【宮古島3泊4日旅行 3日目】シギラリゾートのアラマンダに宿泊!17ENDとお土産屋巡り【GoToトラベル利用】

こんにちは、ねづ(nzakr)です。

GoToトラベルキャンペーンに乗じて、沖縄県は宮古島に行ってきました!

今回は宮古島3日目のレポートです。
3日目はホテルを宮古島本島に移動してゆっくり過ごす予定です。

前日(2日目)の様子はこちら↓↓

【スポンサーリンク】

宮古島3日目の朝

宮古島滞在3日目の朝。
この日も雨予報でしたが、なんとか晴れ模様を維持。

3泊目はホテルを変更するのでこの景色とも今日でお別れです。

2回目の朝食は、和食or洋食迷いましたが、再び洋食に。

アペタイザーの内容が少し変わってたので、変化があってよかった。

メインの卵料理はオムレツにしました。

初日はエッグベネディクトだったので違うものをチョイス。

ただ、エッグベネディクトのほうが美味しかったかなー。

ちなみに、和食はこんな感じです。
(妻が頼みました)

ホテルのメインプールで家族写真。

1泊費用が高いだけあって、スタッフのホスピタリティは最高ですね。

きれいな海を眺めながらゆっくり何もせず過ごすというリゾートスタイルを求めている方にはうってつけのホテルだと思います。

子連れの人は少なかった(2〜3組)ですねー。まあ子どもがいるとどうしても騒がしくなるのでこういうホテルでゆっくりくつろぐには向いていないかも。うちの子は1歳ちょうどだったのですが、これ以上年齢が上がるとつらそう。。

ねづ
GoToの割引がなければ、正直泊まるのはためらう価格…笑

下地島空港沿いの17ENDへ!

ホテルチェックアウトを終えた後は伊良部島の海スポット“17END”へ。

宮古島観光地の中でも海が抜群にキレイと有名なスポットです。

場所は↑↑の通りで、伊良部島と隣接した下地島の端にあります。

下地島には“下地島空港”という空港があり、空港の滑走路沿いのビーチが17ENDと呼ばれています。

下地島空港はパイロットの飛行訓練などで使われる空港です。タッチアンドゴーと呼ばれる着陸してすぐに離陸をするという訓練を間近で見れる空港としても知られています。
一応一般旅客機も就航していて、ジェットスターが成田〜下地島間があります。

17ENDの道なり。
左の海、ヤバくないですか?キレイすぎる。

干潮の時間帯に行くとビーチにもなります。

すぐ横はもう空港の滑走路。
今回訪れた時間帯は特に飛行機は飛んでいなかったですね。

海を背景に1枚。

17ENDの海、宮古島旅行にきたら是非に行くべきスポットでした。オススメ。

ただ、日陰ないのでかなり暑い&駐車スペースが5-6台分しかないので、ピークシーズンかつ土日だと渋滞になりそう…。

17ENDの海を眺めたあとは、2泊した伊良部島を離れて宮古島本島へ。

3日目はシギラリゾートに宿泊します。

シギラリゾートは宮古島の中でも有名なリゾートホテルグループ、敷地内にホテルも複数展開し、レストラン、お土産屋はもちろん、結婚式やゴルフなどまるっと体験できる宮古島リゾートになっています。

丸吉食堂

丸吉食堂というローカルなお店です。
宮古そばランキングで食べログ1位に位置する観光客にも人気のお店。

ソーキそばをいただきます。
1杯700円だったかな。

ねづ
個人的には初日に行った古謝そばのほうが好きかもです!

ちなみに、宮古そば、ソーキそば、てびちそばの違いはトッピングされている肉の種類です。

  • 宮古そば … 三枚豚
  • ソーキそば … ソーキ(骨付のあばら肉)
  • てびちそば … てびち(豚足)

スープや麺の種類は同じになります。
“沖縄そば”はこれらを総称した名前ですね。店によっては肉のトッピングがないバージョンを”沖縄そば”として提供していることもあります。

シギラリゾート スイートアラマンダ

丸吉食堂でソーキそばを食べたあとはシギラリゾートのホテルへ。

詳しい宿泊体験は別途レビューしますが、シギラリゾート内にはいくつかホテルがあり、今回はスイートアラマンダというホテルに宿泊します。

ロビーはこんな感じ。

シギラリゾートのマップ。

このマップだとわかりにくいかもですが、かなり広い。各レストランや施設へは送迎バスが運行していて、それで移動するようになっていました。

今回宿泊した部屋。
ジャグジースイートという部屋タイプなので、ジャグジーが付いてます。

ベランダにジャグジー。

全体的にちょっと古さは目立つ部分はありますが、手入れは行き届いていました。

部屋からの眺め。
目の前の芝生はゴルフ場ですね。

ホテルにチェックインも済んだところで、リゾートの敷地内を散策しようかと思った矢先、子供が体調があまり良くなさそうだったので、部屋で仮眠。

地域共通クーポン消化でお土産を購入

1〜2泊目で泊まったイラフSUIでもらった地域共通クーポンがまだ余っていたので、宮古島市内のお土産屋『島の駅みやこ』へ。

地域共通クーポンは有効期限がチェックアウト日なので、今日中に消費する必要があり、クーポンが利用できるお土産屋を調べて足を運びました。

地域共通クーポンの利用可能店舗が載っている公式マップを見て探したんですが、2-3店舗しかお土産屋らしき店はなかったですね。

ねづ
実際はもっとあるかと思いますが、公式マップに記載されている登録者名だけだと判別ができなかったです…

いわゆる道の駅的なお店なので、お土産から地元の食品(野菜など)もちゃんと揃っていて十分でした。

シギラリゾート内のレストランで夕食

お土産屋を買ってホテルに戻って休憩したあとは夕食。

チェックイン時にシギラリゾート内で利用できる金券8,000円分をもらっていたので、ホテル内のレストランにて食べることに。

敷地内にはレストランが10数店舗あるんですが、いざ夕食の時間帯になってから席を確保しようとホテルのコンシェルジュに相談したら、どこも予約がいっぱいとのこと…。

どうやらチェックインしたあとすぐに予約しないといけないらしい。

シギラリゾートの敷地外に本当に何もないので、宿泊客は基本的にみんなホテルのレストランを利用するため、先んじての予約がマストだったっぽいです。

というわけで、唯一空席があったビュッフェ形式のレストランにしました。

インギャーコーラルビレッジという同じくシギラリゾートのホテルに併設されたレストランです。

一応この他にも予約不要のいわゆるフードコートタイプのレストランもあります。
ただ、フードコートは…となって、やめました。

店内はこんな感じ。
ビジネスホテルの朝食会場という雰囲気ですね。

沖縄料理を中心に、いわゆる中堅クラスのホテルのビュッフェという感じ。

めっちゃ美味しい!!というわけではありませんが、無難によかったです。
1人3,800円だったので、ちょうどいい感じにシギラリゾートの金券を消化できました。

ちなみに、ホテル〜レストラン間は徒歩では移動できない距離なので、スタッフの送迎がありました。

最終日はさらにお土産を買って東京へ帰還!

3日目は海を眺めて、ホテルでゆっくり過ごすだけになってしまいましたが、幼児連れだと連日連れ回すわけにもいかないので、ちょうどよい中日だったかなと。

もう一日預けてダイビングやシュノーケリングするという選択肢も考えたけど、連日託児所にお願いするのもなぁ…という判断です。

明日(4日目)は最終日なので、ホテルの朝食を食べたあとは、余った地域共通クーポンの消化を兼ねて再びお土産屋を買って、東京に帰る一日となりそうです。


この記事についたタグ
この記事を書いた人
ねづ
妻と娘(0歳)と3人暮らし。 「育児 × 旅」をテーマに"パパ目線の子育て"と"子連れ旅行"についてブログを書いてます。 ANA&JAL両方とも上級会員(SFC&JGC)、SPGアメックス所有して、オトクな旅行を追求するのが趣味。本業はメディア系の企業でプロダクトマネージャー。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メール※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

妻と娘(0歳)と3人暮らし。
「育児 × 旅」をテーマに"パパ目線の子育て""子連れ旅行"についてブログを書いてます。
ANA&JAL両方とも上級会員(SFC&JGC)、SPGアメックス所有して、オトクな旅行を追求するのが趣味。

本業はメディア系の企業でプロダクトマネージャー。

詳しいプロフィールはこちら

Youtube始めました!
写真や文字では伝えられないことは動画で発信していきたいと思います!

最新動画

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!