アシアナ航空「東京(成田)〜韓国(ソウル)」搭乗記レポート OZ103便

こんにちは、ねづ(@nzakr)です。
先日仕事でセブに行ったのですが、アシアナ航空を利用して韓国(仁川国際空港)経由で行きました。

アシアナ航空といえば、韓国のフラッグキャリアですね。
韓国には主要航空会社として大韓航空とアシアナ航空の2社があります。
日本で言うANA、JALと同じですね。

韓国、特にソウルは日本人の身近な観光地としても人気です。
僕も2年前にHISのセールで韓国行きました。
【韓国2泊3日旅行記】HISのセールでソウルに行ってきた!

今回はトランジットでの利用ですが、
日本人の利用者も多い航空会社なので、搭乗レポートを書いてみました。

【スポンサーリンク】

アシアナ航空 搭乗レポート

成田空港 第1ターミナル

というわけでやって来ました。
日本から世界への玄関、成田空港(新東京国際空港)です。

今回のフライトであるOZ103便は成田空港の第1ターミナルより出ています。
便によっては羽田空港発もあります。

アシアナ航空のチェックインカウンター

チェックインカウンターは”H”でした。
アシアナ航空はスターアライアンス系列の航空会社なので、ANAマイルが溜まります。

キオスク端末でチェックイン

チェックインにはキオスク端末が導入されていました。
パスポートをかざすだけでわずか数十秒でチェックインが完了します。
チェックイン時の行列の時間が短くなるので、早く全航空会社で導入されてほしい。

荷物を預けて航空券をもらう

チェックインが終わったら、荷物を預けてチケットをもらいます。
平日のフライトだったので、空港内は閑散気味でした。

アシアナ航空の航空券

こちらが航空券。
成田〜韓国、韓国〜セブの二枚になります。

成田〜韓国線は33番ゲートからのボーディング。
行き先はソウルの仁川国際空港です。

出国手続

手続きが終わったら、出国手続へ。

このとき時間があったので、入出国自動化ゲートの手続きをしておきました。
この手続をしておくと、入出国審査(イミグレーション)を自動で通過できるようになります。待ち時間が長いイミグレを短縮できるのでオススメ。

詳しくは下記記事にまとめました。
空港の入出国審査の自動化ゲートを登録したら快適すぎた!登録と利用方法を紹介する

制限エリア

自動化ゲートでさくっと審査を終えて、いざ出国!

大韓航空ラウンジ

手続後は大韓航空ラウンジへ。
このラウンジは大韓航空のビジネス or ファーストクラス客向けのラウンジですが、プライオリティ・パスを持っていると無料で利用できちゃいます。

成田空港のラウンジは下記記事にまとめました。
成田空港第1ターミナルのプライオリティパスで入れる空港ラウンジを紹介する

33番ゲートへ移動

ラウンジでくつろいでいるとボーディングタイムに。
33番ゲートに向かいます。

33番ゲート

すぐに搭乗がはじまりました。
乗客の大半が韓国人ですね。

アシアナ航空の機体 ボーイング747

こちらが今回の飛行機の機体。
ボーイング747です。

わずか2時間のフライトですが、大きめの機体です。

機内

機内の様子。
日本人のCAも搭乗してました。

座席配置は3列-4列-3列。
エコノミークラスでもちゃんと座席に液晶が付いてます。

席

今回は窓際の席をチョイス。
なんだかんだいつも窓際に座りたくなる。

足元

足元も広めで快適。

機内誌

機内誌は免税品販売とエンターテイメント番組の紹介誌。

液晶のリモコン

こちらが各座席の液晶操作のリモコン。
液晶はタッチパネル式だったので、ほとんど使いませんでした。

ヘッドホン

専用のヘッドホン。
個人で持参したイヤホンジャックは対応してませんでした。

音の調子が悪い場合は、CAに伝えると交換してもらえます。

離陸!

特に遅延もなく無事離陸!
地上は曇り気味でしたが、雲を抜けると青空。

韓国のアライバルカードと税関申告書

離陸してまもなく、韓国のアライバルカードと税関申告書が配られます。
申告書が日本語でした。日本人渡航者数の多さが伺えますね。

アシアナ航空の機内食

続いて機内食。カレーでした。
機内食でパンとライスの両方を出してくる謎の炭水化物攻めにけっこう遭遇するんですけど、何でなんだろう…。

フライト中は映画を見て過ごす

フライト中はピクセルというSF映画をみて過ごしました。
全てではありませんが、半分くらい日本語に対応していましたね。
邦画のラインナップはバクマンのみでした。

東京〜ソウルは約2時間のフライトで、シートベルトサインが外れている時間が1時間半くらいしかありません。
そのため、映画1本を見終えることがなかなか難しいんですよね。
時間的にいつもクライマックスのシーンで見れなくなってしまうという悲しみ…。

仁川国際空港に到着

あっという間に韓国は仁川国際空港に到着です。
観ていたピクセルはこれからっという所で終わってしまいました…。

案内板には日本語も

案内の看板に日本語が併記されています。

韓国の出国審査場

道なりに進むと、韓国の出国審査がみえてきました。

トランスファーゲート

今回はトランジット(乗り継ぎ)なので、トランスファーゲートの方へ。

出発ゲート

トランジット客専用の手荷物検査を受けて、出発ゲートへ。

仁川国際空港の制限エリアへ

無事韓国でのトランジットを終えました。
セブ行きの飛行機まで4時間あったので、しばし空港内で待機です。

続きである「韓国〜セブ」のフライトレポートは下記からご覧ください↓↓
アシアナ航空「韓国(仁川)〜セブ(マクタン)」搭乗レポート OZ709便

まとめ

韓国行きのツアーなどでよく使われるアシアナ航空。
日本人の渡航者が多いこともあって、日本語対応がしっかりしています。
なので、海外未経験の方でも安心して利用できますね。

サービスもしっかりしているし、満足の航空会社です。
スターアライアンス系列なのでANAマイルも溜まりますしね。

以上、アシアナ航空の東京〜韓国線(OZ103便)の搭乗記をお届けしましたー。

トランジット後の韓国〜セブ間の搭乗記は下記から
アシアナ航空「韓国(仁川)〜セブ(マクタン)」搭乗レポート OZ709便

韓国までの格安航空券探しはスカイスキャナーがオススメ!

HISのオススメ韓国ツアーは下記

この記事についたタグ
この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!