携帯、スマホの月額料金を安くする方法!IP電話と格安SIMの利用をまとめてみた

最近、格安MVNO SIMが話題になりつつあります。
電車の車内広告でも見かけるようになりました。

僕も先日、格安SIMに移行しました。
また、電話もキャリアの番号ではなく、IP電話です。
今までの月額料金は8000〜9000円とかなり高額でしたが、格安SIM+simフリースマホに移行して、月額固定費が約2000円に下がりました。

ちなみに、僕が契約している業者は
格安SIMがDMMモバイル、IP電話が050 plusです。

格安SIMを利用した月額の携帯電話料金を抑える方法について、友人に聞かれる機会が多いので、備忘録も兼ねてまとめておこうと思います。

料金を抑える契約方法は2パターンあります。

  • 1. キャリア電話番号(080,090)を維持する
  • 2. IP電話番号(050)にしてデータ通信専用SIMを使う

ほとんどの方がキャリアの番号(080,090)を利用しているかと思いますが、その番号を維持するかどうかで、契約方法が変わってきます。

料金の参考として紹介する格安SIMはIIJmioOCN モバイル ONEDMMモバイル

なお、格安SIMって何?という方は下記の記事をご覧ください。
話題の格安SIMとは?利用方法、料金体系を解説する!

【スポンサーリンク】

1. キャリア電話番号(080,090)を維持する

主要3キャリア docomo au softbank

キャリア電話番号を維持するためには、格安SIMにMNPすることです。
MNPとは、同じ番号のまま別のキャリアに変更することですね。そうすれば、SIMカードを格安SIMに差し替えた際に、そのまま同じ番号で継続して電話することができます。番号を変えると面倒な方はこのパターンがオススメです。

格安SIMに電話機能をつけた場合、月額基本料金がすこし高くなりますが数百円程度なので、キャリアで契約するよりは安く済みます。詳細な料金は後述する格安SIM料金比較表を参照してください。

通話料は?

格安SIMの通話料金はけっこう高いです。
通話料 30秒/21.6円

友達との連絡などではLINEで行うことがほとんどの時代になってきましたが、お店の予約、郵送物の連絡、業者のカスタマーサポートに連絡する際など、どうしても電話を使わないと行けない場合があるかと思います。

1つ例を挙げてみます。
居酒屋の予約で電話をして、1回に2分(120秒)かかるとします。

21.6円 ✕ (120秒 ÷ 30秒) = 86.4円

ご覧の式の通り、86.4円かかります。

空席の確認などで何軒も電話した場合、あっという間に数百円いってしまいます。その他の電話利用も合わせてみると、計算したらけっこうな額になるので、電話の際に気を使う必要がありそうです。

2. IP電話番号(050) + データ通信専用SIM

続いて、キャリアの番号(080,090)を捨てて、IP電話(050)に切り替える方法です。
格安SIMはデータ通信専用で契約して、電話は別途IP電話を契約します。
僕もこのパターンです。

IP電話とは
電話回線ではなくインターネット回線を利用して通話する電話のこと。

IP電話のメジャーな業者は下記2つです。

050plus
NTTコミュニケーションズが提供するIP電話アプリ。月額基本料がかかるが固定電話への通話が安い。電話会社のNTTが運営しているので安心感がある。
スマートフォンの通話料がおトクになるアプリ!「050 plus」

Smartalk
フュージョン・コミュニケーションズが提供するIP電話アプリ。月額基本料がかからないため、お手軽に契約できる。また、海外への通話が安い。
SMARTalk

050plusとSmartalk料金比較

  050 plus SMARTalk
To 携帯電話 1分17.28円 30秒8円
To 固定電話 3分8.64円 同上
To 海外 国による 同上

僕は050plusをメインに利用しています。
月額の基本料金324円がかかりますが、固定電話への通話はSmartalkより安く、電話の利用用途は業者への電話(=固定電話)が多いので。

最初は月額基本料無料のSmartalkを利用していたのですが、通話の際に音声に若干遅延があり、いっこく堂の腹話術のような通話になることがありました。050plusは音声遅延はなく、安定して利用できています。
ただ、海外へ通話するときはSmartalkの方が安いので、Smartalkの契約も継続しています。月額基本料無料は大きい。

料金比較

データ通信専用SIMと電話機能付SIMのそれぞれの料金比較です。
各会社によって契約プランの容量や金額が異なります。
最低料金をベースにまとめてみました。

データ通信 電話機能付
IIJmio 900円(2GB) 1600円(2GB)
OCN モバイル ONE 900円(1日70MB) 1600円(1日70MB)
DMMモバイル 660円(1GB) 1260円(1GB)

僕の契約内容と実際の料金

上記2パターンの契約方法を紹介しました。
さて、実際に僕の契約内容とそれにかかる料金を見てみます。
上述した通り、僕はパターン2の「データ通信専用SIM+IP電話」契約してます。
利用端末はネットで購入したSIMフリーのnexus5(32GB)です。

契約内容は?

DMMモバイル
データ通信専用 通信容量 5G
月額料金 1,280円
オプション なし

050plus
月額料金 324円
→ 主に日本国内での通話用

Smartalk
月額料金 0円
→ 海外での通話用

実際の月額費用は?

1,280円+324円+0円 = 1604円

2000円以内で済ませることができています。
ちなみに、IP電話を利用した通話料金も一ヶ月あたり50〜100円程度です。

まとめ

さて、格安SIMを利用して月額料金を格安に抑える方法について、ざっと2つの契約パターンに分けてまとめてみました。

電話番号維持のためにMNPするべきなのか、それともIP電話に切り替えてしまうのかは悩みどころです。

また、MNPする際に、二年契約途中だと違約金(1万円前後)が発生するなど、いろいろと諸経費がかかるのもネックです。諸経費がかかっても月額料金的にトータルで安くはなりますけどね。

MVNOに移行する際の契約するときの参考になれば幸いです。

でわでわ。

格安SIMの詳細&申し込みはこちら
OCN モバイル ONE
IIJmio
DMMモバイル

IP電話の詳細&申し込みはこちら
050plus
SMARTalk

格安SIMって何?という方はこちら
話題の格安SIMとは?利用方法、料金体系を解説する!

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!