【熊本1泊2日旅行記】ふっこう割で熊本を満喫してきた!(後編) – 阿蘇山周辺

こんにちわ、ねづ(@nzakr)です。

じゃらんのふっこう割を利用して、1泊2日で熊本へ国内旅行に行ってきました!
今回は後編として、2日目の行動をお送りしようと思います!

前編の様子は下記
【熊本1泊2日旅行記】ふっこう割で熊本を満喫してきた!(前編) – 熊本市内

それではいってみましょう。

【スポンサーリンク】

熊本市内から阿蘇方面へ

2日目の朝、起床はAM10時。

はい、寝坊です。
前日の飲みが響きました。
2日酔いではないのが救い。2日酔いだったら、車すら運転できなくなってたわ…。

ほんとは8時半に起きて、ホテルの大浴場で一風呂浴びて、朝食でサラダとコーヒーで優雅に一息つく予定だったのに。まあ優雅っていっても、ビジネスホテルですけど。

寝坊している自分にはそんな余裕はなく、部屋のシャワーでささっとシャワーを浴びて、出発。

熊本2日目の朝は雨

外の天気は生憎の雨。
1日目も曇り空だったので、今回の旅行は天気に恵まれない。
というか、台風過ぎた後って晴れるんじゃないのかよ。

本日は熊本市内を後にして、阿蘇の方面へ。
熊本といえば阿蘇ですからね。
震災の影響で最近まで主要道路が封鎖しれており、観光すらできない状況だったらしい。

というわけで車を走らせて阿蘇方面へ。
阿蘇へはミルクロードという山道を通ります。
熊本市内からはだいたい1時間半くらい。
まあ、景色を眺めながら、のんびり山道をドライブかなー。

そのはずが、、、

阿蘇ミルクロード

霧で何もみえないっていうね。

登っている途中から、曇ってんなーと思っていたんですけどね。
標高が上がるにつれて霧がやばくなっていくんですよ。

気がついたらこんな感じで霧隠れでした。
思わず、車を降りて周りを撮影。何も見えない。

濃霧でやばい

車の中から撮影。
運転が怖い…。
ここからはスーパー安全運転モードへ。

阿蘇 大観峰

阿蘇の観光名所「大観峰」

なんとか、阿蘇の観光名所「大観峰」に到着。
大観峰は阿蘇山のカルデラを一望できる展望名所。

霧のおかげで、眺めは期待できないけどな。

阿蘇山の大噴火、カルデラの説明

阿蘇のカルデラができた背景がかかれた看板がこちら。
27万年〜9万年前におきた阿蘇山の大噴火で、大きなカルデラができたとのこと。
ちなみに、カルデラとは、火山の噴火によってできた大きな凹地のことです。

阿蘇大観峰茶店

とりあえず、大観峰の売店「阿蘇大観峰茶店」へ。
濃霧によりほぼ景色は拝めないけど、けっこうな観光客がいます。

大観峰ミルクソフトクリーム

大観峰の名物といえば、大観峰ミルクソフトクリーム
お値段は350円だったかな。

味は普通のミルクテイストなソフトクリームなんだけど、こういう場所で食べる限定という名のソフトクリームって、なぜか美味しいですよね。

大観峰の展望所

ソフトクリームを食べ終えたら、展望所へ。
展望所への道すら、すでに霧かがっていて、既に何も期待できないわ。

阿蘇 大観峰展望所

阿蘇くじゅう国立公園

10分ほど歩くと、大観峰展望所に到着。
大観峰は阿蘇くじゅう国立公園という区画になるみたい。

まあびっくりするくらい景色は何も見えないけどな。
せっかく来たのに何も見えないのは悲しいので、しばし待機することに。

大観峰からの眺望

待つこと10分ほど。
かろうじて、薄っすらと景色が拝めるようになってきた。

霧が晴れてきた

さらに待つと、いい感じに霧が晴れてきた!!!
こちとらはるばる東京から来てるためか、天気が頑張ってくれたらしいぞ。

しかし、霧が晴れたのはここまで。無念。

阿蘇一体の素晴らしい眺望
引用 : wikipedia

本来は、こういった阿蘇一体の素晴らしい眺望が拝めるとのこと。
僕もこういうの求めてたんだけどな…。

阿蘇カルデラと僕

とりあえず記念撮影。
晴れたときの眺望は次回また来た時にお預けとなりました。

というわけで、大観峰を後にして、昼食へ。
熊本で超有名といわれる「いまきん食堂」へ向かいます。

いまきん食堂

いまきん食堂

車を走らせること30分、噂のいまきん食堂に到着。

並びすぎだろ…。
人気店と言われてるし、食べログのレビューにも並ぶって書いてあったのは確かです。でも、到着したのは2時半過ぎ。ランチタイムはとうに過ぎているのに、この行列はやばいって。

今から並んでも30分近くかかるとのことだったので、今回は泣く泣く諦めました。
並んでいると飛行機の時間ギリギリになってしまうので…。
今回の旅行、いろいろ諦めてる気がする。

ちなみに、いまきん食堂はあか牛丼という熊本の和牛をつかった丼飯で有名です。

いまきん食堂のあか牛丼
引用 : 食べログ

その”あか牛丼”がこちら。
厚めにカットされた肉に、温泉たまごが乗った丼飯。
端に乗っているわさびの辛味との相性が抜群に良さそう。
こんなもん美味いに決まっているでしょう。

いまきん食堂に行かれる方は時間に余裕を持って行きましょう。

フライトの時間的にもそんなに余裕はなかったので、
空港に向かう道中にあるお店で適当に食べることに。

おべんとうのヒライ

おべんとうのヒライ

そんなこんなでやってきたのが、おべんとうのヒライ
とりわけ名物というわけでもないんだけど、なぜか熊本にびっくりするくらい店舗数があるお店。熊本内で車を運転していると一度は見かけるはず。

おべんとうのヒライは、お惣菜、コンビニ、イートインの3つを兼ね備えたドライバー向けのお店。
店名に”おべんとう”が付いているから、ほっともっとやオリジン弁当のような弁当注文チェーンのようなイメージだったけど、どうやら違うらしい。

店舗数が多いのはそれだけ人気があるということで、ここでご飯を食べることに。

ちくわサラダ

とりわけ一番有名なのは「ちくわサラダ」
ちくわの中にポテトサラダを詰めて揚げるという斬新な料理です。
一部では熊本のソウルフードと呼ばれているとか。ほんとかよ。
2015年に農林水産大臣賞を受賞したらしい。

人気が故?に、まさかの売り切れでした。

ちくわサラダとうどん

今回はイートインコーナーでうどんを注文。
ついでに噂のちくらサラダも。
スタンダートの味は売り切れだったので、大葉チーズ入りという変化球をチョイス。

意外に美味いちくわサラダ
カリッとしたちくわの中に、やわらかいポテトサラダの相性がマッチする笑

意外にハマりそうな味。
おべんとうのヒライは熊本県内のいたるところにあると思われるので、ふらっと立ち寄って、おつまみがてらに、ちくわサラダを食べてみるといいかも。ほんと、意外に美味しいから。

東京へ 熊本空港ラウンジ

阿蘇くまもと空港

食事を終えたら、阿蘇くまもと空港へ帰還。
レンタカーを返却し、さっさとチェックイン。

お土産コーナー

ふと市内でお土産を買い忘れたことに気づいたので、お土産コーナーで適当に購入。

フライトが50分のディレイ

さて、ラウンジでも行こうかなという矢先、フライトの遅延が。
17:15発 ANA648便なんですが、まさかの50分遅れ。
まあ天気も悪いし、仕方ないか。

ラウンジ ASO

とりあえず空港のラウンジ「ラウンジ ASO」へ。
各社ゴールドカードを持っていると無料で利用できます。

今回はプライオリティ・パス目当てで所持している楽天プレミアムカードを提示して入場しました。

ラウンジ ASO内の様子

ラウンジ内はこんな感じ。
航空会社ラウンジに比べると、施設的な豪華さはないけど、フリードリンクもついているしWIFIもあったので、必要十分です。

ラウンジでのんびり今回の旅行の写真を整理して過ごしました。

ボーイング787

そうこうしているうちにフライト時間に。
機体はボーイング787でした。

羽田空港 国内線 到着ゲート

遅延以外の大きなトラブルもなく、1時間ほどで無事に羽田到着。
1泊2日だとあっという間ですね。

今回の熊本旅行でかかった費用

さて、今回の旅行でかかった費用は以下のとおり。

  • パック料金 : 20700円
    (航空券、ホテル、レンタカー込み)
  • 食費 : 3000円
  • 飲み代 : 8000円
  • ガソリン : 2500円
  • 雑費 : 3000円
    (交通費、駐車料金、お土産とか)
  • 合計 : 37,200円

かなりのどんぶり勘定ですが、だいたいこのくらいの金額。
夜の飲み代が高く付いたのですが、それを除けば約30000円。
ふっこう割で2万円引きだったので、本来は6万円近い金額だったと思うと、かなり安く済ませることができました。

天候は生憎だったのでリベンジしたい

最近は海外ばかりだったのですが、久々の国内旅行もいいですね。
1泊2日だとあっという間でした。

久しぶりの後輩との再開もできたし、その他の面でも楽しめたので満足ですが、やはり天候面ではちょっと残念。
また、阿蘇山中岳の火口にも行きたかったのですが、警戒態勢のため入場規制でした。

というわけで機会があれば、もう一度熊本も全然ありかなと。
いまきん食堂もリベンジしたいし。
ふっこう割は定期的に開催されていますし、LCC(JetStar)を使えば安く行けるので。

というわけで1泊2日の熊本旅行のレポートをお送りしました。
お読みいただきありがとうございました!

前編はこちら
【熊本1泊2日旅行記】ふっこう割で熊本を満喫してきた!(前編) – 熊本市内

今回のツアーはじゃらんパックの九州ふっこう割引で行きました ↓↓↓

熊本観光するならガイドブックは必須!

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!