2015/11/19|

ガジェット

PS4の型番1000、1100、1200、2000、7000の違いは?何を買うべきかオススメを比較する

こんにちわ、ねづ(@nzakr)です。
先日、ずっとほしいなーと思っていたPlayStation4を買いました。

ps4

購入したきっかけはスターウォーズバトルフロントの発売ですね。
スターウォーズ好きにはたまらんゲームです。

さて、そんなPS4ですが、いくつか型番があります。
この記事執筆当時は3種類でしたが、2016年9月のソニーが新型PS4、PSVRの発表により、さらに新しいシリーズが登場しました。

今までのモデルは型番がCUH-1000番台になっています。
初期型の1000、2世代目の1100,3世代目の1200です。

そして、新しく発表されたモデルは、CUH-2000、CUH-7000となっています。

最新型を新品で買うのが一番いいのですが、もちろん価格も高いです。
一方、旧モデルを中古で買うと安く済むんですね。
値段にすると1万円近く差があります。
1万円あれば最新作のゲームソフトを買ったり、コントローラーやその他の備品を追加で買ったりできますからね。

自分が購入するにあたって、旧モデルでも問題ないか、モデルごとにどんな違いがあるのかを比較してみました。
購入する際の参考にしてみてください。

追記
新型のCUH-2000、CUH-7000シリーズの情報を追加しました!
従来の製品とのスペック、価格などを比較したので、購入の際の参考になれば幸いです。

【スポンサーリンク】

1000,1100,1200の型番ごとの違い

まずは型番が1000番台のシリーズの比較です。
最古が1000、最新が1200になりますが、型番ごとの決定的な違いはありません。
PS3の時は型番によって本体の形が大きく変わったりしましたが、PS4は基本的には一緒です。

特に1000と1100はほとんど変わりません。
1100は、初期型の1000で発生していたバグやエラーを改修してリリースされたものになります。

1100と1200では、多少スペック的な違いがあります。
主に、重量、消費電力、一部の外観ですね。

重量の比較

1000と1100は重量が約2.8kgですが、1200は約2.5kgになります。
300グラムほど最新型の1200が軽いですね。
ポータブル機器ではないため持ち運びすることはないと思うので、そこまで重要なものではないかもしれません。

消費電力の比較

消費電力では1000と1100が最大250Wであるのに対し、1200は最大230Wです。
たった20Wの違いですが、長時間起動時の発熱が1200の方が少ないというレポートもあります。
発熱を気にされる方は最新型の1200がいいかもしれません。

外観の比較

外観的には、PS4起動時のLEDライトの光り方が少し違います。
また、本体の入出力ポート類の並びや位置が多少異なります。
こういった機器のポートの並びを気にする人はあまりいないと思うので、気にする必要はないかもです。

容量の比較

PS4は容量500GBが基本ですが、
CUH1200は容量1TBのバージョンも発売されています。
500GBのPS4に比べて5000円ほど値段が高くなります。

容量500GBで足りるのかという点について

基本的にゲームのプレイ利用のみの方は、500GBでも十分だと思います。
ゲーム以外に、NASNE(ナスネ)を使った地デジの録画、写真や動画の保存などストレージとして活用する方は足りなくなることがあります。
僕はゲームのみの利用なので、特に容量で困ったことはないですね。

2000、7000の特徴は?

続いて、2016年9月に発表されたシリーズの特徴についてです。
従来のシリーズとくらべてどのように違うのでしょうか。

CUH-2000の特徴

まずは外観。けっこう変わりました。
上記の写真の通り、今までの製品は角張ったデザインですが、CUH-2000は全体的に丸みを帯びたデザインになり、一回り小さい薄型となっています。

重量は約2.1kgとさらに400gほど軽くなっています。
2.1kgって、もはや大きめのノートパソコンと同じくらいの重さですからね。
消費電力も最大165Wなので、前製品と比較して約60Wも違います。

大きなデメリットとしては光デジタル出力端子がなくなってしまったことでしょうか。
光デジタル出力端子とは、主にサラウンドシステムなどのオーディオデバイスとの接続に使う端子です。
PS4をホームシアターの再生デバイスとして利用する方などには惜しいですが、テレビと繋いでゲームをプレイすることをメインにする方には不要だと思います。

一番大きなポイントは値段です。
コスト削減により、製品価格が29,980円(税抜)と、約5000円ほど価格が下がりました。
なお、容量1TBの場合は、34,980円(税抜)になります。

ちなみに、カラーはジェットブラックとグレイシャーホワイトがあります。

総括すると、
価格が下がった&全体的に性能が多少向上した
といったところでしょうか。

CUH-7000の特徴

続いて、CUH-7000についてです。
こちらは「PlayStation 4 Pro」という製品名になります。
今までのPS4よりも性能をさらに進化させたハイエンドモデルです。

一番大きな特徴としては、グラフィックの進化です。
2000型の比較して、GPUの性能が約2倍近く上回る性能を持っています。
そして、なんと4Kに対応しています。

よりキレイなグラフィックでゲームをプレイしたい気持ちは誰もが望んでいることですが、その代償として、消費電力、重量、価格、サイズ等が上がってしまっています。

比較すると以下のような数値です。

  2000型 7000型
サイズ W : 265mm
H : 39mm
D : 288mm
W : 295mm
H : 55mm
D : 327mm
重量 2.1kg 3.3kg
消費電力 最大165W 最大310W
価格 34,980円(税抜) 44,980円(税抜)
カラー 黒、白 黒のみ

一番の懸念は価格ですね。
7000型(PS4 Pro)は容量1TBのみなので、2000型の同じ容量1TBと比較して、10000円ほど値段が高くなります。
この価格差をどう捉えるかですが、「なんとしてでも高画質でゲームがしたい!」という方には、こちらの7000型を購入するものありかもしれません。

どれがオススメ?

ざっと整理、比較してみましたが、何を買うのがベストでしょうか。
もちろん、人によってオススメは異なります。
ただ、大別すると以下のパターンに分けられるかと思います。

どうしてもキレイな映像でプレイした方で、価格を許容できるならPS4 Pro一択ですね。
なお、さきほど4K対応と記載しましたが、出力先となるテレビも4K対応していないと意味がないので注意です。

僕みたいにとりあえずプレイできればいい方にはCUH1000型シリーズがオススメかも。
今までのPS4でも十分映像はキレイですし、4K対応デレビを持っていないので。
なお、CUH1000型シリーズは生産終了しているので、店舗にある新品在庫か、中古になります。

また、CUH1000型シリーズは3つありますが、購入パターンとしては以下3つ。

  • 何が何でも最新型がいい! → 1200
  • 値段重視!プレイできればオッケー! → 1000
  • 初期型はバグが不安。けど安い方がいい → 1100

自分はどのパターンなのか検討してみてください。

ちなみに、僕はPS4の1100を買いました所有しています。
新品ではなく中古(状態良好)で、当時の価格で31000円でした。
この時はまだ2000型の発表がなかったので、高めの価格になってますね。

なぜ1100に選択したのかですが、初期型の1000はバグや不具合なども報告されているためですね。
こういった製品の初期ロットは想定外のバグが発生するのはよくあることです。もちろんプレイに支障があるような致命的なバグはソフトウェアアップデートなどで解決されている場合が多いです。ただ、初期型の次のモデルはそういった報告を受けた改善を踏まえて作られているので、比較的安定しているかと思ったのが理由です。

ただ、僕の友人はPS4発売日に購入した初期型でプレイしていますが、特に問題はないとのことです。値段重視なら初期型でも問題ないかと。

PS4の値段比較

型番毎の値段を比較してみました。
Amazonと楽天の金額を参考にしています。
※ 表記は税込です。

PS4 Pro(CUH-7000BB01)
新品 : ¥52,000〜
中古 : ¥51,000〜

PS4(CUH-2000AB01)
新品 : ¥31,000〜
中古 : ¥30,000〜

PS4(CUH-1200AB01)
中古 : ¥28,000〜

PS4(CUH-1100AB01)
中古 : ¥26,000〜

PS4(CUH-1000AB01)
中古 : ¥25,000〜

古い型番の1000、1100、1200は既にメーカー生産終了しているので、中古の金額のみ表記しました。
モデルが古くなれば価格は下がるのは電化製品の常、予算に合わせて選びましょう。

PS4を購入する際の参考になれば幸いです。

個人的にオススメの型番は価格も安い&最新に近い1200型ですね

僕が所有しているのは1100型。プレイには全く支障ないですよー。

この記事はどうでしたか?
シェアしてくれたら嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
この記事を書いた人

ねづ

ねづ

『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。

詳しいプロフィール

コメントを残す

コメント(必須)

名前※必須

メールアドレス※必須(非公開)

PS4の型番1000、1100、1200、2000、7000の違いは?何を買うべきかオススメを比較する

殿堂入り記事

人気の記事

最近の記事