海外旅行のオススメ記事

【モンゴル年越し旅行記】1日目 -30度の世界!極寒のモンゴル、ウランバートルへ

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。

2018年、あけましておめでとうございます。
年をとるに連れて日が経つスピードが早くなっていく感じがします。

さて、2017年から2018年にかけての年越しはモンゴルに行ってきました!
海外にはあちこち行っていますが、海外で年を越すのは実は初めて。友人からモンゴルでの年越しツアーに誘われたので、値段も安かったし、勢いで参加しちゃいました。

行く前から
「年末年始何するの?」
「モンゴル行くよ!」
「なんでモンゴル!?」
ってめっちゃ聞かれますけど、理由は安かったからです…!
まあ、あまり行く人もいないから、話のネタとしては面白いんじゃないかなーと思いまして。

なお、食事、航空券、宿泊など全部込で約130,000円でした。
年末年始の期間でこの価格なら安い。さすがモンゴル笑

ちなみに、期間は12月29日〜1月3日の5泊6日です。
ツアーもTrippieceという旅行SNSを使ったH.I.Sの企画です。

冬のモンゴルは-30度の極寒の地。どんな旅行になるのでしょうか。
というわけで、モンゴル年越しツアーの旅行記をお届けします。

【スポンサーリンク】

日本からモンゴル、ウランバートルへ飛ぶ!

成田空港 ターミナル1

12月29日の年末の休み初日に成田空港へ。
モンゴルへはMIATモンゴル航空というモンゴルの主要航空会社を使って首都のウランバートルまでフライトします。

かなりマイナーな航空会社ですが、成田から直行便です。
フライト時間は約5時間30分。

チェックインカウンター J

チェックインカウンターは行列でした。
一緒のツアーに参加する人たちもここで合流。

MIATモンゴル航空 ボーイング737

こちらが登場する飛行機。
5時間半という中距離のフライトなのでエアバス330とかボーイング787かなーと思っていたんですが、まさかのボーイング737でした。

MONGOLIAN AIRLINE

MONGOLIAN AIRLINEの文字ががっこいい。

ツアー参加者と一緒に集合写真

ボーディング前に一緒のツアーに参加するメンバーと集合写真。

先述の通り、今回のモンゴル旅行はTrippieceという旅行SNSを利用したH.I.Sの企画ツアーでして、モンゴルに行きたい人達が集まって実施されました。ということで、ほぼ全員初対面。
初対面の人たちと旅行するのってどうなんだろーって思いましたけど、参加者同士が初対面ばかりだったので、結果として仲良く楽しく旅行できました。

MIATモンゴル航空の機内食

機内食はこんな感じ。
チキン、ビーフ、フィッシュの3種類あったけど、機内後方に座っていた僕に配られる頃は、チキンしか選択肢がありませんでした。

モンゴル版のForbes

機内雑誌の表紙が力士顔で笑った。
モンゴル人の典型的な顔なのか。

アライバルゲート

無事に5時間半ほどでモンゴルはウランバートルに到着。
ちなみに時差はマイナス1時間です。

アライバルで現地のツアーガイドの方と合流。
送迎バスに乗って宿泊先のホテルへ移動します。

なお、詳しい飛行機の搭乗レポートは別記事で書きました↓↓
MIATモンゴル航空「成田〜ウランバートル」搭乗レポート OM502便

ウランバートルに到着!宿泊先のホテルへ

バス乗り場へ

バス乗り場に向かって、いよいよ極寒の地モンゴルの外へ!!!
バスの乗り場まで2分ほど外を歩くだけなんですけどね…

マジで寒い!!!!!!

外出た瞬間は「案外イケる!」って感じるんですよ。
ただ1分もしないうちに肌の露出している部分が痛くなってきます。特に手とか。

飛行機内は暑かったし、モンゴル用の防寒装備はスーツケースの中に入れたままだったのが失敗。手袋やニット帽くらいは手荷物にしておくべきだったと反省。

冬のモンゴルの気温

気温を見たら-21度。
ガイドさん曰く、普段は-20度後半なので、ちょっと暖かいほうらしい。

送迎用のバン

寒い寒いとわめきながら、送迎用のバンに乗り込みます。

ホリデーイン モンゴル

空港から30分?ほどでホテルに到着。
宿泊するホテルはホリデー・インというホテルです。

インターコンチネンタルホテルのグループで世界展開している4つ星ホテルで、東南アジア圏でも1泊1万円超えるいいクオリティです。

ホテルのエントランス

ホテルのエントランスで全員集合。
ガイドさんから鍵を受け取り、翌日のスケジュールの詳細を聞きます。

エントランスのクリスマスツリー

エントランスにはなぜかクリスマスツリーが
すでに12月25日はとうに過ぎているのに…。

後でわかったんですが、モンゴルでは文化的にクリスマスと年越しを同時に祝うらしく、すなわち、モンゴル国内ではまだクリスマスは終わっていないとのこと。

ホリデーイン ウランバートルの部屋

部屋はこんな感じ。
普通にクオリティの高い部屋でした。

シャワーもちゃんとお湯が出るし、水圧も問題なし。
WIFIもちゃんと完備されています。
東南アジア圏ですらゲストハウスとか安めのホテルばかり泊まっていた自分には十分すぎるクオリティです。

ホテルのバーで乾杯

ホテル到着が10時過ぎ。
就寝まで少し時間があったのでホテル上層階のバーで乾杯!

こういうホテルのバーって基本高めの料金設定だと思ったんですが、モンゴルの物価からか意外に安く納まりました。ビール1杯200〜300円くらいだったかな。

ホテルのバーで乾杯して、2日目へ!

1日目はほぼ移動日となってしまいました。
まあ海外旅行はだいたい初日は移動日になるので仕方ない。

旅行はいつも自己手配なので、ツアーってほんとに楽だなーと実感。
いつもなら空港でSIMカードの購入と現地通貨のキャッシングをするんですけどね。

今回は航空券、宿泊、食事、現地の観光費などオールインクルーシブなので、その必要もなし。お土産を買う時もクレジットカード使えばいいかなーと。

というわけで、初日の出発からホテル到着までをお送りしました。
2日目はモンゴルの雪原を観光する予定です!

2日目の様子は下記からどうぞ!
【モンゴル年越し旅行記】2日目 – モンゴルの雪原にある遊牧民のゲルで極寒体験!

モンゴルのH.I.Sツアーはこちら↓↓
【H.I.S.】おすすめモンゴル旅行・ツアー

ガイドブックは必須です!

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ
このブログへのコメント
  • 【モンゴル年越し旅行記】2日目の記事を拝見。 –マイナス28℃の極寒モンゴル旅には大変驚きました。今もこんな世界で何千年も当り前に生活している方々が実在するなんて、不思議な感慨を覚えます。オボの由来など以前から調べて居ますが、雪山になったオボは初めて見ました❢ ワン君たちも超カワイイ!

    投稿した人 : 紅山子18年05月31日
  • > 紅山子さん
    コメントありがとうございます!
    日本とは生活スタイルが全然違い、僕自身もかなり驚きをうけました。
    オボの犬可愛いですよね♪ここから動こうともせず、守り神のように佇んでいたのも印象的でした!

    投稿した人 : ねづ18年06月16日

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!