2泊3日香港・マカオ旅行記(3日目) – 鴻星海鮮酒家で飲茶を食べて、日本へ帰国!

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
1月28日〜30日の春節(旧正月)の期間で、香港・マカオに行ってきました!

ついに3日目(最終日)。
本日が帰国日となります。

前回(2日目後半)の様子はこちら
2泊3日香港・マカオ旅行記(2日目)後編 – 世界遺産とカジノ!マカオを観光する

日本へのフライトは15時50分ですが、現地集合した友人が14時のフライトだったので、昼過ぎには空港に行くことになったため、観光はできず。

朝食に飲茶を食べて、日本に帰国するという流れになりそうです。
というわけで最終日のレポートをお届けします!

【スポンサーリンク】

鴻星海鮮酒家

香港最終日の朝

おはようございます。
2泊3日の香港・マカオ旅行もとうとう最終日。

荷物をパッキングして、朝食の飲茶を食べに行きます。

鴻星海鮮酒家

尖沙咀のショッピングモールの上層階にあるレストラン「鴻星海鮮酒家」へ。
スーパースターシーフードレストランと読むらしい。
シーフード系の飲食店ですが、朝は飲茶をやっているとのこと。

店内の様子

朝10時ですが、店内は満席。
飲茶という食事形式は、香港では朝に食べることが多いらしい。

飲茶で小籠包、肉まん、カスタードまん、ちまき、焼売などを注文

これぞ求めてた飲茶!!
小籠包、肉まん、カスタードまん、ちまき、焼売など、いろんな点心を注文。

棉花白兎仔

デザートの棉花白兎仔。
うさぎの形をしたマシュマロのような食べ物。

かわいい。
香港ではわりと有名な食べ物らしい。

マンゴープリン

デザート2品目、マンゴープリン。
安定して美味しい。

いろいろ食べて1人あたり100香港ドル(約1500円)でした。

ちなみに、このお店、日本にも店舗があります。
東京の晴海にあるらしいので、機会があれば行ってみたい。

ゆっくりと食事を終えつつ、惜しみながらも空港へ。

日本へ帰国!

香港国際空港

30分ほどで香港国際空港に到着。
空港までは、再び香港人の友人のご両親に送迎してもらいました。
本当にお世話になりました。

出発ゲート

春節はまだ終わっていないですが、空港内は混雑気味。
別便で先に帰国する友人をお見送り。

香港航空

友人を見送ったあとは、僕もチェックイン。
行き同様、香港航空を利用。

いつもなら、チェックイン後はラウンジに行くんですが、
ここに来てプライオリティパスを紛失していたことが発覚。
合わせて所持していた楽天プレミアムカードも同時に紛失してました。

さすがにけっこう焦りましたが、すぐにIP電話を使ってカードデスクに電話をして、カードの紛失連絡と使用停止手続をお願いしました。
IP電話なら海外にいてもネット環境があれば電話できちゃいます。ここ半年くらい使ってなかったけど、契約しておいてよかった。

ってか、どこで無くしたんだろ…。

出国手続き

プライオリティパスが無くてはラウンジには入れないので、
諦めて出国手続きをすることに。

出国ゲート

無事に出国手続き完了!
香港国際空港には制限エリアにディズニーストア(写真右)があるみたい。

制限エリアのフードコート

こちらがフードコート。
席を確保するのにも時間がかかった上、どの飲食店も行列していたので、注文は諦めててきとーに時間を潰しました。

「そろそろ搭乗口行くかー」と、電光掲示板を確認すると…

電光掲示板でのフライトの遅延

まさかのフライト遅延。
50分ほど遅れが出てました。

こういう時にラウンジ使えると最高なのに、不運すぎる。。
再びフードコートで今回の旅行の写真整理をしつつ、時間つぶし。

搭乗口へ移動

ようやく時間になったので、搭乗口へ。
搭乗口は218番でした。

空港内のモノレール

218番ゲートへは、モノレールを使って移動します。

ゲート

モノレールに乗って、さらにゲートに向かって歩く。

218番ゲート

すでに搭乗手続きが始まってました。

香港航空 Airbus330

こちらが今回の飛行機。
Airbus330でした。

行きはAirbus320でしたが、帰りは330。
320より一回り大きいタイプの飛行機ですね。

機内の様子

機内の様子。
2-4-2のシート列でした。

登場率は80%くらい。
日本人が3〜4割といったところでしょうか。

座席

座席にエンタメの液晶はなし。
行きの飛行機より大きい機材なので、あることを期待してたのになー。

無事にフライト 窓からの様子

50分の遅延がありつつも、無事にフライト。

さよなら香港!また来るよ。
春節じゃない時に。

香港空港の機内雑誌にWIFIでのエンタメ視聴方法が掲載

ふと機内雑誌を読むと、なんとWIFIでエンタメが楽しめるという記述が!
機内のローカルWIFIに接続して、映画などが楽しめるらしい。

一瞬期待したけど、まあWIFIは飛んでませんでした。
中国国際航空を乗った時も「WIFIあります!」と書いてあるのに使えなかったし、こういう情報は使えるようになってから載せるようにしてほしい…。

君の名は。

作品リストには大好評上演中の「君の名は。」が!!!
まあWIFIが飛んでないので、見れませんでしたけど。

機内食

そうこうしている内に、機内食が運ばれてきました。
チキンかビーフの選択で、チキンをチョイス。

パスタ、パン、そばの炭水化物セットでした。
というか外国の航空会社の機内食で、そばが出たのは初めて。

お菓子

機内食後にはちょっとしたお菓子が配布されました。
機内食のデザートという位置づけかな。

成田国際空港に到着

22時過ぎに無事に帰国。
成田国際空港のターミナル2に到着しました。

入国手続へ歩く

到着ゲートから歩いて入国手続へ。
自動化ゲート手続をしていたので一瞬でした。

受託手荷物を回収

荷物を回収。

成田国際空港ターミナル2のアライバルゲート

無事に日本に帰国。
夜も遅いからか、アライバルゲートには人が少なめ。

京成バス

京成バスの当日チケットを購入して、東京に戻ります。

バスで東京駅まで1時間、東京駅からさらに40分ほどかかったので、帰宅したのは12時近くなってしまいました。
とりあえず無事に旅行を終えることができてよかった。

今回かかった費用

さて、今回の香港・マカオ旅行の合計費用について、まとめてみました。

  • 宿泊費 : 17,000円
  • 航空券 : 22,800円
  • フェリー : 10,500円
  • 食費 : 10,000円
  • カジノ : 10,000円(負け分)
  • その他雑費 : 3,000円
  • 合計 : 73,000円

ざっとこんなところでしょうか。
春節(旧正月)だったため、宿泊費が高く付いてしまいました。
もともと香港は宿代が高い国ですが、さらに高くなってましたね。

あと、カジノの負け分がちょっと余計ですね。
まあ1万円で済んだので、この辺は観光費用としてカウントしてもいいかな。

飲食も宿も基本的に日本くらいの相場でした。
他のアジア圏に比べると、どうしても高くなってしまう部分はありますね。

もう一度行きたい香港!

さて、香港・マカオの春節2泊3日旅行記を5記事に分けてお送りしました。

春節(旧正月)の混雑具合は想定外でしたが、初めての香港、十分楽しめた気がします。
香港・マカオ共に、国は中国ですが、空気、文化的にも中国とは違いました。FacebookやTwitterなどのSNSも使えるしね。

とりあえず、春節(旧正月)の時期はオススメしないですね…。
友達からも「何でこの時期に行ったの?」と言われる始末w

普通の時期に改めて、もう一度行きたいですね。
今回行けなかったところはもちろん、マカオにも一泊してみたいですし。
HKexpressという香港のLCCのセールを利用すれば、2万円以下で行くこともできちゃいます。

機会を見つけてまた行きたいなー。
以上、香港・マカオ旅行記でした。

お読みいただき、ありがとうございました!

JTBのオススメ香港ツアーはこちら

航空券とホテルのパックなら、Expediaがオススメ!
Expediaの香港(航空券+ホテル)のツアー

ガイドブックは持っているといいですよー!

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

2泊3日香港・マカオ旅行記(3日目) – 鴻星海鮮酒家で飲茶を食べて、日本へ帰国!
このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!