ピーチ航空「東京(羽田)〜上海(浦東)」搭乗レポート MM1079便

こんにちわ、ねづ(@nzakr)です。

先日、会社の同僚と中国は上海に行ってきました!
上海へのフライトとして利用した航空会社はピーチ航空です。

ピーチ航空は関西を拠点とした日系のLCCですね。
2016年10月に羽田〜上海(浦東)便をスタートさせたばかりです。

今回は就航を記念したセールにて今回の航空券を購入しました。
値段はなんと往復10000円。
空港手数料や入国税全て込みでこの値段なので、かなりの格安です。

就航したばかりなので、まだまだこれからの便です。
というわけで、搭乗記録をレポートしてみようかと思います!

【スポンサーリンク】

ピーチ航空 羽田〜上海(浦東)のフライト

ピーチ航空の上海便は東京は羽田空港からフライトしています。
大半の国際線が成田発なので、羽田発は珍しい。

上海便時間帯は以下の通り

  • ・往路時間(羽田〜上海) 2:10〜5:00
  • ・復路時間(上海〜羽田) 1:25〜4:55

週5本(月・水・金・土・日)でフライトがあります。
行き帰りどちらも深夜の時間帯なのがつらみです…。

モノレール

仕事終わりに直接羽田空港へ。
羽田空港まではモノレールを利用しました。

田空港国際線ターミナル

浜松町から15分ほどで羽田空港国際線ターミナルに到着。
時間帯の影響もあってか、乗客はほぼいなかったですね。
モノレールは空港のチェックインカウンターフロアに直結しているので便利なんですよね。

チェックインカウンターA

ピーチ航空のチェックインカウンターは一番端のA。

Webチェックイン、キオスクチェックインは未対応

Webチェックインやキオスクによるチェックインは対応していませんでした。
そのため、行列に並ぶ必要があります。
早くWebチェックイン対応してくれることを望みます。

ピーチの航空券

20分ほど並んで航空券を入手しました。
ANA発券機を使っているので、チケットにANAのロゴが入ってますね。

羽田の国際線ターミナルのシャワールーム

チケットを入手したら、深夜便に備えてシャワーを浴びに2階の到着エリアへ。
このブログでも以前に紹介しましたが、羽田空港には有料シャワー施設があり、ここのシャワーの水圧がすごく快適なので、深夜便の方、長時間フライトの方にはオススメです。到着エリアにありますが、出発時にも利用できます。

誰でも利用可能!羽田空港の国際線ターミナルには便利なシャワールームがあった!

出国手続

シャワーを浴びたら、いざ出国へ。
深夜出発のためイミグレーション空いてました。
時間のある方は自動化ゲートを登録しておきましょう!出国審査のときに並ばずに済みますよー。

詳しくは下記記事をどうぞ。
入出国審査の自動化ゲートの登録方法、利用方法まとめ

制限エリア

無事出国手続が完了して、制限エリアへ。
深夜の時間帯なので、免税店はほぼクローズしてました。

羽田空港のフードコート

深夜の時間帯ですがちょっとお腹が空いたのでフードコートへ。
ここのフードコート、東京でも人気のラーメン屋である六厘舎があるんですよ。並ばずに食べることができる六厘舎はここくらい。

うどん屋 夢吟坊

つけ麺はちょっと胃に重たいので、今回は隣のうどん屋『夢吟坊』で我慢。

109番 搭乗ゲート

うどんを食べたら、搭乗ゲートへ。
ピーチの搭乗ゲートは109番。

搭乗手続き

機内へ移動

少しの待ち時間で、さっそく機内へ。

ピーチ航空 A320-200 JA814P
【引用】Flyteam

今回搭乗する機材はA320-200(JA814P)。
こちらのA320はLCCではかなりお馴染みの機体です。一つ大きいサイズにA330というシリーズがありますが、LCCではジェットスターとエアアジアくらいしか使ってないですね。

飛行機の写真を撮影できなかったので引用させていただきました。

席のデザイン

こちらが席。
ピーチ航空らしく、紫をベースカラーとした座席。

席の広さ

座ってみると、やはり狭い。
レガシーキャリアに比べると、一回り狭いです。足元に荷物を置くと、足を伸ばせなくなってしまいますね。

最近LCCに乗っていなかったので、比較してかなり狭く感じます。

ピーチのパンフレット、ガイドブック

席のパンフレット一式。緊急時のマニュアルと免税品の案内。

機内の様子

機内の様子。
深夜便ですが、登場率は9割ほど。
僕らと同じようにセールでとった人が多いんですかね。

中国のアライバルカード

15分遅れくらいで離陸。
離陸してシートベルトサインが消えた後、アライバルカードが配布されました。
中国のアライバルカードは出国時のカードもくっついているので、記入しておきましょう。

浦東国際空港

2時間半のフライトで無事、中国は上海に到着!
上海の浦東国際空港です。浦東はプートンと読みます。

ちなみに、上海にはもう一つ、上海虹橋国際空港があります。
虹橋と書いて、ホンチャオと読みます。

浦東が国際線、虹橋が国内線をメインとしています。
日本でいう羽田、成田のような関係性ですね。

荷物の受け取り

到着後はイミグレを抜けて荷物の受け取りへ。
イミグレは中国人と外国人で同じ窓口を使っていました。普通別れてるんだけど、深夜便のためのコスト削減だろうか…。

カウンターのスタッフがまさかの爆睡。まあ深夜だし。仕方ない。

上海に入国

とりわけ大きなトラブルもなく、無事に中国、上海に入国!
時間帯もあってか、人が全然いない笑

このあとは空港でキャッシングして、SIMカードを購入。
エアポートバスにて上海市内へ向かいました。

深夜便だけどセール購入ならアリかも!

さて、就航したばかりのピーチ航空の上海便をお送りしました。
深夜便なのがネックですが、羽田発というのは大きな利点ですね。

上海到着は朝なので、旅行であれば朝から行動できますし。
ピーチはLCCよろしく頻繁にセールをやっているので、上手くセールで安い航空券を購入できれば、今回のように往復10000円というような値段で済ませることも可能です。

セール以外の通常購入だと、荷物や機内食を含めると一般航空会社と変わらないこともあるので注意です。

セール情報を逃さないために僕が実践していることは下記記事にまとめてみました。
LCCのセールのタイミングはいつ?セール情報を逃さないために実践していること

飛行機の機内を快適に過ごすために

LCCは座席が狭いので、降りた時に体の節々が痛くなったりします。
また、機内はすごく乾燥しているので、喉を痛めたり、場合によっては風邪をひいてしまい、渡航先で寝込むハメになることも…。
というわけで、飛行機内を快適に過ごすためのオススメアイテムをまとめてみました。
毎月飛行機に乗る僕がオススメする!長時間のフライトを快適に過ごす便利グッズ10選

機内はインターネット接続できません。
LCCやミドルクラスの飛行機には映画を見るための座席モニタもないので、どうしても退屈ですよね。
そういった際でも映画を観たりしながら快適に過ごす方法があります。
LCCなどの格安飛行機でも映画を見ながらフライトを快適に過ごす方法

上海行きの格安航空券を探すならスカイスキャナーを使おう!

上海、蘇州、杭州の観光ガイドブック!

この記事についたタグ
この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!