フクギ並木にある沖縄料理『ちゃんや〜』に行ってきた!自然と海を感じながら食べるやんばる島豚あぐーしゃぶしゃぶが絶品でオススメ

こんにちは、ねづ(nzakr)です。

初夏の時期に沖縄に2泊3日で旅行に行ってきました。
沖縄本島のみの滞在だったのですが、初日は本当の北部の海沿いリゾートに、2日目は那覇市内の国際通り付近に滞在しました。

初日は美ら海水族館やフクギ並木からほど近いホテルオリオン モトブリゾートに宿泊。

ホテルに夕食はついてなかったので外で食べることにしたのですが、この近辺は周りに本当に静かな場所で目ぼしいものがない。

そんな中で見つけたのが、今回紹介する
お食事処 ちゃんや〜」というお店です。

有名な観光地であるフクギ並木の中にあるこぢんまりとした古民家で、完全予約制となっており、素材にこだわったやんばる豚料理を満喫することができます。

【スポンサーリンク】

お食事処 ちゃんや〜の場所は?

ちゃんや〜は備瀬フクギ並木の中にあります。

フクギ並木は国頭郡にあり、美ら海水族館の近く、那覇市内からは車で2時間ほどかかります。

フクギ並木に行ったことある方はイメージが付くかと思うのですが、なかなか入り組んでいます。フクギ並木内は同じような景色が続くので、現在地を見失いやすく、迷いやすいです。

ねづ
フクギ並木って、どこ歩いてもこの景色だから迷うよね。だからこそここが人気の観光地なわけなんですけどね。

お店のホームページにも
「カーナビは絶対に使用しないでください」
と注意書きがされています。

実際の道順はホームページに写真付きで詳しく記載されていたので、そちらを参考にされるといいかと思います。
ちゃんや〜への行き方

僕らはこの道順とグーグルマップを参考にしながら辿り着くことができました。

なお、駐車場はお店の近くにあるので、車で行っても大丈夫です。

ちゃんやー 来訪レビュー!

お店の入口には
「古民家の宿 お食事処 ちゃんや〜」
という看板があります。

看板の通り、宿も運営されているので宿泊できます。フクギ並木内に宿泊できるなんてなかなか風情があります。

今回は食事のみなので、食事処のみレビューします。

入口から建物が見えました。
パッと見では飲食店には見えないですねー。

まさにザ・古民家みたいな建物。
古民家風とはいえど手入れは行き届いています。

中は座敷になっています。
エアコンはありませんが、夜風が気持ちよくて”暑い”という感じはありませんでした。

外の席もあります。

今回のメニュー。

完全予約制なので、予約時に事前にセットメニュー(コース)を指定しておきました。
基本的に席と料理の予約はセットで必須のようです。

セットメニューは以下のようなものがありました。

  • ・やんばる島豚あぐー陶板焼きセット : 3,600円
  • ・やんばる島豚あぐーセイロ蒸しセット : 3,600円
  • ・やんばる島豚あぐーしゃぶしゃぶセット : 3,800円
  • ・近海魚せいろ蒸しセット : 3,800円
  • ・近海魚ガーリックバター焼きセット : 3,800円
  • ・もとぶ牛 & あぐー陶板焼きセット : 6,400円
  • ・もとぶ牛陶板焼きセット : 8,800円
  • ・もとぶ牛すきやきセット : 9,000円

今回は「やんばる島豚あぐーしゃぶしゃぶセット」にしました。
鉄板焼きと迷ったんですが、しゃぶしゃぶのほうが美味しそうだったので。
一人3,800円です。

コース内容は以下の通り。

  • ■前菜
    もずく酢、ミミガー、海ぶどう
  • ■チャンプルー
    ソーミンチャンプルー
  • ■メイン
    しゃぶしゃぶ
  • ■ごはん
    ゆめぴりか
  • ■汁物
    あーさー汁
  • ■デザート
    シークワーサーゼリー

どれも沖縄素材で見ているだけでワクワクします。
お米だけ北海道産ゆめぴりかなのがちょっと面白い。

セットメニューの料理以外に単品もあります。
王道の沖縄料理とドリンクを頼むことができます。

セットメニューの料金にはドリンクが含まれていないので注意。

ちゃんや〜で提供されるやんばる島豚あぐーの説明。
沖縄の豚として有名なあぐー豚と西洋豚のハイブリッドで、沖縄の人気ブランド豚として有名とのこと。甘い脂身が絶品かつヘルシーな肉を持つらしい。

これは楽しみ。

まずは乾杯ドリンク。
こちらは単品で注文。

お酒ではなくシークワーサージュースです。
380円。

まずは前菜の
ミミガー
もずく酢
海ぶどう
の3種。

この海ぶどうは近くの漁港でとれた新鮮なもので、塩味がもともと染み込んでいるので、そのまま食べるのがオススメとのことでした。

実際に食べてみると、プチプチ感がしっかりあって新鮮さが伝わってきます。また、酢につけなくても、十分味がついています。

もちろんミミガー、もずく酢も美味しいです。

ねづ
海ぶどうって、沖縄料理の定番の前菜ですよね。沖縄料理の居酒屋に行ったら、えだまめの代わりに海ぶどうというイメージ。

続いてソーミンチャンプルー
これも味がしっかり染み込んでいて美味い。

ちょっと小盛りなのが残念。

前菜とチャンプルーを食べ終えて少しすると、
しゃぶしゃぶ用のお鍋が運ばれてきました。

こちらの鍋の汁ですが、なんと“ただのお湯”です。
もともとはかつおを使った出し汁だったのですが、お湯のほうがあぐー豚の旨味を引き出せるとのことで、お湯に切り変えたとのこと。

そして、しゃぶしゃぶのメインである野菜とお肉が登場。

肉を接写っ!!!
甘みのある脂身が特徴ということで、脂身が多い肉が並べられています。

さっそくいただきます。
野菜とお肉を湯がいていきます。

タレはごまだれとシークワーサーだれ
ちなみに自分はごまだれ派です。

はい、美味い。

脂身が多いのに脂っぽさを感じることなく、美味しくいただけます。
2人で食べたのですが、もっと食べたい!となります笑

〆にはご飯として、北海道産ゆめぴりか。
卵雑炊にできるとのことで、雑炊にしてもらいました。

デザートはシークワーサーゼリーでした。
ひんやりしていて美味しい。

フクギ並木の中で自然と共に食べるアグー豚は最高!

前菜からデザートまで、一通りいただいてとても満足できる食事でした。

フクギ並木という自然いっぱいの中で、海風をほんのり感じつつ、風流な歴史ある沖縄の古民家で食べるやんばる島豚。
料理の味はもちろん、雰囲気も楽しめるとても満足度の高いお店でした。

那覇市やリゾートホテルが密集する名護市からはちょっと遠いですが、行く価値は十分あるかと思います!

今回僕が宿泊したのはこのちゃんや〜があるフクギ並木から近い「ホテルオリオン モトブリゾート」というホテルだったのですが、全室オーシャンビューでオススメのホテルです。

このホテルに宿泊してリゾートを満喫しつつ、美ら海水族館を観光して、夜ご飯はちゃんや〜で沖縄の風流を味わうというコース。

非常にオススメですよー!

ちゃんや〜は完全予約制

ちゃんや〜は完全予約制なので、必ず事前に予約の連絡をしましょう。

公式ホームページのフォームもしくは電話にて予約可能です。
お食事処 ちゃんや〜公式ホームページ

ホームページが昔ながらでちょっと使いにくいんですが、そのへんはご愛嬌で(笑)
メニュー表の右上に「御予約」というボタンがありますのでそちらから。

人気店ですし席数は多くないので、余裕をもって予約しておくことをオススメします。

ねづ
次回沖縄に来たときはまた利用したいですねー。今度はしゃぶしゃぶではなく、陶板焼きを食べてみたい!


この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)とカナダ(バンクーバー)で留学後、日本に帰国。海外旅行ネタを中心に、日々の生活を雑記ブログとして書いています。

詳しいプロフィールはこちら

Youtube始めました!
写真や文字では伝えられないことは動画で発信していきたいと思います!

最新動画

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!