オトクに海外旅行するなら...

【香港・深セン旅行記 3日目前編】深センから電車で香港へ戻る!東鉄線で深セン「羅湖」から香港「紅磡」へ!

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。

3泊4日で、香港と中国の深センに旅行に行ってきました!
今回は3日目の様子をお届けします。

3日目は午前中に深センから香港に戻ります。
午後は香港の中心地をメインにふらふら散策する予定です。

香港から深センに来るとき(入国)は新設された新幹線を利用しましたが、戻り(帰国)のときは、従来の在来線を使ってみることにしました。

それでは、3日目のレポートをどうぞ!

【スポンサーリンク】

深センから香港へ電車で移動!

おはようございます。
深セン3日目の朝。

写真は宿泊したホテル。
ホテル名は「上海ホテル」。深センなのに上海ホテルです笑

2泊滞在した深センともお別れです。
2日目のレポートでも触れたけど、観光地というか旅行でわざわざ来る場所でもないので、電脳街をみる以外は特にやることはなくなります。

電脳街も興味ない人には興味ないですからね。
まあそんなに人はそもそも深セン来ないか笑

ホテル横のショッピングモール。

オープン前だけど朝から列ができていました。
何かセールでもやるんだろうか。

さて、香港へ戻るルートですが、冒頭で触れたように、行きと同じ新幹線ではなく、在来線を使います。昨日訪れた羅湖(ルオフー)から香港に戻ることになります。

普通のローカル電車で国境を超えるってなんか新鮮だなーと思いまして。その分時間はかかるんですけどね。時間には余裕があるので、使ったことないルートで行ってみようかと。

というわけで、昨日同様に地下鉄の華強路駅から羅湖駅まで移動します。

駅構内でマックが売ってた。
こういう出店みたいな売り方、日本では見かけないので斬新。

日本もこういうホームと電車の間を完全なドア型にすればいいのになー。

15分ほどで羅湖に到着。
看板に書いてある「香港」の表示に従って移動します。

めっちゃ混んでるー。

香港に戻る香港人で混んでるのか、深センから香港に行く中国人で混んでるのか、どちらなんだろう。

「往香港」という看板の案内に従って進みます。

電車に乗る前に、中国からの出国と香港への入国手続きを行います。

陸路だとあんまり国境越えるって感じしないなー。

出入国審査を終えたら、早速電車に乗り込みます。
乗る電車は東鉄線(とうてつせん)という路線です。

ここから香港側の紅磡(ホンハム)という駅まで行きます。

切符はふつうに券売機で購入します。
国境を越える電車だからといって、特別なことはありません。

日本円にして約480円でした。
安っ!!!

さっそく電車に乗り込みます。
時刻表は見てなかったのですが、とりあえず来た電車にそのまま乗り込みました。

調べてないんですが、けっこうな本数走ってると思います。

電車の中はこんな感じ。
国境を超えるからといって、特別感はなく、普通によくある在来線です。

しかも、微妙に混んでいたので、しばらく立ちでの乗車となりました…笑
なお、深セン〜香港(紅磡)は45分ほどかかります。

無事に紅磡駅に到着。
紅磡駅の手前にもいくつか香港側の駅がありますが、宿の位置の関係で今回は紅磡駅にしました。

香港到着!紅磡駅から宿泊予定のホステルへ

紅磡駅についたらまず、オクトパスカードを入手します。
オクトパスカードとは、香港版のsuicaですね。

こちらがオクトパスカード。
前に来たときも購入したんですけど、残念ながら紛失してしまっていたので、再度購入ふることになりました。

駅の外。
深センと比べて、街並みに都会感がありますねー。というか、車の交通量やばいな。

さて、まずは香港での宿泊先のホステルまで向かいます。
中心地のホテル宿泊にしたかったんですが、いかんせん香港はホテルがすごく高いので、中心地から外れたホステルを選びました。

GoogleMapの案内に従って移動。
こちらの2階建てバスに乗車。

なお、バスもさきほど購入したオクトパスカードで乗車できます。

ホステルの付近に到着。

こちらが今回宿泊するホステル
The 麻雀 (The Marjong)』です。

雀荘ではありません笑
ホステルです。

麻雀をデザインテーマとした一風変わったホステルですね。中心地からは微妙に離れてるんですが、面白そうなのであえてこのホステルをチョイスしてみました。

こんな感じで、あちこちに麻雀をモチーフにした装飾がされています。

麻雀を知らない人からしたら何のこっちゃわからんホステルですが…笑
ホテル予約サイトでも評判がとてもいいので、そういう人にもオススメです笑

ちなみに、雀卓はなさそうでした。
麻雀を打つことはできないみたいです。

部屋はこんな感じで6人部屋でした。
1泊2人で7,000円

ただ、今回の宿泊、いろいろと想定外のことがあったんですよねー。
それについては次の記事にて詳しく書こうかと思います^^;

にしても、中心地から外れた6人部屋のホステルなのに、先日深センで泊まったホテルの値段が一緒…。いかに香港のホテルが高いことやら…。

3日目後半は香港市内をテキトーに観光する予定

今回の記事では深センから香港に戻るまでをお届けしました。
荷物をホステルに預けて、香港市内に戻ってふらふらと散策しようかと思います。

3年ぶりの香港なんですが、3年前は何したっけなー笑

特に何をするかも決めていないので、気になったところをふらふらと動き回るだけになりそうですが。


この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

【香港・深セン旅行記 3日目前編】深センから電車で香港へ戻る!東鉄線で深セン「羅湖」から香港「紅磡」へ!
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!