HI トロントに泊まってきた!トロントのダウンタウン中心部にあるホステルでオススメ!

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。

カナダはトロントに滞在した時にいくつかホステルに泊まってきました。
今回はそのうちの一つ、HI トロント ホステルを紹介します。

HIトロント(HI Toronto Hostel)はHostel International(ホステル インターナショナル)という世界各国に展開するユースホステルのグループですね。僕が住んでいるバンクーバーにもHIバンクーバーがありますし、もちろん日本にもホステルがあります。

【スポンサーリンク】

HI トロントに泊まってきた!

まずはHI トロントの場所について。

地下鉄のQueen Station(クイーン駅)から歩いて7分ほどの場所にあります。
バスや路面電車を利用する場合は「Church at King」が最寄りになります。

このHIトロント、地図だけだといまいちイメージしにくいですが、ダウンタウンの中でも中心地に位置してるんです!

ネイサン・フィリップス・スクウェアも近い!

ネイサン・フィリップス・スクウェア

トロントといえばこちら、CitiHall前のネイサン・フィリップス・スクウェア
この場所も最寄り駅がQueen Stationです。

トロントに来た方はほぼ間違いなくこのトロントの文字のモニュメントと写真取るはず。

ネイサン・フィリップス・スクウェア

もちろん僕も撮りました。
分かりにくいけど、”O”の文字の中に座ってるのが僕です。

HIトロントの施設は?

HIトロントの外観

さて、ホステルに話を戻しましょう。
こちらがHIトロントの外観。

このオレンジに青のマークがホステルインターナショナルのロゴですね。

HIトロントの1階の共有スペース

中に入ると、おしゃれなスペース。
奥にフロントデスクがあり、そちらでチェックイン。

壁の飾り付け

壁の飾り付けもオシャレ。
けっこういろんなHIグループのホステル泊まってきましたけど、それぞれ内装デザインが異なっていて面白い。

鍵はカードキー

鍵はカードキータイプでした。
部屋は402ということで、エレベーターで4階で。

廊下

廊下は狭め。

男性10人部屋
引用 : Booking.com

部屋の写真を撮り忘れたので引用。
泊まったのは男性専用の10人部屋です。

値段は48カナダドル(役4,200円)でした。

10人という多めの人数ですが、部屋は比較的広かったので快適でした。

使ったベッド

こちらが実際に利用したベッド。
貴重品ボックスもあるし、WIFIも完備で文句なし。
ちなみに、ベッドはIKEA製でした。

シャワーやトイレ

シャワーやトイレなどの水回りは階ごとに共有でした。

シャワールーム

シャワールーム。
お湯の温度調整がちょいと難しかった…。

ランドリースペース

隣にはランドリースペースもありました。

キッチン

続いて他の共有施設について。
1階にはキッチンとラウンジがあります。

共有の冷蔵庫が小さめだったので、中がカオスでした笑

ラウンジ

キッチン手前の共有スペース。
ここでブログ書いたりしてました。

この他、地下にバー兼カフェのスペースがありました。
今回は利用していませんが、夜はけっこう盛り上がってるみたい。

朝食は別料金

ちなみに、このHIトロントでは朝食は含まれていませんでした。
今まで泊まってきたホステルでは、だいたい朝食込の値段が基本だったので意外。

まあ翌日早朝にニューヨークへ移動予定するため、朝食は不要だったので問題なし。

もちろん朝食も提供されており、予約時に選ぶことができます。

トロント中心地のゲストハウスならココ!

ざっとHIトロントの施設をレポートしてみました。
やはりHIシリーズのホステルは安定ですね。

HIシリーズのホステルは立地がよくて人気のホステルなので、利用を検討している方は早めに予約することをオススメします。

特に、トロントを含めカナダの夏は観光ハイシーズンのため、値段も高いかつ土日はすぐ満室になってしまいます。

HIトロントを予約するには?

HIトロントはExpediaAgodaBooking.comで予約可能です。
僕はBooking.comで予約しました。

トロント滞在中にナイアガラにも行ってきました!
トロントからカジノバスで行く!ナイアガラの滝を満喫してきた!ホーンブロワーのクルーズ船は乗る価値あり

ダウンタウンから離れた場所でもよければ下記のホステルもオススメ!
【トロントのホステル】ジ オンリー バックパッカーズ インに宿泊!ダウンタウンへアクセス良好かつ格安でオススメ!

トロントのおすすめゲストハウスをまとめてみました!
トロントでオススメのホステル(ゲストハウス)ならココ!激選した3つを紹介!

トロントを満喫するならガイドブックを買っておきましょう!

この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!