第1回ウェブライタードラフト会議に行ってきた

7月6日(日)の夜に阿佐ヶ谷ロフトAで行われた「第1回ウェブライタードラフト会議」に行ってきました。

第1回ウェブライタードラフト会議

ロフト系列のイベントに行ったのは初めてで、どんな空気感なのかドキドキしてましたが、楽しかったし、興味深い話も聞けましたよ。

【スポンサーリンク】

イベントの概要

イベントは以下の2部構成で行われました。
第1部 Webライターを生業としている人たちの業界トーク
第2部 これからWebライターになりたい人を発掘する
時間は19:00〜22:00(休憩含)の3時間くらいです。

ドラフト会議というくらいなので、メインは第2部のほうだと思ったのですが、出演者の話が盛り上って3分の2くらいは業界トークでした。

ちなみに出演者の方は下記

  • 大川竜弥 @ryumagazine
    → PATAKUSOフリー素材、本イベントの司会進行
  • 中川淳一郎 @unkotaberuno
    → 『ウェブはバカと暇人のもの』著者
  • 梅田カズヒコ @umeda_kazuhiko
    → プレスラボ代表
  • 酒井栄太 @_ehita_
    → 高円寺のWEBマガジン「Concent」
  • ヨッピー @yoppymodel
    → オモコロ、33歳、無職

一度は名前を聞いたことある方ばかり。

イベントの内容とか

開催場所は阿佐ヶ谷ロフトAでした。

阿佐ヶ谷ロフトA

イベントの告知看板

新宿ロフトプラスワンとかの系列店ですね。
サブカル、アングラなイベントがメインのイメージがあったので、会場がどんな空気なのかドキドキしましたよ。

会場の雰囲気、イベントの様子は下記のような感じ。

第1回ウェブライタードラフト会議の様子

出演者が前に並んで話していくという感じですね。出演者もアルコールを飲みながらのイベントなので、かなりゆるい空気でした。

会場も満席。気になっていた参加者の割合ですが、半数が女性。職業もイベントの内容的にwebライターをやっている人が多いのかなと思っていたのですが、これも半数くらい。
かくいう僕もwebライターになりたいというわけではなく、生でヨッピーを見ようぐらいのモチベーションだったので、同じような人がけっこういたんですね。

さて、イベントの内容についてです。

第1部 Webライターを生業としている人たちの業界トーク

気になるWebライターの業界トークですが、司会の大川さんが用意したライターからのよくある質問(自作)を元に、パネルディスカッションで話を進めていく形式でした。

質問(テーマ)は以下のような感じ

  • ライターになる方法
  • 原稿料の相場
  • 仕事をゲットする方法
  • 売れっ子ライターの稼ぎと本数
  • 紙とwebどっちが儲かるの?
  • ライターのスキル
  • 記事の書き方、タイトルの付け方
  • 炎上対策について

他にもある(全部で12〜13くらい)のですが、盛り上がったものだけピックアップしてみました。具体的に話された内容は生々しいものが多いので省略しますが、かなり興味深い話が多かったですね。
特に原稿料の相場の話とか。

中でもヨッピーさんが話していた内容で、Webライターは
職人型 = 持っている知識をベースに記事を書く
パフォーマンス型 = 顔出しなど体を張って記事を書く
の2つに分類できると。

一般的に単価が高いのはパフォーマンス型。単価を上げたいなら顔を出して、“誰が書いたか”をちゃんとわかるようにするといいとのこと。ちなみに、パフォーマンス型で記事を書く人はまだ少ないので、チャンスも多いらしい。

ただ、ヨッピーさんみたいに体を張れる人は数少ないだろうなーっていうのが個人的な感想。もちろんヨッピーさんみたくなる必要はないと思うのですが、先行事例を見てると、ハードルが高く見えてしまう。

こういうのとか。

ちなみにこのツイートは毎週月曜日に”月ヨッピー”として定期投稿していて、毎回数百リツイートされる&フォロワーも増えるらしい。最近では、金曜日版の”金ヨッピー”も登場。”火ヨッピー”の登場が待ち遠しい。

以前書いたディズニーの記事はパフォーマンス型に分類されるのだろうか。
男だけでディズニーランドに行ったらモテたお話

第2部 Webライタードラフト

続いて、仕事がほしいWebライターがアピールするドラフト会議。
たぶんこっちがメイン。

Webライタードラフトで立候補した人Webライタードラフトで立候補した人

全部で6人(3人が事前申込、3人が当日参加)の人がアピール。
そのうちの1人にnarumiさんだったのは驚きましたけどね。
出演者の方が「あなた、こっち側の人でしょ」って。

他にドラフトに登壇したのは、上京してきたばかりのシェアハウス在住の方とか、ねとぽよで記事を書いている大学生など。

そのときの審査員(出演者)の方のコメントでシェアハウスの話題がかなり盛り上がってました。テラスハウスの影響もあってか、シェアハウスはネタになるとのこと。僕も一般的なシェアハウスとはちょっと違うけど、似たようなところに住んでいるので、今度ネタにしてみようかと。

一方、ねとぽよで記事を書いている大学生とか、学生なのにすごいなーとか思って聞いていたんですが、出演者にあまり響いてなかったのは印象的でした。

ただ、“こういう場で臆せず人前に立つこと”
が仕事をもらう一番の近道だろうなーって思います。

まとめ

ざっーとイベントの内容を個人的な感想を交えながら振り返ってみました。
総じて満足のいくイベントでした。
暇な女子大生、ligの三代目広報、なども来てました。

“第1回”とイベント名についているのできっと”第2回”があるはず。
興味があったら参加してみてはいかがでしょう。
僕自身も第2回もうまく都合をつけて参加したいなーと思う今日このごろです。

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!