出スポットに向かいます。
というわけでウランバートル駅へ。

モンゴル発のシベリア鉄道

左の緑の列車が初日の出スポットに行く列車です。
ざっと聞いた話だと、この列車、シベリア鉄道とのこと。

今回は初日の出用の運行なんですが、普段はロシアまで行くらしい。

シベリア鉄道の乗車券

乗車券はこんな感じ。
ツアー旅行なので、駅で購入したわけではなく、添乗員から配布されました。

寝台列車

シベリア鉄道ということで、寝台列車のような形です。
日本で一般的な列車の座席はなく、寝台車や食堂車で構成されてます。

寝台車の寝室

部屋はこんな感じ。
二人一組で利用。

一応折りたたみの二段ベッドになっていたので、定員は4人みたい。

この部屋が何等車なのかはわからないですが、4人で寝れるようになっているので、一等車ではないと思う。

食堂車

朝ごはんは食堂車で。
写真は撮り忘れたけど、パンとたまご、サラダという洋食スタイルのシンプルな朝食。

ちなみに、ウェルカムドリンクでシャンパンをもらいました。
一応ドリンクは飲み放題で、ビール等のアルコールも飲めたけど、さすがの朝一で飲む気分にはなれなかったなー。

初日の出スポット

2時間ほど電車に揺られて、おそらく初日の出スポットに到着。
ちなみに、朝食を食べた後は部屋で爆睡でした。

カウントダウンイベントで騒いだ後の2時間半起きはアラサーにはキツイ…笑

外はマイナス31度のモンゴル

時間的には8時くらいになってましたが、まだ日は登らず。
寒い地域だからか、日が昇るのが遅いんですね。

ちなみに、気温は-31度でした。
寒いを通り越して、痛い…。

焚き火

ストーブ?がわりの焚き火。
この近くにいないと、寒くて辛い。

日の出

少しずつ日が登ってきた…

初日の出 in モンゴル

そして、日の出!!!
モンゴルで拝む2018年最初の太陽。

集合写真

一応列車の前で集合写真。
感動的!っていう感想を持つよりも寒さが勝ってしまい、初日の出を観て写真を撮った後は、そそくさと列車に戻りました笑

ウランバートルに戻る

完全に日が登った後は再びウランバートル市内に帰還。
いい天気なんだけど、外は極寒です。

モンゴルの民族音楽

帰りの列車の中では、モンゴルの民族音楽の生演奏を聞きながらゆっくりと。
特に、喉の奥から音を出して歌うホーミーというモンゴル文化の歌い方が非常に印象的だった。

ウランバートル駅に帰還

ウランバートル市内に戻った頃はすでにお昼。

モンゴル料理『ボーズ』

というわけで昼食。
昼食は昨日に続き、モンゴル料理の『ボーズ』

モンゴル版の蒸し餃子です。
餃子の中身の具はもちろん羊の肉。
昨日食べたホーショールという料理は揚げ餃子、今回のボーズは蒸し餃子といった感じ。普通に美味しけど、毎日肉なので飽きている人も何人かいましたね…。

モンゴルは肉をメインに食べる文化で、野菜を日常的に食生活に取り入れるようになったのは、2000年に入ってかららしい。
ちなみに、魚は海沿いの地域じゃないと、ほぼ食べないとのこと。
すごいなモンゴルの食生活。

ガンダン寺でチベット仏教の占いを体験

ガンダン寺

昼飯後は、モンゴルのお寺で初詣&占い。
Megjid Janraisig Datsanというお寺で、日本語ではガンダン寺

正面に写っている建物が本堂で、テクツェンリン堂という名前らしい。
お寺の敷地自体はかなり広いです。

本堂の中は写真撮影禁止でしたが、お金を払えば撮影できるとのこと。
払わなかったけど。

テクツェンリン堂
【引用】Mongolia Travel Guide

なので、引用させてもらいました。
中にはこんな感じの大きなチベット仏教の仏像がありました。

チベット仏教の占い

その後は別の建物の行き、チベット仏教のお坊さんに祈祷&占いをしてもらいました。

ただ、お坊さん、途中でよそ見したりなど、けっこうテキトーだった気がする。
あと、初日の出のために朝早かったので、お経を詠んでいる最中は当然のごとく寝落ちしてしまいました…笑

占いもモンゴル語で、ガイドさんに通訳してもらったものの、大吉みたいな感じで結果が出るわけではないので、いまいちピンと来なかったなー。

夕食は中華

お寺を後にして、夕食へ。
夕食は中華でした。この他にも酢豚や炒飯など。
美味しいんだけどね、味濃いめの食事が続くと、さっぱりした和食が恋しくなる…。

夕食後は特に決まった予定もなく、ホテルのバーで軽く飲んで解散。
朝早かった分、就寝も早かった気がする。

5日目は実質最終日!モンゴルの民族舞踊を鑑賞!

というわけで、4日目は初日の出と初詣という正月らしい一日でした。
国が違うからか、あんまり正月感はなかったけど。

そもそもモンゴルも暦は旧暦を使っているので、12月31日〜1月1日の正月はそんなに派手にお祝いしたりする文化はないらしい。
その分、旧正月(2月2週目だったかな?)1週間まるまる休みになるなど、家族で団欒したり、お祝いしたりするみたい。

モンゴル旅行もあと2日目ですが、最終日は早朝のフライトで帰国するだけなので、明日(5日目)が実質最終日。

最終日はお土産を買ったり、モンゴルの民族舞踊のコンサートをみたりして過ごす予定。

5日目のレポートは下記からどうぞ!
【モンゴル年越し旅行記】5日目 – モンゴル歴史博物館を見学して、民族舞踊コンサートを鑑賞しました!

モンゴルのH.I.Sツアーはこちら↓↓
【H.I.S.】おすすめモンゴル旅行・ツアー

ガイドブックは必須です!

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

【モンゴル年越し旅行記】4日目 – モンゴルの列車に乗って初日の出を拝み、ガンダン寺でチベット仏教の占いを体験!
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!