2016年オープン!上海ディズニーランド(上海迪士尼楽園)に行ってきた!

こんにちわ、ねづ(@nzakr)です。
先日、会社の同僚と中国は上海に旅行してきました。

3泊5日の旅行で、そのうち1日を使って上海ディズニーランドに行ってきました!

日本でもニュースなどで取り上げられたのでご存知の方も多いかと思いますが、上海にも2016年6月に公式のディズニーランドがオープンしたんです。
中国には偽物のディズニーキャラクターやテーマパークなどでよく話題になっていましたが、今回オープンしたのはウォルト・ディズニーが許可した”ホンモノ”です。

上海の地図

上海ディズニーランドは上海市内から電車で1時間ほどの場所にあります。
地下鉄11号線の終点に専用の駅がしっかり用意されているので、アクセスも比較的良好で上海旅行中の方でも十分行きやすくなっています。

過去にディズニーでモテたこともある私、
行かないわけにはいかないでしょうってことで、満を持して行ってきました。

【スポンサーリンク】

上海ディズニーランドに行ってきた!

迪士尼

電車を乗り継いで、上海ディズニーランドの最寄り駅「迪士尼」にやってきました。
“迪士尼”というのは”ディズニー”という意味ですね。
茶色のラインが目印の地下鉄11号線の終点です。

ちなみに、上海ディズニーランドは“上海迪士尼楽園”と書きます。

駅の構内

ここで降りる人は家族連れ、カップルが多い。

ディズニーのモニュメント

ディズニーという名称が駅につくだけあって、
駅構内にはミッキーとミニーのモニュメントがありました。

迪士尼楽園

駅からパークまで

駅を出て、ディズニーランドのエントランスに向かって歩きます。
日本もそうだけど、けっこう距離があります。

あいにくの曇り空ですが、雨は止んでいたのは幸い。

エントランス

数分ほど歩いて、エントランスに到着。
こちらがチケット購入窓口。けっこうな長蛇の列が…。

今回は上海ディズニーランドの公式Webサイトにてチケットを事前購入しておいたので、こちらの窓口には並ぶことなく、入場ゲートへ向かいます。

購入方法は下記記事にまとめてみました。
上海ディズニーランドのチケットをオンラインで事前購入する方法を説明する

ゲート

入場ゲートで事前購入時の発券番号とパスポート(身分証)を見せます。

上海ディズニーのチケット

無事にチケットとゲットしてインパーク(入場)!
ついでに、ガイドブック(英語版)をいただきました。
さすがに日本語版はなかったですね。

上海ディズニーランド

上海ディズニーランド

アドベンチャーアイル

まずは一番近くのエリアであるアドベンチャーアイルへ。

アドベンチャーアイル アトラクションの待ち時間リスト

アドベンチャーアイルの待ち時間一覧。
一番人気のコースター系のアトラクションは105分待ち。

ファストパスの発券の列

というわけで、ファストパスのチケットを入手します。
上海ディズニーにもファストパスの制度は導入されています。ただ、アトラクションごとにファストパス発券機があるわけではなく、発券場所がエリアごとに一箇所にまとまっていました。

そのため、ファストパス発券のための行列が…。

お目当のコースター系アトラクションには乗るには100分近く待つ必要があるので、ファストパスの列に並ぶことに。

ファストパス発券機

今回はアドベンチャーアイルのファストパスは全て終わってました。
仕方ないので、隣のエリアに移動して発券。

ファストパス

無事に発券完了!

「7人のこびと」をテーマにしたコースター系アトラクションのパスをゲット。
時間は16:30〜17:30でした。

その間に別のアトラクションで時間を潰します。

パイレーツオブカリビアン

パイレーツオブカリビアン

まず最初に向かったのはこちら。
「パイレーツオブカリビアン」

日本でいうところのカリブの海賊ですね。
以前に上海ディズニーに行ったことがある友人から上海ディズニーのカリブの海賊がやばい面白いと聞いていたので、乗りたかったアトラクションの一つだったりします。

アトラクション内

待ち時間はわずか10分。
日本と同様、1つの舟に20人くらい乗れるタイプ。

正直いって、上海ディズニーランドで一番良かった乗り物はこれかもしれない。
プロジェクションマッピングを駆使した迫力のある演出で、日本のカリブの海賊とは比べ物にならないくらい高いクオリティでした。

正直パイレーツオブカリビアンは一回しか見たことないし、ほぼストーリーを覚えてないかつアトラクション内のセリフはもちろん中国語で何いってるかわからない。それを全部差し置いても、すごくよかったですね。
これが10分待ちというのはおトクすぎ。

キャンプディスカバリー

キャンプディスカバリー

続いて、こちらのキャンプディスカバリーへ。
なんのアトラクションか正直わからなかったけど、パッと見た印象がよかったので、ノリで並んでみた。

アスレチック

実際は山を探検するアスレチックみたいなアトラクションでした。
こういうのは日本にはないですね。

30分くらい並んだけど、あまり並んでまでやりたいかと言われると微妙…。
ディズニーキャラクターとの関連性はなかったですね。

ローリングラピッド

ローリングラピッド

続いて、こちら。
さきほどのアスレチックに並んでいるときに見えたアトラクション。

水系のアトラクション

写真のように、丸い浮き輪型の乗り物に乗って、濁流の中を進むというヤツです。
日本のディズニーにはないけど、富士急とか別の遊園地にはよくみかけますね。

乗る直前でカッパが10元で販売されているあたり、うまい商売だなー。
ちなみに、一番濡れるのは足元なので、カッパ着てもあまり意味なかったです笑

エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスル

エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスル

パークの真ん中にある城。
この城は「エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスル」という名前で、全てのプリンセスの象徴としての意味を持つ城らしい。高さは60mもあり、世界で一番大きいディズニーの城とのこと(日本の城は51m)。
ずっとシンデレラ城だと思っていたけど、読者からご指摘を受けて初めて知りました…。

特にアトラクションというわけではなく、日本同様に城の中に入ることはできないみたいです。1階がグッズショップになってました。

バズ・ライトイヤー プラネットレスキュー

バズ・ライトイヤー プラネットレスキュー

日本でもお馴染み「バズ・ライトイヤー」のアトラクション。
アトラクションの内容は一緒でしたが、サブタイトルが日本はアストロブラスターですが、上海はプラネットレスキューでした。

日本では土日は常に2〜3時間待ちの超人気のアトラクションの一つですが、中国人にはウケがわるいのか、日曜の日中なのになんと15分待ち

バズ・ライトイヤーの得点

得点はまさかの 977,500
1,000,000が満点なのでかなりの高得点。

日本でも何度もやってるけど、こんな点数出したことないぞ…笑
センサーの反応が甘いのかな。
っていうか、顔がガチすぎるだろ、俺。

スター・ウォーズ ローンチ・ベイ

スター・ウォーズ ローンチ・ベイ

バズの隣にあるスター・ウォーズの展示エリア。
乗り物アトラクションではありませんが、スター・ウォーズに関するいろんな展示や撮影スポットなんかが用意されたスペースですね。

展示エリアの様子

スター・ウォーズの旧作品エピソード4〜6はもちろん、最新作のエピソード8まで、様々なものが展示されてます。

ハン・ソロ

こちらはエピソード5にてハン・ソロが帝国軍に炭素冷凍されたときの模型。
シュールすぎる。なんでこれを展示したし。

カイロ・レン

カイロ・レンと写真を撮ってみた。

七人のこびと マイントレイン

七人のこびと マイントレイン

ファストパスの時間になったので、ようやくコースター系アトラクションへ。
「七人のこびと」をテーマにしたマイントレインというジェットコースターです。

ファストパスなしだと105分待ち。
取っててよかったファストパス。

日本にはないアトラクションですが、ビックサンダーマウンテンに結構似てましたね。途中歌なども流れたりするあたりは、ちょっとスプラッシュっぽかったかな。

トロン

トロン

続けて、コースター系アトラクションのトロン
こちらはファストパス発券ができなかったので、仕方なく並びました。
75分待ちだったけど、実際50分くらいで乗れた気がする。

僕は知らなかったけど、トロンはディズニー系の映画のことらしい。

さきほどのマイントレインに比べるとこっちのほうが迫力は全然あります。
外観通り、スペースマウンテンみたいな感じでした。

上海ディズニーの夜

トロンに乗り終わった頃にはすっかり夜に。

夜のシンデレラ城

夜のシンデレラ城がいい感じでした。
深夜のフライトや夜ご飯を考慮して、20:00頃には退園。

日本の東京ディズニーランドとの違いとか

言語はもちろん中国語

日本のディズニーが音声を日本語しているのと同じく、
上海ディズニーも音声はもちろん中国語です。

そのため、ショーなどの鑑賞系アトラクションは厳しいですね。

スティッチ・エンカウンター

日本でもあったスティッチ・エンカウンターとか

アナ雪のミュージカル

こちらのアナ雪のミュージカルなども。
ただ、このショーはけっこうすごく演出が凝ってるらしいので、見る価値あるとか。

ディズニーといえば…のアトラクションはない

「ディズニーといえば◯◯」なアトラクションとして有名なビックサンダー、スプラッシュ、スペース、イッツ・ア・スモールワールド、ホーンデットマンションなどはありませんでした。

同じように楽しめる、というかそれをインスパイアしたアトラクションはあります。
今回乗ったトロン、七人の小人なんかは、それぞれまさにスペースマウンテン、ビックサンダーマウンテンといったイメージでした。
中国のお国事情的に、イッツ・ア・スモールワールドは作れないわな…笑

王道アトラクションがないから楽しめないなんていうことはないと思いますが、ディズニーフリークな方には物足りなさ?を感じるのかも。

ポップコーンの味はキャラメルのみ

ディズニーのカレー味のポップコーンが大好きで、ディズニー行きときは毎回食べるんですが、上海ディズニーにはカレー味はありませんでした。
というかキャラメルしかなかった気がします。

キャラクターグリーティングがめっちゃ空いてる

日本のキャラクターグリーティング系のイベントって、けっこうな時間並ぶのが定番なんですが、なぜかかなり空いてました。
中国人はキャラクターそのものには興味ないんだろうか…。

あと、パレード系は今回一切観ていないのでどんな感じなのかはわかりません。
お馴染みのエレクトリカルパレードはないらしい。

上海に行く際にぜひ!

約半日程度の滞在でしたが、十分楽しむことができましたね!
さすが中国、園内であんまり英語は通じなかったのが辛かったなー。

現地に在住している日本人の友人は「上海ディズニーはガラガラだよー」って言ってたんですが、決してそんなことはなかったですね。さすがに日本ほどは混んでなかったけど。
そもそも園内も日本より広い、人口密度が低くなるので日本と比較して空いているように感じるだけな気がする。実際、人気のアトラクションは100分待ちとかでしたし。

上海旅行した際は、ぜひ行ってみてくださいー。
行く際には”事前にチケットをネットで購入する”ことをオススメします。そうすれば、チケット購入窓口に並ぶ必要がなくなるので、入場がラクになりますよー。

でわでわ。

事前にチケットを購入する方法はこちら
上海ディズニーランドのチケットをオンラインで事前購入する方法を説明する

こちらの記事もどうぞ
男だけでディズニーランドに行ったらモテたお話

上海行きの格安航空券はスカイスキャナーで探そう!

上海ディズニーなど含めたオススメ上海ツアーはこちら

上海旅行のためのガイドブック!

この記事についたタグ
この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!