バックパッカーの聖地!カオサンロードに行ってきた!

ゴールデンウィークに一週間ほどタイに行ってきました。

今回はタイのカオサンロード(カオサン通り)をレポートしてみます。
バックパッカーの聖地と呼ばれている有名な場所です。
バックパッカーの方でタイに行った方は間違いなく訪れているかと思います。

今回の旅行はバックパッカーではなかったのですが、せっかくなのでカオサンロードに2日ほど滞在してみました。

【スポンサーリンク】

カオサンロードの紹介

カオサンロード(カオサン通り)

ここがカオサンロード(カオサン通り)です。
ケンタッキーとSUBWAYが目印ですね。

場所というより、通りですね。この一本の通りをカオサンロードといいます。
全長で300mほどの思ったより短い長さの通りです。

カオサン通りの地図

地図でみると、このあたりです。
立地的にはかなり孤立した場所です。
地図を見て分かる通り、最寄り駅的なものはなく、基本的には公共バスかタクシー、トゥクトゥクで向かうことになります。

MRTファランポーン駅からタクシーで約20分。料金は100バーツ(370円)くらい。

バックパッカーの人がここにずっと滞在していたという話をしたりするので、けっこう広いエリアなのかと思ってました。
また、もっと中心地にあるのかなーと思ってました。ここを中心にバンコクあちこちを観光したい!という場合にはいろいろ不便かもしれません。僕はアソーク、スクンビット駅周辺に主に滞在していたのですが、電車移動できる利便性がよかったですね。

カオサン通りを反対側から

反対側から。
バックパッカーの方の多くはカオサンロードだけで過ごしたりするとのことです。たしかにこの通りだけで宿泊や食べ物、お土産、マッサージ、バーなど全てを満たせます。
バックパックを背負った外国人(主に白人)が多かったですね。日本人、アジア人もちらほら。比較的若い人が多いです。

宿泊施設はゲストハウスが中心

カオサンロード近辺の宿は基本的にゲストハウスが中心で、激安です。
一泊数百円から宿泊できます。

僕はゲストハウスではなく、近くのホテルに滞在しました。
せっかくカオサン通りに来たのだから、ゲストハウスに泊まれよって話ですが…笑

泊まったのはランブリーハウス

宿泊したのは、こちらのランブリーハウスというホテルです。
場所はカオサンロードの隣の通りです。

入り口で一見ホテルに見えなくて迷いました。
この奥にホテルのフロントがあります。

ランブリーハウスの部屋の様子

ふつうに綺麗なホテルです。ちゃんとシャワーのお湯もでますし、満足です。
こちらのホテルは一泊1200バーツ(約4400円)。3人で宿泊したので、1人400バーツ(約1400円)でした。ゲストハウス中心のカオサン近辺の宿泊施設としては高めです。

謎の銅像

ホテルの向かい側には謎の銅像が…笑
足の指が長すぎる。

ホテルに荷物を置いてまずは腹ごしらえ。
カオサンロードの屋台へ。

タイ料理で有名なパッタイ

食事は通りにある屋台で安くて美味しいものを食べることができます。
こちらはカオサンのパッタイ。カオサンというばパッタイというくらい有名。

カオサンロードにある屋台

タイ料理の屋台があちこちにあります。
僕はこちらの屋台でチャーハン的なものを注文。
パッタイ食べろよ!って話ですが、エビがアレルギーなので、パッと見てエビが入ってそうなので諦めました…。

屋台ではその場で調理してくれる

注文するとその場でさくっと調理してくれます。

炒飯的なものを注文

できたものがこちら。
かなり美味いし、ボリュームも成人男性が満足できる量です。
気になるお値段はなんと40バーツ(150円)。安すぎ笑

食べ終わったらお土産、雑貨屋巡りへ。

アジアンテイストな雑貨やアクセサリー

アジアンテイストな雑貨やアクセサリーがいっぱいです。

タイシルク

タイの土産としても有名なタイシルクのお店や

タイパンツ

タイパンツもあちこちで売ってます。
店によって値段が違うので、安く済ませたいなら交渉必須です。
どのお店もある程度はディスカウントをしてくれます。

バックパックやスーツケース

バックパックやスーツケースも激安で売ってます。
ノースフェイスやドイターなどの有名ブランドのバックパックです。日本円にして1000〜2000円程度で購入できちゃったりします。ちなみに、ほぼ、というかすべて偽物なので注意です。

楽器も売ってる

楽器も売ってます。
カオサンロードでは夜になるとカオサン内にあるあちこちのバーから歌声が聞こえてきます。

マックのソフトクリームは激安

こちらはマックのソフトクリーム。
なんと9バーツ(約42円)です。
カオサンを含めバンコクは暑いので、適宜水分補給が必須です。
ソフトクリームは水分かというと違うけど…。

マッサージ

暑い中ひと通り歩いて疲れたので、マッサージへ。
写真では屋外のマッサージですが、屋内にもあります。
僕は屋内のエアコンの効いた涼しい場所でマッサージをうけました。
300バーツ(約1100円)だったかな。マッサージの値段はバンコク市内どこも変わらない印象です。

カオサンロードから近い観光地といえば、王宮観光です。
ひと通りカオサンロードを散策した後は王宮観光に行きました。
こちらは別記事にてレポートしましたので、ご覧下さい。
タイの観光名所!王宮巡りに行ってきた!ワットポー、ワットプラケオ、ワットアルンを歩く

カオサンの夜

王宮観光から戻ると既に夜に。
カオサンは夜でも賑わっています。
現地の人は売り子やドライバー以外にはほぼいないですね。

オープンテラスのお店

飲食店はオープンテラスのお店がほとんどです。
タイ料理以外にも、日本食はもちろん、洋食のお店もあります。屋台よりは高いですが、お酒を飲みながらまったり食事したいなら飲食店のほうがオススメ。

ライブ演奏も

店によっては生ライブがあります。
こちらの店でお酒を飲んでたんですが、いい感じの雰囲気でした。何を歌ってるのかはわからなかったけど…。

深夜のカオサン

深夜2時頃でも人はたくさんいます。
一部お店はクラブみたいになってました。さすがにクラブに行く元気は残ってなかったので、ホテルに戻って寝ましたけどね。

次回はぜひバックパッカーとして

カオサンロード(カオサン通り)は面白い

ゲストハウスで知り合った人と昼からお酒を飲んだり、
ぷらっと観光に出かけたり、
疲れたら昼寝をしたり、
夜は音楽聴きながら酒を飲んで、
クラブで踊ったり、

昼から深夜まで楽しめるカオサンロードの面白さ、雰囲気を体感できました。
実際にゲストハウスに宿泊して過ごしたわけではないので、次回来ることがあったら体験してみたいなー。

タイといえばカオサンという人もいるくらいなので、バックパッカーじゃなくても一度は行ってみてはいかがでしょう。
ゲストハウスは無理だなーという方でも、近くに安いホテルがあるので、そちらに滞在すれば大丈夫です。

カオサンロード周辺の宿を探す

タイの航空券の値段比較はこちら

タイのH.I.Sツアーはこちら

ガイドブック一冊あると便利ですよ!

この記事についたタグ
この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!