セブパシフィック航空「成田〜フィリピン(マニラ)」の搭乗記レポート 5J5055便

2014年に入って、セブパシフィック航空が成田空港から離発着するようになりました。
今まで成田からフィリピンに行くには、安定のANAやJALか、フィリピン航空、ジェットスターなどが主な航空会社でした。今回フィリピンに行くにあたり、せっかくなのでセブパシフィックを利用してみました。
「何しにフィリピンにいくの?」ってところですが、最近話題のフィリピン留学です。
フィリピン留学に行く予定の方で航空券を探している方の参考になればと。

【スポンサーリンク】

セブパシフィックのメリット

セブパシフィックはLCC(Low Cost Carriar)なので、なんといっても安いです。ジェットスターもLCCですが、セブパシフィックの方が航空券代を安く済ませることができます。
ちなみに、LCCは預け入れ荷物がオプション料金になります。そこまで高額ではないです。

セブパシフィックのセールが格安やばい

安く済ませることができるポイントはセールです。
セブパシフィックは一ヶ月に一回くらいのペース(もっと多いことも)でセールをやっています。
通常フィリピンまでの航空券は日本円で安くても片道約25000円程度してしまいますが、セブパシフィックのセールを利用すると、片道15000円程度で済みます。ちなみにサーチャージ込みの値段です。
しかも、ジェットスターのセールのようにサーバが激重で航空券が取れないというようなこともなく、ほぼ確実にとることができます。

セブパシフィック搭乗レポート

というわけでセブパシフィック搭乗レポートです。
セブパシフィックは成田空港の第二ターミナルから離発着しています。

成田空港のセブパシフィックの出国手続きゲート

出国手続きのゲートは”R”で、成田空港の一番端でした。
出国手続きゲートまでめちゃくちゃ歩きます。

出国手続きの様子

土曜日だったけど、他の航空会社に比べて人は少なめ。
おかげで10分程度で出国手続きと荷物の預け入れが完了。
ちなみに、LCCなので荷物の預け入れはオプション料金がかかります。そこまで高額ではないです。今回は予約時に20kgの預け入れ荷物を申請しておきました。
なお、フィリピンは出国手続きの際に帰国時の航空券が必要なので注意です。

セブパシフィックの搭乗券

搭乗券はこんな感じで発券されます。便名は5J5055です。
5Jというのはセブパシフィック航空の航空会社コードですね。
ゲートは84番でした。

搭乗ゲート

免税店のコーナーを抜けて、ゲートに向かいます。

けっこう遠い

動く歩道に乗せられて、進みます。

84番ゲート

84番の搭乗ゲートが見えてきました。
けっこう奥の方なので、5分近く歩きます。

乗客はフィリピン人がほとんど

そこそこ搭乗者がいる模様。
日本人は1割もいなかった気がします。

搭乗手続きの列

搭乗手続き。
わりとスムーズな対応で時間もそこまでかかりませんでした。

セブパシフィックの飛行機は小さかった

飛行機が見えてきました。
レガシーキャリア(ANAやJALなど)に比べてかなり小型の飛行機です。

座席は狭い

機内の座席。
LCCということもあり、座席の狭いです。

足は伸ばせない

足を伸ばすことはほとんどできない。これで4時間のフライトは体が疲れそう。
後ろの席にお客がいなかったので、背もたれを自由に倒せたのが救い。

搭乗率は7〜8割

満席ではなかったけど、7〜8割くらいの搭乗率。
機内アナウンスは英語はもちろんですが、日本語でも行われます。

アライバルカード

出発してまもなくすると、到着時のイミグレーションで提出するアライバルカードを渡されます。

マニラ到着

4時間ほどのフライトを終えて、無事マニラに到着。
マニラ空港はターミナルが1〜4と4つあるのですが、ターミナル4に到着しました。
やはり体にけっこう疲れがたまりました…。

まとめ

留学先はセブなので、一日マニラに滞在&観光して、翌日にセブパシフィックでマニラ〜セブ間を移動します。

フィリピンだと留学にしろ旅行にしろ、セブに行かれる方が多いと思います。セブパシフィックだと、成田からセブの直行便はなく、マニラ経由になります。
2015年3月26日よりセブ直行便が就航します!

「日本〜マニラ」と「マニラ〜セブ」の航空券と手荷物のオプション(20kg)を合わせても、セールを利用したので、日本円で片道20000円以内で収めることができました。

LCCだしフィリピンの航空会社なので、ちょっとハードルは高いですが、お金を安くすませたいのであれば、おすすめです。

その他、航空券の値段を調べるときはいつもスカイスキャナーを利用しています。

フィリピン留学に行かれる方などで航空券を探している方はぜひ検討してみてはいかがでしょう。

第二ターミナルのラウンジについてレポートしてみました。
成田空港第2ターミナルのラウンジ利用レポート!プライオリティパスで利用可能

飛行機の機内を快適に過ごすために

LCCは座席が狭いので、降りた時に体の節々が痛くなったりします。
また、機内はすごく乾燥しているので、喉を痛めたり、場合によっては風邪をひいてしまい、渡航先で寝込むハメになることも…。
というわけで、飛行機内を快適に過ごすためのオススメアイテムをまとめてみました。
毎月飛行機に乗る僕がオススメする!長時間のフライトを快適に過ごす便利グッズ10選

機内はインターネット接続できません。
LCCやミドルクラスの飛行機には映画を見るための座席モニタもないので、どうしても退屈ですよね。
そういった際でも映画を観たりしながら快適に過ごす方法があります。
LCCなどの格安飛行機でも映画を見ながらフライトを快適に過ごす方法

LCCといえば、セール販売です。
セールで航空券が購入できれば、格安で飛行機に乗ることができます。
セール情報を逃さないために僕が実践していることをまとめてみました。
LCCのセールのタイミングはいつ?セール情報を逃さないために実践していること

この記事についたタグ
この記事を書いた人
ねづ
『NEZU.log』運営管理者。Webエンジニアの傍ら、趣味でこのブログを運営。シェアハウス在住。2015年は海外情報(主にアジア圏)と効率のよい生活の情報発信がテーマ。
この記事が面白かったらいいねしよう!
記事のタイトルとURLをコピーするコピーしました!
こちらの記事もどうぞ
こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

コメント※必須
名前※必須
メールアドレス※必須(非公開)

このブログを書いている人

運営者 : ねづ

主にWebの企画、開発の仕事をしています。
海外が好きで、仕事、旅行問わずよく行きます。
フィリピン(セブ)で10週間留学後、現在はカナダ(バンクーバー)に滞在。留学、海外生活や旅行記をこのブログで書いています。

詳しいプロフィールはこちら

LINE@作成しました!お気軽にどうぞ!
友達登録は下記QRコードを読み取ってください
LINE@ QRコード

カテゴリ一覧
キーワードで記事を探す
下記から更新情報を受け取れます!